竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

取り急ぎ四谷千枚田ー奥三河パワートレイル2017速報

脚の痛みが原因で、47km過ぎのA4四谷千枚田でリタイアしました。
f:id:CHIKUSENDO:20170430202204j:plain
風景が美しかったです。
詳細はまた書きたいと思いますが、リタイアするなら四谷千枚田だと思いました。
オススメします。

ちょっとだけー奥三河パワートレイル2017

ただいま東海道新幹線豊橋に向かっています。
f:id:CHIKUSENDO:20170429084416j:plain
準備の記事でふざけすぎましたが、明日のレースに臨むからには、しっかりと目標を立てたいと思います。
三河パワートレイル2017は距離70kmで獲得標高3,700m、制限時間が13時間(時刻では19:30)です。
この距離と標高にしてはとても厳しい設定です。
一方の私は、長ければ長いほど遅くなるトレイルランナーです。
似たようなレースの例で、美ヶ原80Kに過去2回出て、どちらも制限時間までの余裕が1時間ありませんでした。
かつ、暑さにも弱いトレイルランナーなので、当日の最高気温20℃という予報が低めに外れればよいのですが、高めになるとだいぶ厳しくなります。
プラスで膝の痛みなどの諸条件を考慮して、5段階絶対評価の体裁で考えてみました。

5:12時間切りでフィニッシュ(18:30まで)
4:12時間30分切りでフィニッシュ(19:00まで)
3:13時間ぎりぎりでフィニッシュ(19:30まで)
2:最終関門を過ぎてタイムアウト
1:無事帰還のためにリタイア

5については、今の膝の状況では盆と正月とローマ法王が一緒に来るくらいの奇跡が起きなければあり得ないと思います。
正直なところ、私が本調子であっても難しいところでしょう。
4が高めの目標として現実的かなと思いますが、やはり膝の不安があるため、まあダメだろう、というところでしょう。
是枝裕和監督風に言えば、こういう現実的な目標タイムに、私は、いつもちょっとだけ間に合わないのです。
3は及第点でもあり、今回の真の目標です。
自分の身体に充分に相談しながら、ちょっとだけでも間に合わせたいと思います。
2の要諦は、間に合わなくても最後までフィニッシュを目指せるのなら、目指すだけの意志の力が自分にあるのかだと思います。
完走ポイントを獲得できなくとも、踏破する意志を持ち続けることができるか。
ある意味、これが一番きついかもしれません。
1は、突き詰めれば自分をどれだけ大事にできるかということなのだと思います。
痛いのに突っ込もうとする自分にブレーキをかけて、自分とどっぷり向き合って、自分を納得させて、レースから降りることができるか。
これも辛いだろうなと思います。
かつて比叡山インターナショナルをリタイアしたときの、自己否定と自己肯定の狭間にあるふわふわした気分を思い出します。
まあ、まだリタイアどころかスタートもしてないのにそんな気分思い出す必要はありませんが…。

かつて教員を目指していてなれなかったのでサラリーマンをしている私は、こうした通知表っぽく見えなくもない体裁で評価尺度を考えるのが好きです。
ただ、評価尺度とその要項にそって自分の経験を評価しても、結局経験そのものが持つ意味を全て表すことはできないのだなと、今では思います。
経験そのものが身体に刻んだものは、経験の断片を切り取って記述する「評価」とは、違う次元にあるものでしかとらえられないのではないかと、身にしみて思います。
私の場合、山でショボいレースをして自分自身に赤点をつけても、あとで思い返したら何でもいい思い出になってしまうのです。
まあ、あとで思い返したらって、まだスタートもしてないのにスタート前から逃げを打っているのではないか、その批判はあたるかもしれません。
でも、個人の人生の時間軸のなかで、経験の捉え方はいかようにも変わっていきます。
明日は、はたしてどんな経験をすることになるのでしょう。
どうなってもいいけど、でも最後には、ちょっとだけ間に合っていたいのです。

準備は播但線ー奥三河パワートレイル2017

明後日に迫った奥三河パワートレイル2017の準備中ですが、最大の懸案だったアプローチの飯田線土砂崩れ問題の解消が早まりました。
おかげで無事に、湯谷温泉までのワイドビュー伊那路の指定席を購入できました。
アプローチの準備は播但線です。
他の装備も食料もほぼ準備播但線です。
いい加減しつこいですね…。
新しく購入したものや新しい試みもあり、それが吉と出るか凶と出るかが楽しみです。
楽しみなのはエナジーみそ飛脚。
f:id:CHIKUSENDO:20170428014632j:plain
味噌好きなトレイルランナーである私は、2016年の美ヶ原で食べてる人を見て以来気になってたのですが、先日川口のRUNARXで偶然見つけて購入してしまいました。
これはぶっつけ本番で味わってみたいと思います。
マップケースもセットが終わり、準備、万端。

しかし、本来はトレイルランニングのブログなのですが、ふざけすぎて鉄道ギャグブログになってしまいそうで怖いです。
とはいえ幸いなことに、私にはこれ以上に鉄道ギャグの持ち合わせはありません。
備忘録としての本題に戻っていきたいと思います。

いつも問題となる靴選びは、テクニカのインフェルノにしようと思っています。
f:id:CHIKUSENDO:20170428015639j:plain
ケガからの回復が遅れているので、できればクッション性の高いインフェルノで、足をかばいながら走りたいと思います。
未知の山域なので、どんな山道でも走破できるスポルティバのミュータントという選択肢も捨てがたいのですが、FTR100K2016の泥の滑り台と化していた鳥首峠や有馬峠を乗り切ったインフェルノに期待を懸けてみます。

ケガといえば、1月の高尾山天狗トレイルで負傷した左膝は、着実に回復してはいるものの、時折刺すように膝周辺の筋肉に痛みが走るなど、本調子にはまだ程遠いものがあります。
青梅高水の30kmは走れたものの、奥三河パワートレイルは完走の厳しさで有名なため、不安の二文字しかありません。
特別な治療はしていないのですが、それでもスポットでトレーナーに調整をしてもらってはいます。
トレーナーといってもパーソナルトレーナーのような大げさなものではありません。
通っているジム所属のスポーツトレーナーに、1時間貸し切りでストレッチという名のマッサージをしてもらっています。
パーソナルストレッチ、という名目なのですが、私に関してはスポーツマッサージそのものです。
昨年2016年はUTMF、ハセツネ、FTR100Kと、ロングレースの前後に調整とケアをしてもらっていました。
今回も25日に、負傷部位中心の調整とセルフケアの方法の伝授などをしてもらってきました。
加えて、意識する動きや筋肉なども一緒に確認してくれるので、本当に助かっています。

今回は、膝のケガの影響で走る練習はほとんどできていませんが、他の準備は概ね順調でした。
走るのが一番大切な準備であることはわかってはいるのですが、走れないときは走れないので、それはそれで受け止めるしかないのです。
でも、走る以外の準備は播但線、万端です。
走れないなりに山を満喫してきたいと思います。

そんなの飯田線ー奥三河パワートレイル2017

4月30日開催の奥三河パワートレイル2017の会場である湯谷温泉には、その前日、4月29日に入る予定です。
いつもは指定席を取ることなどほとんどないのですが、今回は友人と二人旅なので、一昨日の4月24日に乗車券と指定席特急券を買いに行きました。
8:33東京発のひかりの指定席は、離れた席しかなかったとはいえ、なんとか押さえました。
今日4月26日の時点ではわかりませんが、指定席の一昨日の状況はそんなところでした。
ただし、豊橋駅から乗車予定だった10:08発のワイドビュー伊那路特急券が買えませんでした。
理由は、ワイドビュー伊那路が走る飯田線が土砂崩れで部分的に繋がっていないことにありました。
その日の特急自体、運行が未定なのです。
ただし、豊橋湯谷温泉間は、各停ならば電車が通っているようです。
詳細はJR東海のページで確認ができます。
http://sp.traininfo.jr-central.co.jp/iida/index.html

完全復旧は29日の予定だそうで、ちょうどいいといえばちょうどいいのですが、ワイドビュー伊那路が走るどうかは未確定です。
伊那路に乗れば、湯谷温泉には10:53分に着くため、かなりの余裕をもって過ごすことができます。
指定でなくてもかまわないので、是非乗りたいものです。
と思ったら、数日前の報道で、飯田線の月内復旧を断念した旨の記事がありました。
JR東海の公式発表は29日復旧予定とのことで、日付的にもこちらの情報が新しいのですが、微妙な違いが逆に気になります。
ゴールデンウィークに復旧できないなんて、そんなの言い出せん(飯田線いいだせん)、みたいな鉄道ギャグ的忖度が働いてるのかと思いましたが、どうなることでしょう。
今後の動向を注視したいと思います。

そういえば、準備万端(播但ばんたん)線、という鉄道ギャグの存在を聞いたことがありますが、それもトレイルレースに絡んだ旅でのことでした。
播但線に乗るという話をしたら、鉄道好きな同僚が教えてくれました。
2013年に兵庫県北部の神鍋高原で開催された山陰海岸ジオパークトレイルランニングレースの出場後に、改修工事中だった姫路城を見に行くため、ゴトゴト揺られた電車が、兵庫県の南北を繋ぐ播但線だったのです。
当時は天守閣の改修作業が間近で見られる「天空の白鷺」があった頃で、これを見られたことはこの先の人生を考えても得難い貴重な体験だったと思っています。
レースに絡んだ旅では、せっかくの遠出だからと思いきって周辺に足をのばすことができるので、一石二鳥なお得感があります。
昨年は上田バーティカルのレース終了後、上田を観光してから、篠ノ井線に乗り継いで松本まで行きました。
今回もレース後に一泊するので、豊橋など観光できればよいなと思っています。
そんな旅を楽しむためにも、準備は播但線、忘れ物なんて、そんなの飯田線
おあとがよろしいようで。
というか、ちゃんと復旧するかな。

春の嵐ーヘッドライト考

先日、新しいヘッドライトを誕生日プレゼントとして買ってもらいました。
ブラックダイヤモンドの新型ストームです。
f:id:CHIKUSENDO:20170417212850j:plain
手前が新型で奥が旧型、ストームの新旧リレーになりました。
このモデルはその名の通り、嵐のような悪天候への耐性が強いのが最大の特徴です。
今までもこれからも頼りにしております。

旧型は2012年に使い始めたと思いますが、レースで本格的に使ったのは2013年のハセツネが初めてでした。
この時は、初の長時間使用で液漏れを起こし、真夜中の金比羅尾根で点灯しなくなってしまいました。それはなんともきな臭くて、ある意味華々しいデビューでした。
レース後に掃除して何とか使えるようにしましたが、長くは使えないだろうと思っていました。
f:id:CHIKUSENDO:20170419010112j:plain
端子が一部腐食していますが、これはその時の液漏れによるものです。
しかし、こんな状態でも、その後3年以上に渡って大きな不具合なく使い続けることができました。
その間、負荷の大きいオーバーナイトのレースでは、ハセツネを4回とFTR100を2回経験しています。
2016年のFTR100のレース終了後に点灯しなくなり、その寿命を終えました。
もっと早い別れを覚悟していましたが、これが天寿だったと思いたいです。
本当にお疲れ様でした。

そういえば不具合ではないのですが、旧型ストームの外殻に、私の不注意でヒビを入れてしまったことがありました。
旧型ストームは電池交換の際、本体をネジで開閉する方式でしたが、このネジを強く締めすぎて外殻を割ってしまったのです。
f:id:CHIKUSENDO:20170419010941j:plain
ネジと緑色のボタンの間に割れ目が入っています。
ビニールテープで応急措置をしてごまかしていましたが、
f:id:CHIKUSENDO:20170419010805j:plain
これが意外とはまっていたため、恒久措置となりました。
新型ストームはこのネジ問題がなくなり、レバーで簡単に開閉できる仕様になっています。
f:id:CHIKUSENDO:20170419011912j:plain
写真右寄りの、角のように出っぱっているのが開閉用のレバーです。
この仕様変更が、今回またストームを使用することにした一番の決め手になりました。
ネジ式のままだったら、多分ペツルの新作にしていたでしょう。
というのも、不注意なトレイルランナーである私は、ネジ式だと電池交換の際、ネジを無くすのではないかと気が気でならなかったのです。
また、私はめんどくさがりなトレイルランナーでもあるため、ネジを回すのがいちいちめんどくさかったのです。
レバー式であればそのどちらも解消できます。
願ったりかなったりでした。

また、単純に単4電池しか使わない仕様であるということも、私に合っていると思います。
ブラックダイヤモンドだと単4電池の他に直接充電できるタイプとしてリボルトがあり、ペツルの新作ではやはり単4電池と専用充電バッテリーが併用できるモデルがありました。
正直、ペツルの新作にはかなり心ひかれていたのですが、電源の種類が増えてしまうことがどうしてもネックとなりました。
専用バッテリーは便利ではありますが、充電忘れのリスクがあります。
そして、山行前に電池とバッテリーの2種類を用意しなくてはならないのは、不注意でめんどくさがりなトレイルランナーである私にとって、決して小さな障害ではないのです。
サブライトにしているモンベルと、ハンドライトのジェントス閃が単4電池仕様ということもあり、単4電池だけ用意すればよい、という作業が単純化された状態を作りたかったのです。
ライトの準備では特に忘れ物が許されないですし、忘れ物をすると本当に心がへこみます。
そういう失敗を避けるための単純化が、私にとっては必要なのです。
と、電車内にした忘れ物を1時間半ぐらい先の終点の駅まで取りに行った帰り道の電車に揺られながら、しみじみ思うのです。
へこむ…。

ソールラブー青梅高水山トレイルラン2017余録

青梅高水山トレイルラン2017の装備備忘録です。

靴:ゲルフジアタック4
靴下:ドライマックス
足首:ニューハレ・Xテープ1重
膝:ニューハレ・Vテープ
脚:スキンズ・ロングタイツ
ズボン:ノースフェイス・腹巻きパンツ
アンダー:ファイントラック・スキンメッシュ
シャツ:マムート半袖ジップネック
アームカバー:ファイントラック・アクティブスキン
手袋(必携品):サロモン
帽子:ロウアルパイン
サングラス:スワンズのイエローグラス
リュック:フリューイッドレースベストパック
水分(500mL以上必携):ソフトフラスク500mL×2、250mL/150mL各1

ゲルフジアタック4については、3シーズン目にして初めて気がついたことがあります。
ふいに木の根を踏んでしまった瞬間の、あのズルっと言うよりも、スルッとしたすべりやすさです。
今まで気づいていなかったのですが、恐らくこれまでは、ウェッティだったりマッディだったりするトレイルでのグリップのよさに目がいっていたのかもしれません。
スルッという感覚の原因は、ゲルフジアタック4のソールパターンにあります。
ゲルフジアタック4は、きれいな放射状のソールパターンを持っています。
f:id:CHIKUSENDO:20170411222931j:plain
この放射状のブロックと適度なラグの深さが、ゲルフジアタック4の泥んこトレイルでのグリップのよさを実現していたのだと思います。
放射状のパターンは前後左右の水はけを生み出して泥を噛み、加えて表面積の大きさで泥をつかむ、そんな形状なのだと思います。
ただ、木の根の場合はその表面積の大きさが仇になっているような気がします。
木の根のような摩擦力の弱めなものに対して、放射状のパターンのような前後の長さがあるものが乗っかると、その長さの分だけ滑ってしまっているのだと思います。
そこに今回、初めて気がつきました。

スポルティバミュータントのソールパターンでは、それぞれ独立した爪のようなブロックパターンになっているため、前後の長さがありません。
f:id:CHIKUSENDO:20170411224855j:plain
そのため、木の根などを踏んづけても、ブロックとブロックとの間に踏んだものが挟まりやすくなっています。
実は、現行のゲルフジアタックでは、ゲルフジアタック4のような放射状のパターンではなく、ミュータントのような、独立した爪が並ぶパターンを採用していることは把握しています。
ゲルフジアタック4の放射状のパターンは、恐らく私がやっとこ気づいた難点に早くから気づいた方の意見を取り入れて改良され、すでに過去のものとなっていたのです。

私のゲルフジアタック4は、デビューした雨の美ヶ原2015で、私をノーこけでフィニッシュまで導いてくれました。
その記憶が強かったので、ゲルフジアタック4=グリップが強い、という図式が出来上がっていたのだと思います。
あとは、美ヶ原2015以降ショートレース専門シューズにしたこともあり、難点が見つかりにくかったのかもしれません。
そして、初めてあの放射状のパターンを見たときの衝撃が忘れられません。
雪の結晶のような、幾何学パターンに心を奪われたのです。
機能美とは、このソールパターンのことを言うのだなと思いました。
難点に気づいてしまいましたが、履けなくなるまでは私のローテーションシューズとしてフル回転してもらいます。
f:id:CHIKUSENDO:20170411230240j:plain
ミュータントとともに、私の足を守り続けてほしいと思います。

比べてみると弁証法ー青梅高水山トレイルラン2017レポート2

今年はハセツネ30Kのエントリーを忘れてしまったため、シーズンインのレースに青梅高水山トレイルランの30kmを選びました。
この大会への参加は5年ぶりでしたが、去年まで4年間出続けていたハセツネ30Kとの違いが興味深く感じられました。

会場の雰囲気については、色々なところで言われていることだと思いますが、ハセツネ30Kはピリピリした印象が年々強くなっています。
ハセツネの予選会的色彩が濃くなってしまったので、必然的に競技性の高いランナーが集うようになってしまったのでしょう。
私のような緩めのトレイルランナーでも、1,000番以内なんて基準を示されたら、周囲と競いたくなってしまいますし、実際競います。
その競技性の高さに加えて、もう一つ会場の雰囲気に繋がっているのは、会場自体の狭さです。
1,700人の参加者に対して、明らかに会場が狭いと思います。
狭さが参加者の神経を余計に昂らせて、ピリピリ感を増幅させているのだと思います。
その点、青梅高水の会場は広々としていて、気持ちに余裕が持てます。
ハセツネ30Kは参加者の数を見直したほうがよいと思います。
ただ、青梅高水の会場の難点は、男子更衣室がないこと。
私はフィニッシュ後の着替えをあきらめたので特に困らなかったのですが、家族連れの応援も多かったので、教育的にはどうかと思いますよっ!
おじさんになりかけた男子でも、恥ずかしいものは恥ずかしいのです。
できたらでいいのでお願いしたいと思います。

ルールに対するペナルティについては、主催者の考え方の違いが面白かったです。
有名な話ですが、ハセツネ30Kの2016年大会で、男女の1位でフィニッシュしたランナーが二人とも必携品不携帯で失格になりました。
青梅高水では、必携品不携帯のペナルティはレースタイムへの5分加算です。
同じ必携品不携帯という違反でも、対応がずいぶん異なります。
これは主催者のレース観に依るところが大きいと思います。
違反者を、競技から排除するか、競技の中で罰するか、の違いといえるでしょう。
安全観の違いとも言えるでしょう。
日本山岳協会の傘下で開催されるハセツネ30Kは、登山者として雨具も充分な水も持たずに山に入ることは許されない、そういう観点だと思いますが、私はその考えに全面的に賛成です。
登山者としての最低限を守れないのなら、山に入るべきではないと思います。
それはひとえに登山者の生命を守るためです。
守れなかった人間の資格を剥奪するのは、この理路を採用すれば当然なのだと思います。
この適用のあり方は、あってはならない、という考えに基づいたものであると言えます。
ひるがえって、青梅高水を主催するKFCの考え方はトレイルランレースの競技としての側面に沿ったものであると思います。
はしょって言ってしまえば、やってはならない、という考えに基づいたものなのだと思います。
やってはならないという考えには、やってしまうという前提が含まれています。
そして、誰かがやってしまったら、誰かがやらせてしまったということなのです。
やらせてしまった側としては、今さら排除せず、やってしまった人に罰を与えることで、やらせてしまった自らも罰することで、違反者も包摂する理路なのだと思います。
排除のハセツネ30K、包摂の青梅高水と言えるのかと思います。

排除と包摂、というと二項対立のようになりますが、私自身は対立よりも、排除(もしくは排除する努力を)して包摂する二階建ての基準を模索したいと考えています。
私の考えではそもそも、あってはならないという理路が成り立たないのです。
人間が言葉で表せる程度のことなど、「ある」から言葉で表せるのです。
この理路は私のオリジナルではなく、漫画家・業田良家さんの『悲劇排除システム』にあった言葉だと思います。
ややこしいのは、あってはならない、という前提が成り立たないのと同時に、あってはならないという前提、は「ある」のです。
端的に言えば、排除も包摂もそれが言葉である以上、あるものはあるのです。
人間の営みは、このらっきょうの皮むきに似た堂々巡りの中にある中庸を探ることで成り立っているのだと、私は思います。

抽象的な話ばかりですが、ルール違反に対して具体的にどう対処するかを考えてみます。
まずはUTMFのように、必携品不携帯のランナーはそもそも出場させないというスタンダードと、しっかりしたチェック体制の確立が必要だと思います。
ハセツネ30Kのチェック体制は、厳格なルールに対しては手ぬるいと思います。
チェックは通りいっぺんです。
通過後に再チェックすることはほとんどありません。
あってはならない、に基づいた対応は、やらせてはならない、という規範に結び付かないのです。
そして、やらせてはならないようにしても、やるやつはやるのです。
そのやってしまった彼や彼女も、またレースの一部であると私は思います。
排除せずに、適切に罰を与えたいと思います。
青梅高水は5分のペナルティタイムを「バンバン付けます!」と開会式で明言していました。
それに倣うと、ハセツネ30Kの違反行為には、順位を男子に1,000番と女子に100番追加すればいいのだと思います。
こちらもバンバン付ければいいのです。
予選会と化したハセツネ30Kにおいて、本戦出場権を自動的に剥奪することは、違反者に対して大きなプレッシャーになると思います。
完走した事実は認めても、本戦の優先出場権は認めない。
排除と包摂の弁証法、もしくはバンバン付けます大作戦です。
私なりの見解です。