竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

「リタイアのすすめ」―比叡山 International Trail Run 2022予報

2022年5月21日(土)に比叡山 International Trail Run 2022が開催される予定です。

私は初回の2015年大会の50㎞に参加し、人生初のリタイアを経験しています。

その当時、もう7年前になりますが、ある必要があって書いた文章があり、この機会に公開します。

まだまだUTMF2022のレポートの途中なのですが、インターミッションを挟みたいと思います。

雑誌の対談記事のような形式で書いた文章で、内容を端的に言えば、比叡山トレイルランでDNFするならここがおすすめ!というものです。

時制が異なる会話たちを一つの場面に押し込んでいます。

実録だけどノンフィクションではない、半フィクションとしかいいようのない異質な記事なのですが、参加する方々の参考になれば幸いです。

今年はめちゃくちゃ暑いわけではなさそうですが、何があるかわからないのがお山の常。

皆さんのご無事を祈っています!

 

実録ハンフィクション!
架空対談

「54%」の胸の内

酷暑で完走率46%に終わった比叡山International Trail Run 2015
500名を超えたリタイアランナーの舞台裏

*この架空対談は数回に分けて行われた会話の内容を再構成して、「一回の対談」風にまとめたものです。発話者・時系列などは事実と異なる場合があります。また、実際の会話には無かった内容も、発言として追加されています。

 

登場人物

T:アラフォー男子。ランニング歴4年。トレラン歴も4年。40回以上様々なレースに出場してきたが、この時までリタイア(DNF)経験がなかった。

W:アラサー男子。ランニング歴5年。トレラン歴3年。身体を動かすことが好きで運動神経もよいが、持久力に自信がなく、リタイア経験が豊富。

 

【LINE】

W:第2エイド延暦寺でリタイアしました。受付の延暦寺会館でお風呂入れますよ!

T:了解です。24km過ぎでリタイアして会場に向かってます。

W:あら!熱中症とかですか? 

T:気力の限界…。

W:どこぞの相撲取りみたいな(笑)。延暦寺観光してるので、戻ってお風呂入ったら乾杯しましょう!

 

比叡山延暦寺境内
フィニッシュゲートのわきでビール片手に仲間のゴールを待つ男二人

T:お風呂あがったよ。

W:お疲れ様でした。ビールでも飲みましょうか。

T、W:カンパーイ!

W:いや、でもTさんがリタイアって珍しいですよね。

T:人生初リタイア。Wは予定通り、第2エイド(延暦寺会館前;20km地点)でリタイア?

W:予定通りですね(笑)スタート前は30kmくらいまでは行ってみたいと思ってたんですけど。でも始まってみたら渋滞がすごいし、めちゃくちゃ暑いし、20kmが限界でした。

T:俺のところも最初の10kmはずっと流れが悪かったよ。気温は今、33℃まで上がってるって。軽い地獄だよ。

「リタイアのすすめ」

W:そういえばレースディレクターの鏑木さんが「無理をしないで」ってエイドでしきりに言ってましたよね。

T:「リタイアのすすめ」ね。俺の時間帯でも言ってたな。「この先比叡山の京都側は午後(南西からの陽射しが当たって)から暑くなります。まだ、残り30kmもあるし、山も4つ上り下りしなくてはなりません」っていうの。

W:それです。「今日は主催者の想定以上に気温が上がりました。自信がない方は、進まないでここでリタイアすることも考えてください。それは自分を大切にする勇気のある決断だと思いますので」というやつですね。

T:そう。第2エイドに到着したのがスタート後3時間45分(12:45)の時だったんだけど、その時にはもうそう言ってた。周りでは熱中症疑いのランナーが何人もひっくり返ってて、ちょっと怖くなったよ。大事を取って30分くらいエイドに滞在したんだけど、そのあとはリタイアのことばかり考えながら走ってた。

「予定通り」

W:リタイアのことばかり考えて走るっていうのはよくわかります。俺は今回コースマップを見て、20kmまでしか行けない自信があったので、最初からリタイアは決めてました。ただ、スタート前はちょっと色気づいて「30km位までは行ってみたい」って言ってたんですけど。そんなだから行けるわけもなく。

T:行かなくて正解だよ。暑いだけだし。あと、このコースは俺のリタイア地点から先に行っちゃうと、自力で戻るのが大変なんだ。

W:正解でよかった(笑)。でもエスケープが大変なんですよね。どうやって帰ってきたんですか?

T:比叡山の京都側の麓にはバスが通っているんだけど、今回のコースでそのバスに乗るのに便利なのが、俺のリタイアした24~25km付近の地蔵(地図参照)って分岐なんだよね。

W:おお、なるほど。それははじめから知ってたんですか?

T:うん、知ってた。コースマップと地図を見比べて交通機関を調べて「よし、リタイアするならここだ!」って、レース前から決めてた。

W:なんだ、最初から決めてたんじゃないですか。予定通りですね(笑)。

T:初めからリタイアしたかったわけじゃないよ。トレランだから「あらゆる状況を想定する」一環での話だけど、図らずも予定通りになっちゃったね。

決め手は「勇気」と「お風呂」

W:確かにスタート前は元気でしたよね。どうしてリタイアしたんですか?

T:第2エイドで鏑木さんの「リタイアのすすめ」を聞いた後、自分のペースを冷静に振り返ったら、第4エイドの関門時刻(18時30分;スタート後9時間30分)に間に合わないかもしれないって思いこんじゃって。何分、30℃を超える低山で走った経験がなくて。

W:なるほど。第4エイドだと44Km地点ですよね。厳しかったんですか?

T:いつもの体調だったら大丈夫だと思うんだけど。レース中ずっと軽い頭痛がしてたのもあって、進むのが怖くなっちゃったんだ。暑いの苦手だし。

W:暑かったですよね。なんたって「5月にしては想定外の暑さ」ですし。

T:そう。だから自分で関門時刻を決めて、次のウォーターステーション(WS;26.7km地点)着が5時間を超えたらリタイアだって。頭の中はずっとそれがリピート再生。大好きな下り坂なのに、楽しくなかったね。

W:それは楽しくない。WSにはどれくらいで着いたんですか?

T:いや、坂を下りきった先の「地蔵」の分岐で4時間50分だったんだ。そこのスタッフに聞いたら、WS は2km登り返した先だって言うので、そこで95%がた諦めた。

W:なぜ100%じゃないんですか?残りの5%が何なのかぜひ聞きたいです。

T:執着だよね。今までリタイアしたことないから「おまえ。本当にこれでいいのか」って。

W:『情熱大陸』ですか(笑)。

T:いやいや。結局、座り込んでスタッフとおしゃべりしながらスマホ開いたら、「お風呂あるよ」ってLINEが入ってて、それで執着も吹き飛んだ。

W:それって俺の.・・・、まさかの人のせいですか(笑)。

T:まあまあ。やっぱり鏑木さんの言葉が大きかったかな。「リタイアは勇気ある決断」だって、鏑木さんに言われたら仕方ない。あと、本当にお風呂に入りたかった。

ゆっくり観光 じっくり交流

W:リタイアしてからどうやって帰ってきたんですか?

T:バスで京都側のケーブルカーの駅まで出て、ケーブルカーで登ってきた。山の上の駅から延暦寺までは20分弱で着いたね。

W:俺はお風呂入った後、延暦寺観光してました。団体さんの後ろにくっついてお坊さんの説明を聞いて。信長の延暦寺焼き討ちについて、とても面白い説明をしてくれましたよ。お坊さんが「N長」って呼んでたんですよ、信長のこと。

T:感情の込め方がえげつないね。でも楽しそう。それはリタイアしてないと聞けない話だよね。

W:貴重な体験をしました。いいか悪いかは別として(笑)。

T:こちらは警察官、土産物屋のおかみさん、駅員さん、いろんな人に話しかけられたよ。「もうゴールしたの?」「いいえ。リタイアです。ハハハ」みたいな(笑)。地元の人たちがみんな、レースのこと知ってるんだよね。

W:なんかほのぼのしてますね。

T:挙句の果てには、「人妻ナンパ」みたいなことにもなってしまって。

W:んっ、聞き捨てならないですね。さっきの『情熱大陸』はいったいなんだったんですか(怒)。

T:ナンパというか・・・。その方は友達が出場していて会場に応援に行く途中だったんだけど、例のごとく「もうゴール・・・」のやり取りをしたら、ジュースをくれてねぎらってくれたんだよ。

W:なるほど。ちょっといい話の匂いがしてきました。

T:だから「会場までご一緒しませんか?」と、ジュースの御礼がてらボディガードを兼ねて同行したんです。

W:ボディガードとはまた大げさな。

T:いやあ。京都側のケーブルの駅から延暦寺までは、ゆっくり歩いたら30分くらいかかるんだ。人通りが少ない時間は気をつけた方がいい。野生動物も多くて、実際に大きなサルに何頭も出くわしたよ。

W:それだと女性の一人歩きは危険かもしれませんね。リタイアした女性ランナーには付き添いが必要かも。でも、さっき「20分くらいで着いた」って言ってませんでした?

T:その方もトレイルランナーで、途中から一緒に走った分早く着いたんだ。

W:なんでリタイアした後にそんな楽しそうなことしてるんですか(笑)。羨ましい。

リタイアの向こう側

T:今回、リタイアして後ろめたい気持ちはあるんだけどね。でも、出会う人がみんな優しくしてくれるし、そういうのってリタイアしなきゃできなかった経験だと思うと、これでよかったのかな。

W:甘いなあ。リタイアの正当性を探しているうちはまだまだですよ!

T:うわ!なんだその名言・・・。

W:何の迷いもなくリタイアしてこそ一人前なんです。とはいえ、俺みたいに、リタイア前提でスケジュールを組むようにはなってはいけませんよ(笑)。

T:説得力あるね。肝に銘じます。

そしてフィニッシュゲート

T:そう言えば、そろそろ○さん(Wさんの奥さん。とんでもなく速い)、フィニッシュじゃない?

W:ちょっと遅くなってますね。

T:お!帰ってきた!

W:やった!おめでとう!お疲れ~!やっぱり完走って素晴らしいですね!

T:………、だよね!

(完)

旅立ちの刻ーUTMF2022レポート2

2022年4月22~24日に開催されたUTMF2022の参加レポート第2段です。
前日受付終了後からスタートまでを振り返ります。
そう、まだレースレポートは始まりません。
でも、スタートはします。
申し訳ない気持ちにはなるのですが、心に写りしよしなしことを書き綴ると、どうしても書き終わらないのです。

前日受付を済ませた後、新富士駅から歩いて10分ほどのルートイン新富士駅南にチェックインしました。
私はお風呂が好きなのですが、ほとんどのルートインには大浴場(ドーミーインも同様)があるため、レース前泊や仕事で出張する際には、最有力候補としています。
ただし、別の大会ですが、FTRの会場に近いルートイン秩父には残念ながら大浴場はありません。
改修するときにはぜひご検討ください。
ホテルでは、本屋で買ってきたチーズケーキを食べつつレースの準備を進め、夕食前には準備を済ませてしまいました。
夕食はホテル内の居酒屋で、三島コロッケ&メンチカツ定食にしましたが、他にも静岡産にこだわったメニューが色々あって目移りしました。
焼き魚にしておけばよかったかなと、今となっては若干後悔しています。
夕食後はもちろん大浴場です。
これから2日間は入浴できないので、とても大事な時間でした。

雨は夜更け過ぎまで降り続いたようでしたが、明けてレース当日の朝は快晴でした。
ホテルで朝食と着替えを済ませて10:00にチェックアウト、その後はロビーでゆっくりしながら、昼食のためにお腹が空くのを待っていました。
11:00になってから、荷物を全部持って移動を始めます。
ホテル近所の恵比寿屋という、たい焼きとたこ焼きとお好み焼きと焼きそばとスパゲッティなど、粉もののデパートのようなお店で昼食を摂りました。
いわゆる一つのカーボローディングです。
私はお好み焼きとたこ焼きをいただきました。

これがよい意味で普通に美味しゅうございます。
一緒に参加した友人Bさんのチョイスしたお店ですが、大満足でした。
スタート前のおやつにたい焼きもテイクアウトして、新富士駅のスタート会場行のバス乗場に向かいます。
次回のUTMFで新富士駅の前日受付があるのなら、ルートイン新富士駅南→恵比寿屋のコースを推奨します。

新富士駅の会場行バス乗場は、富士山口のロータリーでした。
バスに乗る前の富士山。

本日はくっきりと姿を見せています。
新富士駅からのバスは、スタート時刻が1時間遅くなったことに伴って、出発時刻が当初の12:00から13:00に変更されていました。
私たちがロータリーに到着したのは12:10頃でしたが、既に多くの選手たちが集まって来ていました。
すると、恐らく混雑解消のためにだと思いますが、定刻よりもかなり早めに乗車が始まり、乗り込んだバスではツアーコンダクターさんから、温かい「グッドラック!」のメッセージをいただきました。
とてもありがたいです。
これが「がんばって!」とかだと「言われなくてもがんばっとるわい!」ぐらいのことを瞬間的に思ってしまうくらいひねくれた私なのですが、この「グッドラック!」にはそのありがたさにちょっと目頭が熱くなりました。
この場で御礼申しあげます。

さて、その後の行程をお腹いっぱいだった私が大半を眠って過ごしている間に、バスはスタート会場の富士山こどもの国に到着しました。

13:30前でした。
私のスタート時刻は16:00なので、2時間30分ほどの余裕があります。
UTMF2016では、ここ富士山こどもの国にドロップバッグのある大エイドが設置されていました。
しかし、レースが短縮されたためここに来ることはありませんでした。
あの時来るはずだった場所にやっとたどり着いたんだなと、少し胸に迫るものがあります。
とりあえず検温だけ済ませると、園内には入らず駐車場のはじっこの方でドロップバッグや荷物の確認をすることにしました。
かなり時間に余裕があったのでトイレにも気軽に並べました。
陣取ったのが荷物預け場所への導線だったため、選手や関係者の往来が活発でした。
人々が行き交う様を見ていると、気分が高まって来ると同時に、UTMF会場に選手として存在していることへの実感が湧いてきます。
ただ、選手が着用しているウェアの色合いは、最近の流行りである街着としても通用するくすんだ色が多く、かつて主流だった原色バキバキ山の中は目立ったもん勝ち系のトレイルランナーがかなりの少数派となっていたのが印象的でした。
私のこの日のウェアは原色バキバキの赤いサイクルジャージで、少数派の中でも少数派です。
時勢というか、流れている時代を直接目にしたように思いました。
よく言われているのは、日本人の衣服は戦国時代までは派手な色彩が主流だったけれど、江戸時代から地味な色が主流になり始めた、という説があり、歴史考証的にも事実と捉えて差し支えないようです。
そういう意味では、近年のトレイルランニング界も戦国時代が終わり、泰平の世が訪れたのかもしれませんね。
地味な色は山に同化してしまうのではないかという危惧はあるにせよ、日本のトレイルランニングに成熟の時代が訪れたのならばそれはそれでよいのですが。
まあ、私は私で少数派の少数派であることに不満はなく、そもそも何を着ていようが着ていまいが、この先100マイルほどは走らなくてはならないのはみんな同じです。
そんな行き交う人々の中で、一際大きな(身長の)方がゆっくり荷物預けから帰ってくる姿が見えました。
友人Oさんです。
Oさんは自宅近所の飲み屋で知り合った方ですが、たまたまトレイルランナーでした。
私のトレイルランニング仲間は大体そんな感じの人ばかりなのですが、Oさんとはハセツネのボランティアを一緒にやったりFTRに一緒に出たり、たまに飲み屋で飲んだり、ごくたまに彼の自宅近くの川原のバーベキューにお呼ばれしたり、みたいな仲の友人です。
この日もUTMFに出ることは知っていたので探していたのですが、大げさに言うと進撃の巨人くらい大きいOさんなので、否応なしに目に飛び込んできました。
そんなOさんのウェアは江戸時代でした。
OさんとBさんと戦国の世を引きずっている私とで記念撮影をしました。
その前には古くからの友人で、私をトレイルランニングの世界に引き入れた友人Aさんに、ゼッケンナンバーの連絡を済ませています。
満を持しておやつのたい焼きを食べ終え、スタート地点へ移動します。

スタート地点への移動は、のんびりしていました。
私は第3ウェーブでスタート時刻は16:00、Bさんは第4ウェーブで16:15のスタートです。
どうせ今夜は寝られないんだからと、途中のベンチで軽く昼寝をしてから辿り着いたスタート会場はこちら。

「コロナって終わったんだ?」
周囲のランナーがそう感嘆の声を漏らすほど、かつての雰囲気がよみがえりつつありました。
とはいえ、コロナ禍ゆえに導入されたウェーブスタートのため、今スタートラインに並んでいるのは第1ウェーブの選手たち500名ほどのみです。
それでも壮観でした。
第1ウェーブはスター選手が大集合しています。

この写真ではみんな小さくてよくわからないと思いますが、トレラン界のスーパーカブ、ブラーキー鏑木毅さんが選手を激励して回っていました。

流行りのグータッチです。
嬉しいでしょうね。
第1ウェーブの華やかなスタートを見送った後、第2ウェーブのスタート前に福田六花さんが「前座の第1ウェーブがスタートしましたが、本命の第2ウェーブの皆さん準備はいいですか!!」と叫んだところで歓声が上がりました。
華やかなれど第1ウェーブは前座でしかなく、本命とは言ってもらえないまんま走って行っちゃったと思うと、一抹の寂しさを彼ら彼女らに覚えます。
そんな第2ウェーブのスタートを見送り、この場所に立ちました。

UTMF2022のスタートラインは明るく輝いてました。
「前座の前座の第1ウェーブ、前座の第2ウェーブの後はお待ちかね、本命の第3ウェーブの皆さん、準備はいいですか!!」の声を耳に、どうせ鏑木さんとヤマケンがいる第4ウェーブが真打ちなんでしょ、第4ウェーブのBさんがうらやましい、と、半ばひねた思いも抱きつつ。
緊張感とやっと走り出せる解放感を胸に、旅立ちの刻を迎えます。
2022年4月22日16:00、私のUTMF2022が始まりました。

巻き戻した春ーUTMF2022レポート1

2022年4月22~24日に開催されたUTMF2022のUTMF165kのカテゴリーに参加しました。
当初の距離/累積獲得標高は165.6km/7,573mでしたが、事前の雨で山道のコンディション不良が予測された天子山地が回避され、最終的には157.9km/6,388mとなりました。
厳密には98マイルほどで100マイルには少しだけ足りていないのですが、2016年の短縮UTMF44kmを経験した私にとっては、やっと100マイル級のトレイルランレースに出場できます。
特に強いのは「やっと」という思いでした。
2016年の短縮UTMFから6シーズン、この時がやっと来たのかと。
終わってからも、2週間ほど余韻にひたっていて、その間にゴールデンウィークも終わってしまいましたが、やっと元の日常に戻れそうな気がしています。
ただ、戻れるというよりも、戻されてしまうという方が正しいのかもしれません。
そんな余韻を私の生活に残したUTMF2022ですが、このレポート記事第1段は、主に前日受付にまつわるお話です。

今回は新富士駅での前日受付を選択しました。
受付をした木曜の午前中は在宅勤務をして、午後は丸々時間休を取って移動時間に当てました。
時間休(私の勤務先では17年前の入社時にはなく、数年経ってから導入されました)と在宅勤務(2020年4月のCOVID-19による緊急事態宣言以降の導入)を組み合わせると、この辺りのスケジュールを柔軟に組むことができるので助かります。
COVID-19がいつか終息するとしても、在宅勤務の制度はなくさないでほしいと思います。
労働者の利便性を後退させるような反動は許さんよ、って、誰に向かって言ってるんだろうね、私は。
とにかく、自宅近くの書店兼喫茶店でカレーライスを昼食に摂って、おやつにバスクチーズケーキを買い込んで新幹線に乗り、新富士駅には15:30過ぎに到着しました。
受付には時刻の事前予約が必要で、私の予約は18:30~19:00でした。
いったん宿に荷物を置いておやつでも食べてから出直してこようかと思っていましたが、先に受付を終えた友人Bさんから、予約時刻に関わらず受付できるという情報をもらいました。
それならばもう受付を済ませてしまおうということで、まずは南口の外に設置された検査会場に赴き、抗原検査を受けます。
この時は新幹線の到着に合わせてけっこうな人出があり、15分くらい行列に並ぶことになりました。
並び始めてからほどなくして雨が降り始めます。
天子山地の回避決定をもたらした天気予報通りに降ったこの雨は、この後、夜半まで断続的に勢いを強めながら降り続けました。
少し早く降り始めたかと思いつつ傘をさして順番を待ちます。
さて、第ゼロ関門、と呼ばれた抗原検査ですが、私は直接見聞きしてはいないものの、陽性反応が出て出場がかなわなかった方もいたようです。
私は無事に陰性反応が出て関門を通過、富士山口側の駅構内に設けられた受付・必携品チェック会場に移動しました。

こちらは抗原検査とは対照的に、なぜかあまり混雑しておらず、比較的スムーズに手続きを済ませることができました。
新富士駅の必携品チェックは、ライト2つ(点灯試験およびそれぞれの予備バッテリーチェック)、サバイバルブランケット類、雨具類(シーム部の防水処理チェック)、ロングタイツ・長ズボン類の4点のみでした。
私は必携品全部を1つの袋にまとめていて、何もかもまるっと見せるつもりで張り切っていたので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。
しかし、これらが生命に関わる最低限の装備という判断なのでしょう。
他会場ではもっとチェック品目が多かったという話も耳にしましたが、新富士駅の受付会場は新幹線の到着時刻に人出が集中するため、一人一人に割く時間を短くしたかったのかもしれません。
ただ、効率はよいのかもしれませんが、公平性を考えると、せめて全会場のチェック品目を均一化するくらいのことはしてもいいんじゃないかと思います。
あと、今回の新富士駅の受付には出店がなかったので、必携品を忘れた時の調達が大変困難だったと思われます。
そうした受付会場ごとの環境の差異にも注意が必要だと考えさせられました。
ともあれ、無事に受付を済ませた証にリストバンドを装着します。

水色がUTMFの参加者の証、白いテープは抗原検査陰性の証。
巻かれた手首を見ると、明日から(ほぼ…)100マイル走るんだな、という実感が湧いてきます。
特にリストバンドを手首に巻いた時から、その思いが強くなりました。
かつて出場した短縮UTMF2016でも、同じく水色のリストバンドを巻いていました。

写真上が今回、下はUTMF2016のものです。
UTMF2016は秋の9月に開催され、台風や秋雨の影響で44kmの短縮開催となりました。
今回は春の開催ですね。
あの秋があってこの春が来て。
リストバンドを巻き直し、100マイルへの思いを巻き戻します。

そんな受付後にふと、会場に隣接していたお店でお土産を買うことにしました。
レース後にそんな余裕があるかどうかわからなかったので、買えるうちに買っておこうと思いついたのです。
その判断は結果的に大正解でしたが、それはまた後日のお話にしたいと思います。
ここで買い込んだのは、地元富士市の和紅茶です。

既に関係各所に配ったものの、私はまだ飲んでいないので味は正直なところわからないのです。
それでも軽くてかさばらないのでレース後の荷物にならないため、非常におすすめですよ。