竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

夏の名残のー千葉市海浜アクアスロン2018予報

2018年の千葉市海浜アクアスロン大会は、9月9日(日)に開催されるそうです。

http://www.tokio-world.com/chibactiy-aquathlon/index.html

私は、私の故郷である千葉市美浜区高浜で行われるこの大会の存在を昨年初めて知りましたが、大会自体は今年で21回目となります。
歴史を積み重ねてきた大会です。
7月5日現在、まだエントリー期間は終わっていないようです。
私自身は骨折の影響でスイムの練習ができなかったため、今年の参加は見合わせます。
この大会のスイムは、稲毛海浜公園プールの「流れるプール」を使用します。
ただし、大会はプールのシーズン営業終了後に開催されるので、水は流れてはいません。
1周300mのプールを周回した後、海浜公園内をランで周回するレースです。
スイムとランのデュアスロンには興味があるけれど、いきなり海は泳ぎたくない、という方にはお勧めの大会です。
また、この大会にはトライアスロンのトップ選手がゲストとして登場します。
昨年はリオデジャネイロオリンピックパラリンピックの代表選手が来て、軽くではあるもののそのパフォーマンスを見せてくれました。
とてもよい刺激になりました。
そういう意味でもお勧めの大会です。

故郷であるので、大会会場の稲毛海浜公園プールには、少年時代、夏になると何度となく遊びに行きました。
f:id:CHIKUSENDO:20180704124955j:plain
夏休みが終わると同時に屋外のプールの営業が終わるため、夏休みの象徴のような場所でもありました。
この大会はシーズン営業終了後の開催ですが、まだ夏の名残のある時期です。
少年時代の夏休みを振り返ると、甘酸っぱいような過ごし方をしたわけでもないのに、思い出すたびに切なさがつのります。
でも、そんな感傷はレースには関係ありません。
昨年初出場した私は、スイムで失敗してしまい、故郷の水の冷たさを肌身に感じました。
その体験記事を下にまとめました。
参考になれば幸いです。

予報
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/09/02/181750

レポート
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/09/06/125421

余録
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/09/06/213223