竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

まだ届かないーUTMF2021中止

2021年3月17日にUTMF2021の中止が発表されました。
参加者としてはぜひ出走して完走したいという思いはありましたが、一市民としては開催されることでの危険性を感じていたので、納得してはいます。
新谷仁美選手と同じです。
というか、新谷選手にその考え方を教わりました。
新谷選手が私の考えを広げてくれました。
UTMF実行委員会の判断の正否をどう捉えるかは人それぞれですが、私は、歴史的な文脈で見て正しい判断であると思います。
そういえば、昔こんな記事を書いたこともありましたが、COVID-19の蔓延という状況に当てはめても同様かなと思います。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/08/18/203242
人間の考えることって、さほど変わらないんですね。

さて、これまで私がエントリーしてきたUTMFは、UTMF2016と今回のUTMF2021です。
f:id:CHIKUSENDO:20210318225832j:plain
UTMF2016の参加賞Tシャツとフィニッシャーベストは、自宅に飾りっぱなしにしています。
UTMF2016は悪天候によって、169kmの予定が最終的に44kmまで短縮されました。
雨でスタート時刻が遅らされて、再集合したときに、鏑木さんから短縮レースとする報告がありました。
f:id:CHIKUSENDO:20210321234737j:plain
この時の鏑木さん、泣いてたんですよね。
私もちょっとは泣いたのでしょうか。
私についての記憶は曖昧ですが、「こっちが泣きてえよ」って言う声が上がっていたのはよく憶えています。
泣けるときには泣いてもいいのですが、レースがある以上はスタートしなければなりません。
それにしても、定刻にスタートができなかった時点で、完全な形では開催できないだろうと予想していて、ある程度の覚悟はあったものの、聞いた瞬間、なんだか力が抜けていくのを感じました。
たぶん、100マイルを走るために張り詰めていた気力が抜けていったのでしょう。
それでも、大雨の中に突っ込んでいく状況に変わりはないわけで、短縮レースを走りきる気持ちに切り替えて臨みました。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/01/25/003931
その結果が先のフィニッシャーベストなのですが、44kmで獲得したベストを見ると、走ることのなかった125kmを思い出します。
100マイラーになりたかった当時の私には届かなかったその距離に、今回もまた届かないのです。

今回のUTMF2021は、開催の1ヶ月以上前に中止の会見が開かれました。
スタートラインで聞くよりは心の準備もできるので百倍はましなのですが、その日までに積み重ねたものはあるので、その成果を発揮する機会がなくなったことはとても残念です。
今回のために12月から本格的にトレーニングを始めていて、私にしては珍しく走り込んでいました。
一緒にエントリーしていたBさんと、ロード、トレラン、峠走をこなしてきていました。
まあ、正直な話、私の方がBさんよりも練習量が少ないのですけども。
そう言えば、峠走の時には、ふと気づいたらむき出しの5000円札が目の前に落ちていました。
山の神様からの贈り物、もしくは託されたものとして、預かりはしましたが、その日のうちに使い果たしたような記憶がありやなしや。
野暮な言葉では拾得物横領なのですが、金は天下の回りもの、拾ったからには回さなければなりません。
そんな言い訳を用意して、竜泉寺の湯へと急ぐ。
それくらいの練習量でも、2週間くらい前にマッサージを受けたときに、今すぐ肉離れしてもおかしくないくらいにふくらはぎが硬い、と言われるくらいまでは練習していたのです。
そして、正直な話、それからしばらくは肉離れ予防のためにトレーニングをサボりました。
予防だったり療養だったり、休養とか言えば聞こえはよいのですが、実態としてはサボり期間中、目的のレースの中止が発表された次第です。
残念です。
サボっていながら白々しいのですが、とても残念です。
その気持ちには偽りがありません。
そしてUTMF2020にエントリーしていた方々は、2年連続ですものね。
残念至極だと思います。
ただ、安全原則を尊重した判断には敬意を覚えます。
その気持ちにも偽りはありません。
いつか、一点の曇りもないような状況で、UTMFが開催できることを心の底から願っています。
その時にやっと、100マイルに届くのかな。

今さらながらー2020年振り返り

2021年の2月も初旬が過ぎてしまい、今さらの感に堪えないのですが、去年2020年を振り返りたいと思います。

2020年という年は、全世界的に新型コロナウイルス感染症COVID-19の猛威に世界中が振り回された1年であることは、疑いのないことだと思います。
ランニング関係の影響だけに絞っても、大会の中止が相次ぎ、関係者全員が苦しんだ年であったと思います。
そんなことになるとは思いも寄らず、年の始めにはそれなりの目標を立てていました。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/01/04/221527
ロードでは、フルマラソンでサブ3.5、そのためにはハーフマラソンで1時間45分を切ること。
トレイルの目標は、2018年の骨折や2019年の台風のために遠ざかっていたハセツネやFTR100K、二次募集に通ればUTMF2020に参加することでした。
結局トレランはUTMF2020の二次募集に応募せず(大会も中止)、ハセツネとFTR100Kも開催されませんでした。
COVID-19のパンデミックが起きていて、日本国内でも蔓延している状況では、寂しいとか不本意とか色々な思いはありますが、受け入れる以外の選択肢はないのです。
早くこのパンデミックが終息、最低限、収束してほしいものだと思います。

そんな2020年、年明け間もない1月12日のハイテクハーフマラソンを、セカンドベストの1時間36分23秒で走りました。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/01/14/223331
ロードの目標であったフルマラソンのサブ3.5への復帰に向けて、幸先のよいスタートを切った矢先、インフルエンザに感染してしまいます。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/01/22/210600
まだ日本でCOVID-19が蔓延する前で、しかもインフルエンザ抗原検査でバッチリ陽性であり、後で「実はコロナだった」みたいなことは全くないはずです。
インフルは軽症で済みましたが、それは予防接種のおかげだと思います。
COVID-19の予防接種も、同じように効果があることを切に願います。

そんな病み上がりで臨んだ1月26日の館山若潮ラソン2020ですが、当初のサブ3.5を下方修正し、サブ4でなんとかフィニッシュすることを目標にしました。
結果、ネットで3時間56分48秒。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/01/26/165425
苦しみながらも下方修正した目標は達成できて、この調子なら3月の板橋Cityマラソンでサブ3.5を記録できるかもしれないという希望的観測を抱いていました。

館山若潮の翌週、2月2日はおんじゅくオーシャントレイル2020でした。
10マイルのカテゴリーに3年連続3回目の出場です。
当日は快晴。
f:id:CHIKUSENDO:20210211164134j:plain
体調も復活していて、快調に走れた結果、1時間42分36秒の自己ベストでフィニッシュしました。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/02/07/234319
ゲストランナーの鏑木さんとの砂浜バトルに勝った(その後あっさりぶっこ抜かれた)のは、ここだけの秘密です。
その後の世界の変化を考えると、心置きなく楽しめたのは、この時期までだったでしょうか。

その後のレースは、COVID-19がパンデミックとなっていくなかで、次々と中止されていきました。
当時私がエントリーしていたのは3月の板橋Cityマラソン、4月のFTR飯能の2つで、例に違わず中止でしたが、どちらも一定額の返金があり、地味に嬉しかった記憶があります。
返金って、入金してたから返ってくるだけなのに、しかも全額は返ってこないのに、なんだか少しテンションが上がります。
「COVID-19徒然」のシリーズを初めたのは、この経験がきっかけでした。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/03/28/145100
ただ、レースの運営者にとっては本当に受難の時期だと思います。
こうした状況は今年になっても続いているので、なんとか持ちこたえてくれることを願っています。
運営者のオンラインショッピングを利用する機会が増えて、家にはバフがあふれていますが、少しでも足しになるとよいなと思っています。

1度目の緊急事態宣言が解除された後も、7月のはじめには東京を中心に、再び感染者が増え始めました。
いわゆる第2波です。
都知事からは、「都外で感染する危険があるので、都外への外出を控えるように」との要請がありました。
そのニュースは霧ヶ峰ロゲイニングに参加するために前泊した宿で見て、土曜日に言ったって遅いよな、むしろ感染させるのは都民じゃないの、との印象を持った記憶があります。
霧ヶ峰ロゲイニングは、記事にはしていませんが、久しぶりの山で楽しかったです。
これは森の中にあった最高得点のポイント。
f:id:CHIKUSENDO:20210211163231j:plain
車山の山頂がこの日の最高地点。
f:id:CHIKUSENDO:20210211163356j:plain
霧ヶ峰高原の緑。
f:id:CHIKUSENDO:20210211163530j:plain
本当は美ヶ原トレイルランのコースになっているエリアまで行きたかったのですが、時間がなくてやめました。
またの機会になりますね。
南の耳に行きたいです。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/07/21/085717

夏の間はけっこう高尾山周辺や日の出山周辺に走りに行ってました。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/08/27/200306
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/09/18/194136
そういえば最近、小仏城山の天狗様が崩壊してしまったという話を耳にしました。
在りし日の天狗様。
f:id:CHIKUSENDO:20210211184320j:plain
とても寂しいですし、再建されるのなら何かしら助力したいと思います。

久しぶりのトレイルランニングのレースは、10月11日のスカイライントレイル菅平2020でした。
ここ小根子岳は、私の2020年の最高到達標高地点となりました。
f:id:CHIKUSENDO:20210211172453j:plain
レースは43kmの部を7時間33分37秒でフィニッシュしました。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/10/18/132025
この日はタフランナーであるブログの読者さんと、初めてきちんと言葉を交わすことができましたが、スタート前の短時間しかお話しできませんでした。
またお会いできたら、今度はもう少しお話しができればよいなと思います。
UTMF2021でお会いできますかね…。

さて、スカイライントレイル菅平はおんじゅくオーシャントレイルと同じく、Fieldsの運営するレースです。
私には、菅平という土地とFieldsという名の団体にちょっと過剰な思い入れがあります。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/07/02/201937
菅平みたいに、観光や合宿が経済活動の中心となっている地域は、このコロナ禍で甚大な打撃を受けました。
菅平は「スガダイラーズ」としてクラウドファンディングを立ち上げ、私も微力ながら協力しました。
好きなものを残すには経済的に力を出さなければならない、ということを否応なく思い知らされた2020年でした。

その後、11月の終わりくらいから再々度全国でCOVID-19患者が増加し始め、現在も続く第3波がやって来ました。
少しずつ緊張感の高まってきていた12月13日に開催されたのが、伊豆トレイルジャーニーITJ2020です。
f:id:CHIKUSENDO:20210211174147j:plain
11時間11秒でフィニッシュしましたが、2ヶ月が経とうとしている今も、まだレポート記事をまとめていません。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/12/13/220135
近々にまとめたいと思いますが、レースやエキスポなど諸々、楽しく過ごせてよいジャーニーでした。
個人で山を走るのももちろん楽しいのですが、レースのようなイベントにはそれに固有の楽しさがあって、やはり捨てがたいものだなと思いました。
菅平やITJで、そのことに気づかされました。

2020年はやはり、どうしてもCOVID-19に世界が影響された1年で、それ抜きには何も考えることができないと思っていました。
そして今年以降もこんな状況は続くのでしょう。
「COVID-19徒然」のシリーズがこんなに長く続いてしまうなんて、初めた頃には想像していませんでした。
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2021/01/06/225703
ただ、こうしてあらためて振り返ってみると、COVID-19に影響されながらも、大禍なく1年を乗り越えられたのはつくづく幸運だったなと思います。
その幸運を大切にして、2021年も大禍なく乗り切ることがまずは目標となります。
そういえば、昨年の幸運の一つに、UTMF2021の当選がありました。
私は骨折した2018年以降のITRAポイントが少ないので、今回の抽選に外れれば、あと数年は参加資格がなくなる状況にありました。
倍率が低かったとはいえ、ここでエントリーできたのは本当に幸運でした。
今日はUTMFの練習として、荒川の河川敷を50km走りました。
練習でこんなに長く走ったことはこれまでになく、強風にも悩まされ、最後の4,5kmはハンガーノックか脱水状態になってしまいました。
練習だからと軽くみていて、補給に失敗してしまったのです。
とにかくとても辛かったのですが、とりあえずの完走で練習の体裁は整えることができました。
まだまだ積み重ねて、本番に臨みたいと思います。
このフィニッシュゲートに、たどり着きたいです。
f:id:CHIKUSENDO:20210211183336j:plain

団欒ーCOVID-19徒然22

明けましておめでとうございます。
松の内のうちに、新年のご挨拶ができてよかったです。

本当ならば遅れている2020年の振り返り記事や、ITJ2020のレポートを書かなければならないのですが、なかなか筆の重い年末年始を過ごしてしまいました。
私の勤務先は例年仕事始めは1月6日です。
本日は出社したため、いつもの中華料理店で夕食を摂っています。
いつもと同じく紹興酒を飲みながら、家族連れのお客さんの団欒の声を聞いています。
今回の年末年始は帰省しなかったため、家族で食事を摂る機会はありませんでした。
それでも、他の家族の団欒を眺めながらお酒を飲むのも、また一興だなと思います。
私は、結構な若い頃から、多分中学生くらいからだと思いますが、他人が楽しそうに語らっている姿を見ていると、なぜだかそれだけで幸せな気分になる種の人間です。
これがまた、他人であればあるほど、知らない人であればあるほど、その幸福感が強くなる傾向があるから不思議です。
他人の幸せな気分を感じられることの幸せということなのでしょうか。
私にとっては赤の他人なこのご家族は知る由もありませんが、仲良く楽しそうに過ごしているあなた方を見ている私は幸せな気分に浸っています。
もちろん、友人同士、知人同士の団欒に参加しているのも幸せですけど。

この記事を書いている2021年1月6日は、初めて日本全国で新型コロナウイルスの感染確認者が5000人を超えて、最終的には6001人に達しました。
報道では数日前から、明日にも東京・神奈川・埼玉・千葉に緊急事態宣言が発出されるとのことです。
飲食店には20時閉店の短縮営業要請が出される予定で、この中華料理屋さんもそれに応じ、夜の営業自体を休止するとのことです。
私がこのお店を好きなのは、美味しいということはもちろんなのですが、それに加えて、私の知らないお客さんたちが楽しそうに過ごしている、その雰囲気が好きだからというのも大きな理由です。
そういう場所が私の生活から離れていくこと、それは堪えられないことです。
このパンデミックを契機に、私たちを取り巻く世界が壊れ始めていて、それが揺るがしようのないことを、私には否定できません。
それでもその世界が壊れないように、私自身が踏みとどまり、あえて赤の他人と言いますが、赤の他人が踏みとどまる力になれるように、またその力であることができるように生活したいと切に思います。
ちょっと大袈裟な話になりました。
でもね、団欒に満ちたこの世界を壊さないために、力を尽くしたいと思います。

そんなことをつらつら思っていた今宵も、デザートはココナッツ団子。
f:id:CHIKUSENDO:20210106212524j:plain
丸々として、鏡餅のようにも見えます。
お正月ですね。
いつもと変わらず上品な甘さで、とても美味しゅうございました。
団子のように丸くて甘い生活、それを失わないように力を尽くす1年にしたいと思います。
年の初めからトレランブログの趣旨はどこへ行ったやらな感じですが、今年も何とぞよろしくお願いいたします。

振り返らない大晦日ーCOVID-19徒然21

新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延は止まることを知りません。
本日2020年12月31日には国内の感染確認者の最高記録を更新しました。
日本全体で4515人(後で確認したら4520人まで増えてました)、東京だけでも1337人。
感染拡大が止まらないまま、2021年を迎えます。

そんな状況なので、高齢の両親がいる私は、今回の年末年始は帰省しませんでした。
多分20年前に大学の卒業論文を書いているときには年末年始の帰省はしなかったはずですが、それ以来でしょうか。
例年とは違う年越しです。

それでも、習慣というか身体化された傾向性というか、そういうものはぬぐいがたいものです。
晦日にはこれを食べなければ終われない。
ということで、実家の大晦日の食事を、自宅で再現してみました。
それがこれ。
f:id:CHIKUSENDO:20201231221553j:plain
ピザです。
私の両親は別にイタリア人なわけではないのですが、ピザを焼くのが好きで、私が子供の頃から、家族そろって食べていました。
今日は11年前のノートを引っ張り出して、教えてもらったレシピと手持ちの食材と相談しながら、久しぶりに作ってみました。
ソースの味付けがかなり上手くいって、自分でいうのもなんですが、美味しゅうございました。
f:id:CHIKUSENDO:20201231224941j:plain
コロナも飲み干しましたよ。
無理矢理に験を担ぎましたが、そうしてでも、2021年にはCOVID-19が収束や終息を迎えていることを願ってやみません。

トレランブログのはずなのに、こんなことばかり書いている1年でした。
ランニングの振り返りは例年大晦日までにしていたのですが、帰省しないと意外とやることが多くてなかなか記事が書けないことがわかりました。
なので、年が明けてから色々振り返ることにします。
ITJ2020のレポートもまだ書いてない…。
でも、今夜はこのおめでたさを覚えるスパークリングワインを明けてしまいます。
f:id:CHIKUSENDO:20201231224456j:plain
とか言ってたら、明けてしまいましたね。
f:id:CHIKUSENDO:20201231231732j:plain
年よりも早く。
お後がよろしいところで、皆様、良いお年をお迎えください。
また来年もどこかの山で元気に走りましょう。

2020年のクリスマスイブーCOVID-19徒然20

伊豆トレイルジャーニーITJ2020のレポートに取りかかれないでいる間に、新型コロナウイルス感染症COVID-19は益々と猖獗を極めつつあります。
市民感覚として、ヤベエぞマジで、っていう思いが積み重なっていく日々を過ごしています。
東京は、どころか、既に日本全土で壮大なロシアンルーレットをしていて、誰か運の悪い人が感染する、としか言い様のない様相が長く続いています。

そんなときでもクリスマスイブは来るものですが、出社日でもあった今日の夕食は、会社の近くの中華料理屋さんで過ごしています。
今の今まで、紹興酒を飲みながら読書をしていました。
私は何か飲みながら読書をしたりスマホを読んだり、飲みながら文字を読むのが好きで、一人で飲むときはたいてい何かしらの文字を読んでいます。
今宵はこれを読み終えました。
f:id:CHIKUSENDO:20201224202640j:plain
今月のNHK・Eテレ「100分de名著」で取り上げられている、フランスの社会学ピエール・ブルデューの代表的著作『ディスタンクシオン』の解説書です(立命館大学教授の社会学者、岸政彦著)。
「100分de名著」には、私が中学生の頃から大好きな伊集院光が出演していて、かつ、私が最近もっとも好きな社会学者の岸政彦が出演するとなると、これはもう視聴するしかないのです。
ということで、テキストで予習して、テレビも放送時間に合わせて観て、なんか、久しぶりに学ぶことと快楽とが繋がる興奮を覚えています。
f:id:CHIKUSENDO:20201224204902j:plain
なんかね、なぜかイラスト入りのかわいい本でもあるのですよ。
放送は来週月曜28日に最終回を迎えてしまいますが、寂しさを覚えながらも楽しみにしています。

岸さんの著作では、学術書ではなくエッセイ集的な『断片的なものの社会学』、小説(岸さん、芥川賞候補にもなったことがあります。社会学者なのに)『図書室』が好きです。
雨宮まみとの雑談集『愛と欲望の雑談』も面白かったですよ。
というか、まだそれしか読んだことがないのですが、どれも面白い本なので、なにかの機会があればご覧ください。
次は、学術書も読もうかな。
『同化と他者化』もしくは『街の人生』か。
いずれにしても楽しみです。

そんな2020年のクリスマスイブ。
紹興酒を飲みながら、岸さんの本を読みながら、食べていたのは大好物の水餃子。
1個目。
f:id:CHIKUSENDO:20201224205130j:plain
2個目。
f:id:CHIKUSENDO:20201224205259j:plain
3個目。
f:id:CHIKUSENDO:20201224205354j:plain
4個目。
f:id:CHIKUSENDO:20201224205526j:plain
5個目。
f:id:CHIKUSENDO:20201224205556j:plain
デザートはココナッツ団子。
f:id:CHIKUSENDO:20201224210907j:plain
赤、緑、白。
なにげにクリスマスカラー、しかもホワイトクリスマス。
皆様にメリークリスマス。

11秒:伊豆トレイルジャーニー2020速報

本日開催のITJ2020の70kの部を無事に完走しました。
フィニッシュタイムは11時間11秒。
昨年よりも59分短縮しましたが、あと11秒縮めていれば10時間台のフィニッシュだったなと思うと、ちょっとだけ悔しいかなと思います。
でも、11という数字には縁があって、昔ラグビーをやっていたときにつけていた背番号でした。
ポジションで言うと左ウイングというところで、日本代表では福岡堅樹選手と一緒です。
だからなんなんだ、お前も日本代表かと言われたら、何も代表したことありません、としか言いようがないのですが。
ともあれ、想定外の好成績で嬉しかったな。
富士山もきれいで楽しかったです。
f:id:CHIKUSENDO:20201213220059j:plain

とか言いながらGo To ジャーニー:伊豆トレイルジャーニー2020予報

2020年12月13日に開催される、伊豆トレイルジャーニー2020の70kの部に参加します。
f:id:CHIKUSENDO:20201212201139j:plain
受付を済ませて、今は宿でゴロゴロしています。

ここに来てCOVID-19が全国的に蔓延し、危機的な状況であるという自覚はあります。
GoToキャンペーンは一時停止すべきだと、私もそう思っています。
出走の見合わせも考えてはいましたが、UTMF2021に当選したこともあり、自分の現在地を確かめなくてはならないという強い動機が生まれてしまいました。
社会的な要求とは相容れない行動かもしれませんが、個人的には行かざるを得ないと強く思っています。
こんな葛藤を書き残さなくてはならない世界を生きるなんて、想像してませんでした。
前にも似たようなことは書いていますが、本当に世界が変わってしまった感覚があります。
どうしたらいいのか本当にわからない。
とか言いながら、明日はGoToジャーニー。
無事の完走が第一の目標です。