竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

菅平とFieldsと私

2020年も7月となってしまいましたが、私は過ぎ去った6月にまつわる思い残しをここに記そうかなと思っています。
2016年から毎年6月は、長野県の菅平で開催されるスカイライントレイル菅平に参加していました*。
気持ちのよいコースで、特に晴れた日の小根子岳からの眺めは最高です。
f:id:CHIKUSENDO:20200630092643j:plain
今年は10月開催の予定だそうですが、もし可能ならば参加したいと思っています。

菅平にはトレランを始める前から縁があります。
菅平はラグビー合宿の聖地で、その名を知らないラグビー愛好家はほとんどいないんじゃないかと思います。
菅平は自他ともに認めるラグビータウンなのです。
f:id:CHIKUSENDO:20200702201859j:plain
私も、サークルでラグビーをしていた大学時代、毎年夏合宿で訪れていました。
普段はきつい練習をするサークルではなかったのですが、菅平合宿では一転、練習も飲み会もハードになりました。
大学からラグビーを始めた私にとって、1年生の頃は特に、ラグビーという競技やラグビーチームという組織に慣れることで精一杯でしたが、合宿で身に付けたことはかけがえのないものが多かったと思っています。
特にこの菅平で取った人生初トライは、この先ラグビーを続けていってもいいんだという自信になりました。
仲間が大いに喜んでくれていたのも嬉しかったです。
初心者マークの時期の成功体験には、やはり特別な思い入れがあります。
私のいたチームはとんでもなく弱かったのですが、初心者を大切にしてくれる気風がありました。
たぶんそれは、弱いからこそ皆で成長しようという精神の現れだったのだと思います。
このチームでなければ、ラグビーをやり続けていたかどうかはわかりません。
きついことは多かったのですが、合宿自体は菅平の風景とともに良い思い出として記憶に残っています。
この菅平との縁を育んだラグビーチーム、今はもうなくなってしまいましたが、その名を「Fields」といいます。
トレイルランニングに出会ってからは「Fields」といえば、実績豊かなレース運営会社として認識していますが、私にとっては、私をラグビープレーヤーとして育んでくれたあのチームを思い出させる名です。
私が育ったFieldsはなくなってしまいましたが、新しく始めたトレランでもFieldsに出会えたというか、出会ってしまいました。
この名には深い縁を感じざるを得ません。
まあ、縁と思えるものの大半は偶然の産物だとは思いますが、それでも何かしらのとっかかりがあることの心強さを感じました。

そんなFieldsの主催するレースで、私が最初に出たのは美ヶ原トレイルラン2015で、戸隠の2015年にも出場しました。
その2大会ですっかりFieldsのレースにはまってしまい、これまでに14大会に参加しています。
何が好きなのかなというと、感覚的なものでしかないのですが、程良い感じ、ちょうど良い感じ、強いていえば中庸という雰囲気でしょうか。
例えばハセツネのような、例えばUTMFのような、ある意味尖鋭化したコンセプトや人々の思いが質量ともに過剰であるような大会とは違って、自ずと開催地に親しむことができる気がしています。
気負わないで参加できる感じが、とても私の性に合っています。
菅平の大会には、2016年に初参加しました。
Fieldsで菅平に縁ができた私、そのFieldsが菅平で開催するレースです。
ということで、スカイライントレイル菅平には格別の思い入れがあります。
参加するからには、毎回、菅平愛を表現しようと試みてきています。
菅平のある上田市の旧真田町は、おなじみの戦国大名・真田氏の故地です。
菅平のレースでは、真田氏の戦装束が赤に統一されていたことにちなんだ「赤備えコンテスト」が開催されています。
簡単に説明すると、赤いウェアで参加した選手の中でいけてる赤だった方を表彰します、という企画なのですが、初出場の2016年大会からこのコンテストに参加しています。
運が良かったのかなんなのか、その次の年の赤備えコンテストのチラシモデルになってしまいました。
これでちょっとはFieldsという名に恩返しができたかなと思いましたが、でも、それだけではまだ私の菅平愛を表現しきれていない感覚がありました。
全国津々浦々のラグビー愛好家にとって、菅平はやはりラグビーの聖地の一つなのです。
そうしたら、私が表現すべきはラグビーへの愛とラグビータウン菅平への敬意だ、ということに思い当たりました。
でも、どうやったら愛と敬意を表せるのでしょうか。
私がひねり出した答えは、菅平でトライを決めることでした。
ラグビーにおけるトライとは、ゴールラインの向こうの地面にボールをタッチダウンすることによって得点する行為を表します。
ゴールラインを越えるまでチーム一丸となってつないできたそのボールには、愛と敬意が込められているのです。
そして2017年大会、私はリュックに仕込んでいたラグビーボール型のビーチボールを抱えて、フィニッシュゲートの向こうにトライしました。
あなたバカでしょ、と言ってもらってかまいませんが、そのトライには私の菅平とFieldsへの愛と敬意が込められています。
2018年大会には骨折が癒えていなかったので出走しませんでしたが、2019年大会では再度きっちりトライを決めました。
ちょっと前にフィニッシュした星野由香理選手が「あ、ラグビーボール!」と楽しそうに反応してくれたのが、ちょっと嬉しかったですね。

だから今年も、Fieldsがスカイライントレイル菅平2020を開催できたあかつきには、また愛と敬意を込めたトライを決めにいきたいと思っています。
よろしくFields、よろしく菅平!


https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/06/01/184759
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/06/12/211427
https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2019/06/09/214654

身体は賢いかもーCOVID-19徒然16

身体は賢いとか言いながらも、この記事は小松菜の話から始まるのです。
最後の方まで読まないと、身体は賢いかも、となんで思えるかわからない、不親切な記事を今から書いていきます。

私は昔から小松菜が好きでしたが、この10年くらい自炊を滅多にしなくなってからは、あまり買うことがなくなっていました。
ところが、新型コロナウイルス感染症COVID-19の影響で在宅勤務体制がとられるようになってから、朝食ぐらいは自分で調理したものでまかなうようにすることにした関係で、最近よく食べるようになりました。
調理を再開したのは、朝に時間の余裕ができたことや、実家から炊飯器が送られてきて*、ご飯を炊かなくてはならないプレッシャーが高まったことが主な理由です。

https://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2020/04/25/201208

この炊飯器で炊いたご飯の感想を逐一両親から問い合わされる日々を経て、自炊生活がほぼ10年ぶりに習慣化されました。
親のプレッシャーって、いくつになっても強いものなんだなと感じます。

自炊をするとなると、スーパーに食材の買い物に行くわけですが、5月から6月にかけては小松菜の旬なのか、一袋が高くても99円、安いときには59円なんて日もあり、行くたびに買い求めています。
そのほとんどが毎日の味噌汁になりますが、好きな野菜を毎日食べられるというのは気分がよいもので、もっと早くからやってればよかったなと思っています。
小松菜の旬がいつまでなのかは詳しくは知りませんが、少しでも長く続いてほしいです。

小松菜に加えて、ほぼ毎回買って帰るのは納豆とクリームチーズのデザートです。
f:id:CHIKUSENDO:20200622185353j:plain
納豆は朝食に食べたり、適宜おかずにしたりしていました。
クリームチーズのデザートには最近はまりました。
純粋にデザートというよりも、主に一人でワインを飲むときのつまみとして重宝しています。
甘いものとはいえたんぱく質メインの食物なので、身体を作るのにはちょうどいいかなと思っています。
この5月と6月はそんな食生活をしていたのですが、つい先日読んだ記事で、偶然だったのか必然だったのかよくわからないような気分になりました。

「納豆がコロナに効く」と海外で注目集める理由
https://toyokeizai.net/articles/-/357551

最近よく読んでいる東洋経済オンラインで見つけた記事で、元々は納豆に関するニューズウィーク日本版の記事を転載したものですが、読んでみるとチーズや小松菜にも言及があります。
おおざっぱにいうと、納豆やチーズや小松菜に多く含まれるビタミンKに、新型コロナウイルスによる攻撃から肺を保護する作用があるのではないかということがわかったとのことでした。
なんと、私の最近の食生活、ビタミンKだらけではないですか。
好きなものを食べていただけで、十中八九は偶然なのだと思いますが、それにしても記事に出てきた4食材(他にはホウレン草)のうち3つを常に食べ続けていたなんて。
しかも、小松菜を買ったらキャラのかぶるホウレン草は普通買わないので、それを考えたらほぼ100%の一致です。
新型コロナウイルスにいつ感染してもおかしくなかったこの期間、無意識のうちに肺を保護していたんだなと思うと、私の身体の賢さを見直してもよいかなと思いました。
こういうのって無意識なのか、これまでの人生でいつの間にか見聞きした知識の現れなのかは、私の頭では、どう考えてもわかりません。
ということは、私の頭は賢くないのかもしれませんが、でも、頭でわからないことでも、身体は知っていることがあるんですね。
身体の賢さを信じてもいいかな。

仲間がいた!

仲間がいたといっても、仲間由紀恵に遭遇したとか、そういう類いの嬉しいお知らせではありません。
ちなみに私は昔から仲間由紀恵のファンですが、それはそれとして。
在宅勤務体制も一段落し、6月1日からは週に3回以上出社することになり、本日は出社しました。
昼食帰りに会社の近くを歩いていたところ、私の持っているランニングシューズと同じものを履いて歩いている若者とすれ違いました。
おお、仲間、仲間!と、ちょっとテンションが高くなりました。
その靴は取扱店が少ないらしく、今まで一度も同じ靴を履いている人に会ったことがありませんでした。
まあ、これが仲間由紀恵だったら、テンションがどうのこうのどころの騒ぎではないのですが、仲間に会えて少し嬉しかったのです。
その靴がこちら。
f:id:CHIKUSENDO:20200616191421j:plain
スケッチャーズのマックス・クッショニング・プレミア。
見ての通りの厚底シューズで、入手したのは今年の2月くらいだったと思います。
厚底といえば少しお高いイメージがありますが、こちらの靴はとてもリーズナブル、消費税抜きの定価がなんと9,800円!
定価で靴を買うことが滅多にない私ですが、この靴はずいぶんと久しぶりに定価で購入しました。
私にとっては初めての厚底ロードシューズです。
他(ホカとかHOKAとか)の同カテゴリーのそれよりもスペック上の重量はありますが、バランスがいいのか、履いた感触は軽いです。
走ると「ぼよん」という弾力を感じる履き心地で、一歩一歩、前に向かって押し出される感覚があります。
ラソンレーニングのロング走に向いてそうですが、私はまだ最長で15kmくらいしか走っていません。
でも、なかなか重宝しています。
いい靴です。
よければ仲間になりましょう。

やっぱ大仏ーCOVID-19徒然15

新型コロナウイルス感染症COVID-19に関する緊急事態宣言が、5月25日に解除されました。
なんとか第1波を乗り切ったのでしょうか。
ただ、政治的な区切りはとりあえずついたとしても、医学的な区切りはついているのかはよくわかりません。
私は、たぶん何も終わってないのではないか、と感じています。
というか、山中伸弥教授風にマラソンで例えれば、せいぜい10kmに達しているかいないかくらいで、もしかしたら5kmくらいかもしれない、という感覚が私の中にあります。
やっと、レースのペースをつかみ出したくらいのところですが、先は長いけどその道のりを楽しみに変えて、走り続けることができればよいなと思います。

そんな緊急事態宣言解除後の初めての土曜日はよく晴れて暑い日でしたが、軽く走りに行きました
最近走って行くようになった都立公園の近くに気になる場所があり、週末のたびに何回か通っていました。
東京大仏のある乗蓮寺です。
f:id:CHIKUSENDO:20200531204910j:plain
初夏の木漏れ日って気持ちがよいです。
大仏といえばまず思い出すのは奈良の大仏だと思いますが、奈良の大仏は疫病などの災厄の終息を祈願して造られたそうです。
人智の及ばないことに神仏の加護を求めるということは、歴史的に繰り返されてきたことです。
私も歴史に学んで、疫病にはやっぱ大仏、ということで参拝し、COVID-19の終息を祈願しました。
f:id:CHIKUSENDO:20200531204621j:plain
手を合わせて目を閉じると、それだけで心が休まります。
先人達に連なる歴史の一部である自分、ということを強く感じます。

ただ、歴史に学ぶと言っても、もちろん歴史の状況によって人間にできることは変わっていきます。
特に感染症のような疫病に対しては、科学に基づく対策が可能になりました。
人事を尽くして天命を待つという言葉がありますが、人間のできることの範囲は大きくなってきています。
これからも人間のできること、自分にできることをやり続けるしかないのかなと思っています。
それに、お祈り。
私は、収束ではなく終息を望んでいます。
贅沢な思いかもしれませんが、その時が来るまで祈り続けたいなと思います。
コロナ禍による犠牲者がこれ以上出ませんように。
心より祈っています。

新参者ーCOVID-19徒然14

新型コロナウイルス感染症COVID-19に関する緊急事態宣言が、東京都でも解除されるのではないかとの報道がされているこの週末です。
昨日の土曜日は久しぶりに実店舗でランニングシューズを買いました。
購入したのはonのCloud X。
f:id:CHIKUSENDO:20200524143113j:plain
箱の中がおしゃれでした。
f:id:CHIKUSENDO:20200524195706j:plain
出社したときの帰宅ランでも使いやすいようにと黒を選びましたが、これで帰宅ラン用の靴は3足目になってしまいました。
緊急事態宣言解除後は恐らく段階的に出社することになると思いますが、出社する度に帰宅ランができるような体制となりました。
出番が減ってしまう革靴が少しかわいそうですが、実際どれだけできるかはこれからの話です。
少し楽しみです。
本日の日曜日は晴れていたので走りに行き、早速デビューさせました。
走りはじめは固さを感じましたが、スピードが安定すると反発が心地よく感じられるようになりました。
今日はゆっくり14km弱を走りましたが、ハーフマラソンまでならば、レースシューズにも使えそうな気がします。
これから少しずつ履きならしていきたいと思います。

そういえば、最近ランニングコースを変えました。
これまでは川沿いの道を走っていたのですが、緊急事態宣言が出てから、逆に人通りが増えてしまっていました。
道が狭いのですれ違いに苦慮することが多く、この状況下ではストレスに感じていました。
どうにかならないものかと思って新しいランニングコースを探したところ、高速道路の下の道が意外と走りやすいことがわかりました。
自宅の近くに首都高がありますが、その下を走る一般道に、自転車専用道の付いた広い歩道があります。
ちょっと空気が悪いだろうと思われるのが玉にきずですが、それほど人通りも多くなければ、道幅が広いのですれ違いにストレスがかかりません。
コース上には緑豊かな都立公園もあり、そこを走っているだけで癒される感覚になることができます。
山ではないものの、木々に囲まれて走ることってやっぱり気持ちいいんだなと、思いを新たにしました。
今月になって初めて訪れた公園で、まだまだ新参者ではありますが、少しずつ慣れていければよいかなと思います。

再開、再会ーCOVID-19徒然13

一昨日の在宅勤務終了後に日課としている1時間の散歩に出かけた時のこと。
そろそろ家に帰ろうかなと思って、最寄り駅の行きつけの飲み屋さんの前を通り過ぎようとしていたところでした。
ふと目を向けると、緊急事態宣言を受けて休業していたお店に灯りがともっていました。
そろりとのぞいたら、店主の明るい声で出迎えられました。
先週から営業を再開したとのことです。
嬉しくて思わず、休肝日の予定にもかかわらず飲んで帰りました。
そして本日もまた、ちょっと飲んできました。
f:id:CHIKUSENDO:20200522214815j:plain
休業中にカウンターを塗りなおしたそうで、ピカピカに輝いています。
こうして休んでいる間にしかできないことをして、再開できる体制を整えることにはエネルギーが必要だったと思います。
また、再開することにもエネルギーと、またそれ以上の勇気が必要だったと思います。
敬意を覚えます。
そして、店主の方だけではなく顔なじみのお客さんにも会えて、本当に嬉しかったな。
再開に乾杯、再会にも乾杯。

Singin' in the ... ーCOVID-19徒然12

新型コロナウイルス感染症COVID-19に関連した緊急事態宣言により、私の大切な趣味が一つ、失われている状況が続いています。
それは、カラオケ。
私は楽器はてんで出来ず、ダンスもからっきしダメなのですが、歌だけは好きでよく歌います。
請われてバンドのボーカルをつとめて、カラオケと同じく自粛要請の続くライブハウスでも、何度かステージに立ったことがあります。
十八番はこの曲。
f:id:CHIKUSENDO:20200518212742j:plain
ウルフルズの「暴れだす」です。
カッコつけた言い方ですが、私のソウルソングです。

最近はもっぱら友人と飲んだ後で行くカラオケが、友人との間では「部活動」と称していましたが、ランニングやフットサルに次ぐ楽しみとして大切なものでした。
それが今はできない。
心苦しいというか、許されるならば即刻悶絶したいくらいです。

とはいえ、カラオケはできなくとも歌うことが奪われているわけではない、ということに気づきました。
でも、防音施設のない築40年の木造アパートに住んでいる身としては、自宅で大声で歌うことは控えなくてはなりません。
Singin' in the Home というわけにはいかず、ならばどこで歌うのか。
答えは身近なところにありました。
マスクの中で歌えばいいのです。
Singin' in the Mask!
楽しそうだな、ということで、今夜出社した帰り道に歌いながら帰ってみました。
今日していたマスクは、自分で縫ったオレノマスクのこちら。
f:id:CHIKUSENDO:20200518213325j:plain
結論から言うと、とても楽しくて幸せな気持ちになりました。
これはちょくちょく、すきを見計らってやってみようかと思います。
おすすめではあります。
が、先ほど私が歌いながら歩いている前を歩いていた方が、今までお会いしたことのない同じアパートの住人の方でした。
その方が私に抱いた第一印象が、歌いながら歩く男というのはね。
お恥ずかしい。