竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

滑り込み3秒ー板橋Cityマラソン2019速報

先ほど板橋Cityマラソン2019を完走してきました。
f:id:CHIKUSENDO:20190317173609j:plain
自身4年ぶりにサブフォーを記録できました。
グロスのタイムが速報値で3時間59分57秒と、余裕が3秒しかないギリギリのサブフォーでしたが、久しぶりにいい感触で走れたと思います。
ネットでは3時間50分27秒で、最近の練習量から考えれば自分としてはまずまずの結果だと思います。
まずはここからです。
去年の4月にした骨折の影響も特に感じることなかったのは大きな収穫でした。
しかしこれからは、骨折を言い訳にできなくなります。
嬉しいことですが、言い訳のオプションが減ってしまうのはなんだかなあ…。

Wintermission2019ー先生と山2019冬

3月3日の日曜日に、山登り仲間の先生と二人で雪山ハイキングに行きました。
先生とは毎年、冬※と夏※※に山行するのが恒例となっていましたが、昨年夏は私の骨折の影響で山に行くことができませんでした。
そのため、一緒に登山するのは2018年1月以来となりました。

当初は天女山から前三ツ頭を目指していたのですが、悪天候のため計画を変更せざるを得ませんでした。
替わりに、霧ヶ峰高原の奥にある鷲ヶ峰、蓼科山と向かい合う八子ヶ峰をハイキングしてきました。
どちらも、南八ヶ岳エリアよりは悪天候になる時間帯が遅い予報が出ていたため、登れるうちに登りに行こうということで出発しました。

鷲ヶ峰の登山口は八島湿原にあります。
この日の八島湿原にはほとんど積雪がありませんでした。
f:id:CHIKUSENDO:20190313124413j:plain
登山道はたまに雪に覆われていましたが、総じて雪は少なかったです。
f:id:CHIKUSENDO:20190306124614j:plain
土の登山道は凍りついていて、うねうねと凹凸があり、ゴツゴツとして歩きにくかったです。
泥々の道がそのまま凍りついたような道です。
嫌らしい凍り方ですね、なんて軽く毒づいていたら、先生は、何事も経験だよ、とやんわり諭してくれました。
確かに、こんな道を歩く機会はなかなかないです。
別の機会に、この日の凍りついた山道の経験が役立てばよいと思います。
そんなこんなで稜線に出ると、眼下に八島湿原を見下ろします。
f:id:CHIKUSENDO:20190306124654j:plain
ハートのかたちをしているという触れ込みでしたが、そんな風に見えるでしょうか。
鷲ヶ峰山頂には1時間弱で到着。
f:id:CHIKUSENDO:20190306124730j:plain
真っ白な北アルプスがきれいに見えていましたが、見とれているうちにガスに覆われてしまい、写真にうまく写りませんでした。
帰路、蓼科山方面の1枚。
f:id:CHIKUSENDO:20190306124808j:plain
手前の尾根と蓼科山の間に、美ヶ原トレイルランでおなじみの、南の耳、北の耳がうっすらと白く見えています。
私は美ヶ原トレイルランのレース最終盤に、南の耳から見える夕景が好きです。
南の耳にはまたその時期に来たいと思います。

次に向かったのは八子ヶ峰です。
蓼科山への登山口から、蓼科山とは逆の方向にある稜線に登りました。
こちらはほぼ全行程が雪道でした。
稜線に上がってからは高低差がないように地図では見えますが、細かなアップダウンが多くて、思うようなペースで進むことはできませんでした。
トレイルランニングで言うところの、飯能アルプスのような嫌らしいアップダウンでした。
八子ヶ峰の山頂はゲレンデのトップにあります。
f:id:CHIKUSENDO:20190306124901j:plain
南斜面とゲレンデ側の北斜面との間に、くっきりと境界が現れています。
今年の冬は積雪が少ないと聞きますが、この八子ヶ峰もそうなのでしょうか。
帰り道は雪雲に追い付かれ、吹雪となりました。
f:id:CHIKUSENDO:20190306124957j:plain
ホワイトアウトには至らないものの、冬を感じる一コマです。
戻ってきた八子ヶ峰東峰はこの日の最高標高地点。
f:id:CHIKUSENDO:20190306125038j:plain
吹雪のなか、荒涼とした風景が。
f:id:CHIKUSENDO:20190306125120j:plain
振り向いてもまた荒涼。
f:id:CHIKUSENDO:20190306125144j:plain
季節が変わればまた風景も変わるのでしょうが、この日のこの荒涼とした風景もまた、趣があってよかったです。

この日は低山とはいえ、異なる山域で「嫌らしい」山道を経験しました。
ただ、歩いているときは嫌らしいと思っても、それが山の面白さなのだなと、下山してからはよくわかります。
こうした経験を積み重ねることで、登山の機微が少しずつわかってくるのかもしれません。
面白い一日になりました。


http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/03/16/192500
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/03/19/223659
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/03/26/165937
※※
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/07/25/214144
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/07/28/210847
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/07/29/192533
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/08/01/125141
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/08/01/190945
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/08/02/222344

春めいた冬の日ーおんじゅくオーシャントレイル2019余録

おんじゅくオーシャントレイル2019の装備の記録です。
この日はスタートの10時頃には10℃くらい、最高気温は15℃という予報。
冬の真っ盛りなのに、早春のような陽気でした。
f:id:CHIKUSENDO:20190216134451j:plain
レース後も陽光燦々。
そんな日でしたが、ほとんど冬仕様の装備のまま走りました。

装備
頭:フィールズ・オリジナルバフ&サンバイザー
シャツ:ノースフェイス半袖ジップネック
サングラス:スワンズ・イエローレンズ
アンダーシャツ:オンヨネ・ブレステックPPメッシュロングスリーブ
腹巻き:モンベル・ジオライン
アームカバー:ファイントラック・アクティブスキン(ランナーズオリジナル)
手袋:アウトドアデザインズ・メリノウール
ズボン:ノースフェイス・腹巻きパンツ
アンダーパンツ:オンヨネ・ブレステックPPメッシュトランクス
タイツ:ゴアランニング
靴下:C3fit・紙ソックス
靴:コロンビアモントレイル・カルドラド2
リュック:マウンテンハードウェア・フリューイッドレースベストパック
雨具ジャケット:ノースフェイス
雨具パンツ:ノースフェイス・ストライク
水:ソフトフラスク500mL×2、250mL×1
その他:ファーストエイドキット、ライト、予備電池、携帯充電器など…

冬仕様でないのは、通常の冬のランニング時に首に巻くバフ的なチューブマフラーを割愛した点でした。
その他に変えるものがあるとしたら、アンダーシャツをショートスリーブかノースリーブに変更する、ロングタイツをショートタイツとカーフスリーブに変えるくらいでしょうか。
私の冬の装備は極端な話、寒ければ最悪死ぬけれど暑くても死なない、という基準で整えています。
ただ、寒い日ならそれでよいのですが、今回のように気温が高い日でも、変更を決断することはできませんでした。
この時期なら暑すぎても死ぬことはないのですが、今回は少し暑かったかなと思います。
たぶん基準が極端なのでしょう。
そのせいで小回りのきく判断がしづらいのだと思います。
もう少し細かい基準を考えてもよいのかもしれません。
何年やってもこのあたりの加減は難しいもので、毎回頭を悩ませるのはまた楽しみでもあります。
次はどこの山で悩もうか、楽しみです。

復帰までの16kmーおんじゅくオーシャントレイル2019レポート

昨年4月に骨折して以来遠ざかっていたトレイルランニングに、2月3日開催のおんじゅくオーシャントレイル2019で復帰しました。
およそ10ヶ月ぶりでしたが、なんとか無事故で完走できて一安心しています。
トレランへの復帰にレースを選んだのは、まだ恐怖心を払拭できていないため、周りに人がいる環境を求めていたからです。
このレースを選んだのは、昨年も出場しているためコースの記憶が新しく、テクニカルな場面が少なくて、比較的安全な道のりであることがわかっていたからです。
不安要素は少なければ少ない方がよいのです。
生まれ育った千葉県で開かれる大会であるというのも、その不安要素を減らすためのものだったのかもしれません。
多分にメンタル面をカバーできるような大会を選ぶと、このおんじゅくオーシャントレイルが最適でした。
この10マイル、16kmを走りきることで、改めてのはじめの一歩を踏み出すことができました。
トレイルランニングのレースレポートを書くのもずいぶん久しぶりですが、思い出せる限り振り返ってみたいと思います。

この大会のスタート・フィニッシュ会場は、御宿町の月の沙漠記念館です。
大漁旗が風にはためいていました。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124317j:plain
華やかで景気がよい感じがします。
毎年ゲストランナーの鏑木さんは、今年は地味目の衣装でした。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124357j:plain
今年のゲストランナーはもう一組、福島姉妹。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124433j:plain
当初は舞さんのみ告知されていましたが、当日になって和可菜さんと一緒に登場しました。
鏑木さんだけでもカブラキストの私にとっては満足ですが、トップランナー姉妹の登場で会場の雰囲気がより華やかになりました。

この日の気温は15℃まで上がる予報でしたが、スタートの10時頃にはすでに10℃前後まで上昇していて、寒さを感じることはありませんでした。
風は多少強く感じましたが、走りに支障をきたすほどではなく、むしろ心地よいくらいでした。
そして、快晴。
絶好のトレラン日和でした。
私の参加した10マイルの部は10時スタートです。
ゲストランナーたちも一斉に出発しました。
スタート後の砂浜ランは、おなじみとはいえやはり脚にきます。
波打ち際は若干走りやすいのですが、今年は何度か波に追いつかれそうになりました。
引き際をせめるのがコツかもしれません。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124532j:plain
それにしてもサーファーとトレイルランナーが同じ構図の中に共存する光景は、他ではなかなか見られないのではないでしょうか。
とは去年も思いましたが、今年もこの光景を見ることができたのはよかったです。

最初の砂浜ランを終え、サンドスキー場跡のトレイルまでロードで繋ぎます。
岩和田という地区を通過する際、地域の方々が小さな大漁旗を振って応援してくれていました。
サンドスキー場からは、短いトレイルをロードで繋ぎながら走っていきます。
サンドスキー場周りの笹に囲まれたトレイルが、昨年はぬかるんでズルズル状態で走りにくかったのですが、今年はある程度の固さがあり、走れるようになっていました。
一度町中に戻ると、メキシコ記念塔への登りトレイルに入り、登りきるとまたロードで次なるトレイルを目指します。
そのうちに小浦海岸に到着します。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124617j:plain
ここから、この大会の核心のトレイルに踏み込んでいきます。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124706j:plain
明るい笹の山道を登りきると、稜線の木立のトレイルに入ります。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124813j:plain
照葉樹林の中をなだらかなアップダウンに沿って走り抜けて行きます。
まとまった距離のトレイルはこのエリアだけなので、存分に楽しむことにしました。
ただ、時折骨折したときのフラッシュバックのような、良からぬ想像が頭の中でふくらむことがありました。
自ずと転んで怪我をする自分の姿をイメージしてしまい、その度に気持ちが冷やされるような感覚になりました。
そんなときは慎重に歩を進めることにしました。
このトレイル、ロープを使う急な登りが一ヶ所ありますが、距離は短く、そこ以外は快適に走れるトレイルです。
なんだかんだ言っても楽しかった、その一言に尽きる、とてもよいトレイルでした。
長いことトレイランニングから遠ざかってはいましたが、帰ってこれた嬉しさを噛み締めるような時間でした。

やがて山道が終わると、未舗装の林道を走ります。この区間にあるトンネルで、一瞬視界を失いました。
暗さに目が馴れていなくて、ブラックアウトのような状態になりました。
トンネルに入る前に暗さに馴らしておく必要があったのかもしれませんが、ひさびさのトレランだったせいか、そんなことには思い至りませんでした。
次の課題です。
そうこうしてるうちに、10km地点にあるエイドステーションに1時間6分で到着、昨年とほぼ同じタイムでした。
エイドではメキシコにちなんだトルティーヤチップスが提供されていました。
f:id:CHIKUSENDO:20190204125305j:plain
思わずおかわりして2枚いただきました。
程よい塩分がしみわたります。

エイドを出てからは、丸木橋を越えてサンドスキー場にむかうトレイルに入ります。
木橋を越えた辺りで一瞬コースを見失いそうになる場所がありましたが、マーキングのテープが見つかったため事なきを得ました。
このサンドスキー場までの区間はフラットなトレイルで、快調に飛ばすことができます。
途中から序盤に通った笹に囲まれたトレイルに合流し、短いロードを繋いでサンドスキー場跡に到着します。

ここまで来ればもう終盤なのですが、サンドスキー場跡にはこのレース一番の激登りが待っています。
f:id:CHIKUSENDO:20190204124936j:plain
私はこういった激登り大好き系の変態トレイルランナーであるため、この日一番の気分の盛り上がりを感じました。
やっぱ、これだよこれ!
脚の疲れが心地よいです。
そしてその先のオーシャンビュー。
f:id:CHIKUSENDO:20190204125410j:plain
晴れた海の青さが目に染みます。
帰ってきた喜びを強く感じました。

サンドスキー場跡を後にしてからは、ロードで繋いで最後のトレイルに入ります。
この最後のトレイルは山頂に小さな神社があり、昨年はそこに迷い込んでしまいました。
今年は昨年私が間違えた分岐近くにマーキングしてあり、ロストすることはありませんでした。
ラストの下りトレイルはそれなりに斜度もあり緊張しましたが、周りのランナーのペースに合わせながら慎重に通過しました。
もう骨折はごめんです。
距離は短いのですが、ここが一番怖かったのかなと思います。
無事に下ることができてよかったです。

トレイルを後にして、岩和田の漁港を通り過ぎると最後の砂浜にたどり着きます。
f:id:CHIKUSENDO:20190204125037j:plain
もう15km走り続けてきた脚にはキツいのですが、よく晴れた青い海の青さに祝福されたような気分になります。
こんなよいコンディションの日に復帰できてよかったな。
心から思いました。

そしてたどり着いたフィニッシュ。
f:id:CHIKUSENDO:20190204125146j:plain
大漁旗に出迎えられ、最高の気分でした。
タイムは1時間48分30秒と、昨年より1分30秒くらい早く帰って来ることができました。
今年の方が路面のコンディションがよくて走りやすかったことと、神社でのプチロストがなかったことが理由だとは思いますが、復帰レースの完走に加えて、好タイムのおまけが付きました。
やっと帰ってこれた。
フィニッシュゲートをくぐって、やっとその喜びを胸に抱きしめることができました。
やっぱり、トレイルランニングは楽しいな。
これからもまたトレイルランナーとして、楽しく生きていけたらいいなと思います。

取り急ぎ帰ってきたぞーおんじゅくオーシャントレイル2019速報

本日2月3日開催の第7回おんじゅくオーシャントレイル2019に参加しました。
f:id:CHIKUSENDO:20190203163831j:plain
昨年4月に山の転落事故で骨折して以来、トレイルランニング自体10ヶ月ぶりでしたが、無事に完走することができました。
思えばやはりこのブランクは長かったのですが、フィニッシュタイムは1時間48分30秒くらいと、初参加だった昨年よりも記録がよかったのです。
復帰レースとしては上々でした。
ただ、ちょっとしたフラッシュバックもあり、まだまだ元通りにトレイルランニングを楽しむまでには戻って来てはいません。
それでも、改めてはじめの一歩を踏み出せたことは純粋に嬉しいのです。
この祝杯、まずは居酒屋わかしお16号で!
f:id:CHIKUSENDO:20190203164629j:plain

はじめの一歩ーおんじゅくオーシャントレイル2019予報

2019年2月3日に開催される第7回イセエビCUPおんじゅくオーシャントレイルには、昨年の第6回大会に初めて出場しました。
当時の記事を、この記事の最後の方*以降にまとめておきます。

大雑把な印象としては、山に慣れていないランナーでも無理なく楽しめるようなレース、というものでした。
山の傾斜も厳しくなく、トレイルの一つ一つも長くはなく、山のテクニックを要求されるような場所も少なく、そういう意味でのストレス(=楽しみでもありますが…)がない、走れるコースのように思いました。
初めてのトレイルレースに適しているような気がします。
はじめの一歩はおんじゅくオーシャントレイルで!
なんて、言ってみたくもなるレースです。

とは言え、どんな山でも山は山、トレイルランニングトレイルランニングなので、相応の注意は必要だと思います。
特に冬場で海沿いということは、ひとたび天候が悪くなってしまうと、寒いは強風吹き荒れるはでどうしようもなくなる可能性があります。
1月25日現在tenki.jpの10日間天気予報では、御宿町の大会当日の予想天気は晴れですが、予想最高気温は7℃で北風、これは極寒じゃないですか!
防寒装備は必須だと思われます。
と思ったら、1月26日現在、予想最高気温が14℃に変わってました…。
予報は直前までは変わってしまうものですね。
いやあ、参りました。

それでも晴れさえすれば、青く美しい海が待っててくれるのですが。
f:id:CHIKUSENDO:20190126002425j:plain
今年は果たして。
そして、皆様ご無事で!


2018予報
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/02/02/215828

2018速報
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/02/04/154517

2018レポート
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/02/16/205927

2018余録
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/02/20/124403

SSKによりDNSー東京・赤羽ハーフマラソン2019

祖母の三十三回忌(sanjuusankaiki:SSK)により、1月20日開催の第10回東京・赤羽ハーフマラソンDNSしました。
f:id:CHIKUSENDO:20190121204950j:plain
参加賞TシャツとRSタグが事前に送られてきていました。
タグのデザインは私好みですが、返送しなくては。

今回のような、法事の予定が決まるよりも大会のエントリーの方が早いためのDNSとは、ランナーあるあるといってもよいくらいによくあることだと思います。
ただ、SSKの日時が決定したのは9日前になってからでした。
12月に執り行われる予定のものが、ずるずるとこの日まで延びてしまいました。
さすがに急だよなとは思いつつ、DNS以外に選択肢はありませんでした。
加えて、このSSKを逃せば今後もう祖母の追善供養に参列することはないかもしれない、という思いもありました。

でも、これがSSKかUTMFかという選択だったら、ためらいなくUTMFなのでしょうが。
まあ、「ためらいなく」だと罰当たりかもしれませんので、「断腸の思いで」とか、最低でも「後ろ髪引かれながら」くらいの態度が必要かもしれません。
こんな検討している時点で、罰当たりとは言えないまでも、だいぶ不謹慎ですが…。

祖母は1986年の12月に74歳で他界、祖父はその年の2月に79歳ですでに他界していましたが、私は当時7歳でした。
その時から、昭和が終わって、20世紀が終わって、平成も終わろうとしています。
時代を経て、7歳の子どもは不惑となりました。
祖父母にはその過程を見てもらうことができなかったのだなと思うと、やはり寂しさを感じます。
まあ、こんな不謹慎な大人になった姿を見た日には、なんて思われるかわかりませんが…。