竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

後の祭りは風味爽快ニシテー櫛形ウインドトレイル2017レポート3

8櫛形ウインドトレイル2017のレポート第3段です。
今週末は菅平スカイライントレイル2017が控えているため、櫛形の記事を早く書いてしまわないと、ネタの渋滞が始まってしまいます。
急がねば。
苦手だけど。

さて、第2関門でタイムオーバーした後は、羽黒エイドで飲食しながら回送車を待っていました。
回送車といってもチャーターバスではなく、レンタカーやスタッフの自家用車のようでした。
私達が乗ったのは銀のハイエース
ハイエースに乗るのは実に15年ぶりくらいだったと思いますが、リタイア収用車としてのハイエースは初めてでした。
羽黒エイドから谷戸の田んぼを抜けて行くと、最後のトレイルセクションの白鳥山や、最後の最後のロードを横目に会場に戻ります。
コースでは関門を突破したランナー達が、フィニッシュ目指して走ってます。
みんな走ってる、走ってる!
そう思うだけでなんだか感慨深くなります。
私はどうも、トレイルランナーをみると勝手に感動してしまうようになっているようです。
それが何から来ているのかは定かではありませんが、仲間意識の一種であるとは思います。
仲間と言えど、彼らは風の中で汗を流し、私はハイエースの中で汗臭さを振りまいているくらいの違いはあり、そしてほとんど面識もないのですが。
それでも全員無事にフィニッシュすることを願わずにはいられないのです。
私の仲間って、いったいなんなんでしょう。
そのうちにハイエースが会場の道の駅たいないに到着して、ここで本当にレースが終わりました。
最後はあっけなかったですが、櫛形山脈はなかなか気持ちのよい山でした。
近くにあったら通いつめるかもしれません。

さて、レースが終わった後も、おうちに帰るまでがまた一仕事です。
片付け・身支度・移動と、けっこうな大仕事が待ち構えています。
このレース後の一連の作業は、エイドワークにちなんでフィニッシュワークとでも呼べばいいのでしょうか。
私はいつも、トレランの興奮冷めやらぬ混沌とした頭でフィニッシュワークしていますが、正直言って苦手です。
面倒だから帰りたくない…。
ついそう思ってしまいますが、後泊でない限りは帰るしかないのです。
また、この日のフィニッシュワークは、ある意味レースよりもハードでした。

この櫛形ウインドトレイルは会場から最寄り駅までの公共交通や大会バスなどがなく、ホテルの送迎バスに頼るよりほかに手段はありません。
その送迎バスの出発は15:15、残り50分を切っていました。
荷物と参加賞のピックアップ、お風呂に入って荷物をまとめてバスの集合に向かう、という作業を、その間におさめなくてはなりません。
まずは、フィニッシュ会場に向かい、参加賞をピックアップして荷物のありかを尋ねました。
荷物預かりがなかったために本部テントに置いた荷物が、どこかに移動されていたのです。
結局、胎内観音の境内にある建物に移されていることがわかりました。
お風呂への導線としてはまずまずだからよかったものの、置いた場所に荷物がないというのは心臓に悪いものです。
二度とは経験したくありません。

お風呂は、会場と胎内観音に隣接しているクアハウス胎内という施設を利用しました。
バーデゾーンも備えた立派な施設でしたが、ゆっくりする時間はありません。
入場は14:30でしたが15:00には出なければ、送迎バスに乗る前に食事ができません。
私は、苦手な荷物整理と着替えとで前後の25分を使ってしまい、結局5分ほどしか入浴できませんでした。
浴場には海外からの参加者や山中で一緒だった人もいて賑やかでしたが、もちろんゆっくりはできず、カラスの行水でサッと上がります。

お風呂上がりに、ようやく一息つく余裕ができました。
バスの出発まで、10分ちょっとあります。
この日は胎内市の新緑祭も会場である道の駅で開催されており、それなりにお店が出ていました。
しかし、食べるぞと思いきや、お祭りも終盤だったのか、商品がけっこうなくなっていました。
Bさんはお風呂前から狙っていた米粉のたい焼きを食べられませんでした。
胎内の米粉は美味しいので、私も心残りではありましたが、食べられないものは食べられないのです。
この日は始めから終わりまで後の祭りです。
残念。

中条グランドホテルの送迎バスには朝と同じメンバーがそろっていて、海外の方も、行きの電車でも一緒だったなという方々も、揺られてホテルに帰りました。
このバスがなければ、会場から市街地に出てくる足はないといっても過言ではないでしょう。
それも含めて、中条グランドホテルには本当にお世話になりました。
レストランも安くて美味しいので、本当におすすめです。

ホテルからは徒歩で15分ほどかけて中条駅に向かいます。
途中で帰りの食料を調達するため、ウオロクというスーパーに立ち寄りました。
ここで「風味爽快ニシテ」という、サッポロの新潟限定「ビイル」の存在を初めて知りました。
500缶を3本調達し、中条駅16:06発の特急いなほにで胎内を後にしました。

帰りの新潟県内の車窓は、田んぼと山が目立ちます。
この日、夕方は雨上がりで空気が澄んでいました。
上越新幹線浦佐駅近くから見た、たぶん八海山だと思われる山には、5月も終わりなのに雪が残っていました。
f:id:CHIKUSENDO:20170608001752j:plain
風味爽快ニシテを飲みながら八海山を眺める。
今度は八海山を飲みながら八海山を眺めてみたいものです。
それはただの飲んべえか。
風味爽快ニシテ気分爽快。
それは森高千里か。