竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

地獄の休息ーcoast to coast 2017余録2

~coast to coast ~房総半島横断2017の装備などの余録です。
この記事を書いている日、東京は大雪で大変なことになっています。
ある程度無事に帰宅できた私は、不意の夜長を活用して記事の渋滞を少しでも解消したいと思います。

今回はテクニカのインフェルノ(INFERNO X-LITE 3.0)を履いて走りました。
2016年の夏に、当時は9月開催だったUTMF2016での使用を想定して購入しました。
結局、悪天候で短縮開催だったUTMF2016ではスポルティバのミュータントしか履かなかったため、当初の目的を達することはありませんでしたが、試走や練習山行では常に履いていました。
見た目よりも軽く、また、クッション性能が高いため足への負担も軽く、一言で言って快適なシューズでした。
グリップもプロテクションもしっかりしていて(ミュータントには負けますが…)、私好みのシューズです。
f:id:CHIKUSENDO:20180122210928j:plain
爪先とアッパーメッシュは、何度引っかけても破れませんでした。
その年のFTR100でレースデビューし、その前年よりも早くフィニッシュすることができました。
その後は奥三河パワートレイル2017、菅平スカイライン、信州戸隠で使用しました。
レースで履いた回数は多くないのですが、レース以外ではよく履いていました。
インフェルノをレースで適用する基準は、ミドルディスタンス以上、直前の天気が良く乾いたコンディション、走りやすそうなコースプロファイル、というものでした。
例外は信州戸隠で、コースプロファイルとしてはミュータントがよかったのですが、アキレス腱の負担を軽くするために履きました。
インフェルノは踵のクッションが柔らかく、アキレス腱への当たりが、ミュータントに比べれば格段に優しい作りになっています。
その当時アキレス腱周囲炎を抱えていた私にとって、最適のシューズでした。
インフェルノは故障した足の保護にも適しているのです。
モデル名の原表記はINFERNO、テクニカの母国のイタリア語では「地獄」という意味です。
文字通りならば地獄に両足を突っ込んでいるわけですが、その名に似合わず、とても快適なトレランシューズです。

今回の~coast to coast~房総半島横断2017は、上記インフェルノ適用基準にピッタリのレースでした。
結果として、私の故郷である千葉の山でいつも以上に走れるレースを展開できたのは、インフェルノのおかげでもあると思います。
最後は暴走と言えるくらいのペースアップにも応えてくれました。
戦績としても、故障でリタイアした奥三河パワートレイル以外は全て完走し、FTR100と菅平では自己記録を更新しています。
私にとっては「走破性」の高い、「走れる」シューズでした。
ミュータントの場合は「走破性」というよりも、「踏破性」といった方が適している気がします。
いずれにせよ、インフェルノの走破性は、非常に頼もしいものです。

しかし、比較的短期間で酷使したせいか、アウトソールのすり減りが無視できないほどになってしまいました。
f:id:CHIKUSENDO:20180122215824j:plain
踵のラグはいくつか磨滅して、前足部も著しく浅くなってしまいました。
信州戸隠2017では石を踏んだときのグリップの弱さを感じましたが、coast to coastでもその傾向は強くありました。
まだまだ履ける状態ではありますが、ラグの浅さに不安を覚えている状況では、安全な山行を保障することができません。
もったいないとは思いますが、一線を退かせることを決意しました。
実働は1年半と短期間ではありましたが、大変お世話になりました。
ありがとうございます。

インフェルノの第2の人生は既に決まっていて、レース前の移動用、もしくはレース後のリカバリーシューズにする予定です。
地獄の名を持つ靴ではありますが、休息用の靴として生まれ変わってほしいと思います。
たとえラグが磨滅しても、ビブラムのメガグリップソールは素材自体のグリップ力が高いので、街歩きならばなんの問題もありません。
これからも、色々なレース会場に一緒に行けたらいいなと思います。
靴が地獄なら、その外側の世界は地獄以外の何物かです。
そう考えたらどこに行くのも楽しみになります。


coast to coast 2017装備

頭:ノルディスク・雑誌付録のチューブマフラー、フィールズ・オリジナルのサンバイザー
首:フィールズ・オリジナルのバフ
シャツ:ノースフェイス半袖
アンダーシャツ:オンヨネ・ブレステックPPメッシュロングスリーブ
アームカバー:ファイントラック・アクティブスキン(ランナーズオリジナル)
ズボン:ノースフェイス・腹巻きパンツ
アンダーパンツ:オンヨネ・ブレステックPPメッシュトランクス
タイツ:スキンズ・A200ロング
靴下:C3fit・紙素材
靴:テクニカ・インフェルノ

リュック:オスプレー・デューロ6
雨具ジャケット:サロモン・ボナッティ
雨具パンツ:ノースフェイス・ストライク
ウインドジャケット:モンベル・エクストラライト
防寒具:モンベル・ウルトラライトダウン
水:ソフトフラスク500mL×2、250mL×2
その他:ファーストエイドキット、ヘッドライト、ハンドライト、予備電池、携帯充電器など…