竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

同窓、同郷、同好ー千葉市海浜アクアスロン2017余録

第20回記念千葉市海浜アクアスロン大会参加記録の、関係者や装備の余録です。

今回はリレーの部に、友人Eさんとその同級生コンビがエントリーしていました。
私とEさんは元々フットサル仲間で、また偶然にも出身高校が一緒でしたが、Eさんのほうが2学年上で、在学中には接点がありませんでした。
Eさんはフルマラソンを3時間一桁台で走り、5kmなどの短い距離のレースでは入賞経験も多々あるスピードランナーです。
その同級生もまた私の先輩ですが、水泳では相当の実力者でした。
昨年の大会に参加して惜しくも入賞を逃し、今回に期するものは大きかったようでした。
結果は、またしてもあと一歩で入賞ならなかったものの、私にとってはいい経験でした。
特にラン担当のEさんは、周回中にすれ違った時に声をかけたのですが、あとで聞いたら全く気がつかなかったそうです。
それだけ追い込んで走っていたのでしょう。
同級生の方もスイム3位で、タイムも非常によい記録でした。
同窓の先輩方のファイトに、私はいい刺激をもらってしまいました。
目標が高ければ、パフォーマンスも高くすることができるのかもしれません。
自分を甘やかすことは大の得意な私ですが、時にはパフォーマンスを求めていいのかもしれません。
諸々のケガが治ったら、色々考え直したいと思いました。

また、同郷といえば、奥宮俊介さんは千葉市で育ったトレイルランナーです。
f:id:CHIKUSENDO:20170904212655j:plain
しかも私と同じ年の生まれ。
同郷で同い年のトレイルランナーの誇りを胸に、というよりは、まんまのシルエットを胸に、今回は走りました。
奥宮さんとは、イベントや偶然出会った地下鉄車内などで何回かお話をしたことがあるのですが、今まで千葉の話を聞く機会はありませんでした。
11月のFTRでそういう機会があれば「何中?」って聞いてみたいと思いますが、まあ聞かないんだろうな。

同窓で同好の士であるEさんたち、同郷で同好の士である奥宮さん。
目指すべき人達に恵まれているなと、久しぶりの故郷から帰ってきて少し殊勝な思いを抱きました。
故郷の水は冷たくとも、何かしら持って帰ってくることはできたのだと思いたいです。

装備
スイムキャップ:大会支給キャップ
水着:Malu
帽子:サロモン
シャツ:FunTrails Round 名栗2016参加賞Tシャツ
ズボン:ノースフェイス
靴下:クラフト
靴:プーマイグナイト