竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

出ないけど出るースカイライントレイル菅平2018応援感想記1

出ないけど出るといっても、幽霊やら山村貞子やらのお話ではなく、あるトレイルランナーが出ていないレースのコース上に出たというお話です。
6月10日に開催された第11回スカイライントレイル菅平に、賑やかしの応援に行って来ました。
友人Bさんが50kmのスカイマラソンに出場したので、私もくっついて行ったのです。
私も50kmのスカイマラソンにエントリーを予定していたのですが、4月に骨折した影響で参加を見合わせていました。
それでも、私自身はトレランができなくても、トレランの周辺でウロチョロしていたかったのです。
また、昔ラグビーをしていた私にとって、菅平は思い出深い土地でもあります。
この土地の思い出はラグビーとトレランのそれなので、汗臭いことこの上ないのですが、好きなスポーツにドップリとつかっていた時間は楽しいものでしかありませんでした。
好きな土地に再訪して、好きなトレランの雰囲気だけでも楽しんできました。

今回はダボスの丘と、その後余裕があれば菅平牧場まで行く計画を立てて行動しました。
ダボスの丘まではバスで行きました。
菅平高原内は100円で移動できるみたいなので、時間さえ合えばバス移動はお得です。
8時にダボスのバス停に着いてから、スキー場のゲレンデに付けられた階段を登り切ると、ダボスの丘のシュナイダー記念碑に到着します。
f:id:CHIKUSENDO:20180611124250j:plain
菅平高原を一望。
この時、時刻は8:10でした。
既にスカイマラソンのトップ選手は通過していましたが、一桁順位の選手には数人間に合いました。
この日の相棒は、UTMFのBUFFブースでもらったノベルティカウベルです。
f:id:CHIKUSENDO:20180612121410j:plain
使う機会が滅多にないので、ここぞとばかりに鳴らしました。
出場した友人Bさんを見送るまでの1時間ちょっとの間、この丘で鳴らし続けていました。

ダボスの丘からはこの先のコースを見渡すことができます。
四阿山(右)と根子岳(左)、その裾野に広がる菅平牧場。
f:id:CHIKUSENDO:20180611124045j:plain
四阿山は中腹くらいまでしか見えていません。
選手はこの先菅平牧場を通り抜けた後、四阿山の中腹まで登ります。
そこからいったん牧場に戻ってきてから、根子岳の山頂まで登り切ります。
この日は写真のような曇天で、比較的風が強く吹いていました。
当日のアメダススクリーンショットです。
f:id:CHIKUSENDO:20180612121259j:plain
予報では午後から雨ということでしたが、なんとか持ちこたえて、ずっと曇りのままレースが終わりました。
最初のうちは、雨が降るのなら菅平牧場まで行くのはやめようと思っていましたが、1時間予報でどんどん降り出し予想時刻が遅くなっていったので、とりあえず向かうことにしました。

丘を菅平プリンスホテル方面に下り、道なりに登って行くと菅平牧場にたどり着きます。
下る途中でアヤメだか花菖蒲だかカキツバタだか、よくわからないけれどきれいな花が咲いていました。
f:id:CHIKUSENDO:20180611123935j:plain
菅平牧場には30分くらいで到着し、ゲートで200円の入場料を支払って中に入ります。
はじめは直接エイドまで行こうかと思っていましたが、ゲートの近くにコースが見えていたので、コースを遡りながら応援することにしました。
菅平牧場は山ツツジが満開でした。
f:id:CHIKUSENDO:20180611123953j:plain
牛は山ツツジを食べない、そんな話を前回か前々回大会の前夜祭で聞いた記憶がありますが、それゆえツツジの木が立派に育つそうです。
ツツジに囲まれてカウベルを鳴らしながら、坂を下ってくるBさんを無事に見送った後、エイドまで登って行きました。

エイドでは選手が次々と到着しては出発していきましたが、私は邪魔にならないように、エイドの近くにあった牧場の施設で休憩していました。
ソフトクリームとカフェオレをいただきながらくつろいでいました。
この日はアメダスの数値以上に風が強く、外で待つのは少し辛かったのです。
その後、中四阿山からの下山口に移動して、またカラカラとカウベルを鳴らしながらBさんを待っていました。
ここでは応援仲間が数人いて心強くなりました。
選手と同じで、応援も一人では心細いのです。特にお一人の方とはダボスの丘でも一緒でした。
自然と仲間意識が湧いてきます。
私にとって肝心のBさんは、12時10分過ぎに中四阿山から下山してきました。
エイドまで一緒に歩きながら、今後の天気予報や根子岳までの標高差の情報を伝えるなど、サポーター風味の会話をしたはずなのですが、疲れていたBさんにどれだけ伝わったかはわかりません。
せめてエイドインして、一息ついてから話すべきだったのかもしれません。
反省事項です。

根子岳に登るBさんを見送ったあとは、フィニッシュ会場近くにある宿に戻り、一風呂浴びて昼食を取りました。
屋台村のタンドリーチキン、菅清園のお焼き、美味しゅうございました。
四度、カウベルを手にコースに出たのは14時30分過ぎでしょうか。
最後のゲレンデでカラカラとカウベルをひとしきり鳴らして、15時頃にフィニッシュ会場に移動しました。

この頃になると、もうランナーの顔を覚えていました。
もともと私は人の顔を覚えるのが得意なのですが、既に何度も顔を合わせている選手とは、古くからの知り合いのような感覚になります。
選手にしても、色々なところでカウベルを鳴らしているおじさんを見て、さすがに顔を覚えてしまっていたようです。
御礼とかは求めてないので、せめて、おっさんまた出たなくらいに思ってくれていれば、私にとっては幸いです。
出場してなくてもコース上には出る、この日はそんな日でした。

一方の私は、選手が次々と帰ってくる姿を見ては、順位が上がってるなとか、転んじゃったのかなとか、色々な思いが湧いてきますが、基本的には嬉しくなりました。
ちょっとしか知らない、トレラン姿しか知らないほとんど他人な人でも、無事に帰ってくるだけで嬉しいのです。
この気持ちはトレイルランナーに対する仲間意識に由来するものなんだと思います。
フィニッシュ会場でもカラカラとカウベルを鳴らし続けました。
今でなければいつ鳴らすのだと、カウベルに言われているような気分になったとかなっていないとか。
それでも仲間を労う気持ちで鳴らしました。
本来ならば私も参加していたはずなのですが、骨折のために出場を見合わせざるを得なかったのは本当に残念です。
その私の残念感を、帰ってくる選手達がいたわってくれているような気にもなっていました。
力をもらうというのとは違うのかもしれませんが、少し自分が癒されるのを感じていました。
そしてBさんが帰ってきます。
無事に帰ってくるだけで何よりですが、好記録でのフィニッシュでした。
Bさんは距離が短かった昨年のスカイマラソンに引き続きの完走でした。
昨年は宿に戻ってから帰りのバスまで35分しかなかったのですが*、今年は1時間以上の余裕をもってフィニッシュしました。

http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/06/21/001801
この大幅な上積みは純粋に素晴らしいと思います。
できれば来年は私も、出ないけど出るとか言ってないで、ケガから快復して出場できるようになっていれば良いのですが。