竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

自信がないー信越五岳2019エントリー見合せ記

信越五岳トレイルランニングレース2019の100マイルの部の一般エントリー枠は、5月23日12:10頃にはまだ残っていました。
f:id:CHIKUSENDO:20190523122353j:plain
主催の石川弘樹さんの5月23日のtwitterによると、8:30の時点で残り1名だったそうです。
12:50頃に再度チェックしたら、一般枠のエントリーが締め切られていました。
私は110kmのクリック合戦には敗れたものの、100マイルにはエントリーできる状況が数日続いていました。
悩みに悩みました。
ブラウザのタブをつなぎっぱなしにして、エントリーボタンを見つめる日々でした。
定員に達したことがわかったときは、ほっとしました。
自分がエントリーしたくてもできない状況になったことに、安堵の念を覚えました。

私は100マイルレースへの出場経験がなく、強い憧れを持っています。
UTMF2016には出場しましたが、スタートから短縮レースとして開催されたため、100マイルに挑んだ感覚がありません。
また挑めるものなら挑みたいと強く思います。
強い憧れがあったのになぜエントリーしなかったのかというと、参加資格である「制限時間内に完走できる自信」がなかったからでした。
ちなみに100km以上の大会完走経験は、2015年と2016年のFTR100で満たしています。
足りないのは「自信」だけですが、これだけはどうにもならないのです。

信越五岳の100マイルは制限時間が33時間と、UTMFの46時間に比べて、格段に短く設定されています。
UTMF2016に参加した際に立てた計画では、早くても40時間程度かける予定でした。
私は元々、距離が長くなればなるほど成績が悪くなっていくタイプのトレイルランナーです。
簡単に言えば、ロングレースが苦手なのです。
また、骨折でほぼ1シーズンレースに出られない時期もあり、トレイルの走力への自信がどうしても持てなかったのです。
いくら信越五岳が走りやすいと言えども、33時間で完走できるんだと、思い込むことができませんでした。
自信は後からついてくるものだ、なんてことはよく言われていることですが、そういう後付けの自信とは話が別のものだと思います。
また、たとえ後付けができても、先取りができるというものではないでしょう。
自信は、未来に対する心の構えであると私は考えています。
現時点で自信がなければ、それは仕方ないのです。
いつか、完走できる自信をつけてこの舞台に立ちたいと思います。
f:id:CHIKUSENDO:20190524124237j:plain
やはり精進あるのみかな。

補給とフォームーチャレンジ富士五湖100km2019余録2

ずいぶん間が空きましたが、初のロードのウルトラマラソンだったチャレンジ富士五湖の100kmの部を走って、気がついたことをとりとめなく書き留めておきたいと思います。
特に、補給とランニングフォームについて感じたところを記録しておきたいと思います。

【補給】
今回ジェルを10本持って走りました。
スタート直後を含めて、10kmごとに1本の割合で摂取する予定でした。
その他はエイドの食料でまかなうつもりでした。
チャレンジ富士五湖はエイドが充実しているという評判で、始まる前は色々食べようと思って意気込んでいました。
しかし、予想外に食欲がなく、固形食ではバナナ、オレンジ、ミニトマト、吉田うどん、あんころもち、おかゆぐらいしか食べられませんでした。
書き出してみるとそれなりに食べたように見えますが、エイドの数が多い中、これだけしか食べることができなかった、というのが感触としては大きいです。
私はウルトラトレイルのエイドではいつも結構な量を食べますが、今回は予想外に食べませんでした。
トレイルとロードの違いは、食べた後にどれだけ消化に時間を割けるかというところにあると思います。
トレイルの場合は歩いている時間がかなりあるため、その時間を消化にも使えますが、ロードでは走りながら消化しないといけないため、ゆっくり消化することができません。
今回私は、パンやドーナッツ、洋菓子など、手の込んだ調理がされたものを避けていました。
果物類や、シンプルで食べやすい、うどん、あんころもち、おかゆには自然と手が伸びたのですが。
走りながら消化しやすいだろうと思われるものにしか、食欲がわきませんでした。
もしかしたら、後半のペースダウンの原因のひとつに、この誤算による補給不足があったのかもしれません。
やっぱり私は、食べないと力が維持できないタイプのランナーなのだと思わされました。

【フォーム】
埼玉県川口市のランニングショップ、ルナークスランニングカンパニーが主催するイベントのひとつに、小川壮太さんのランニングレッスンがあります。
私は去年から折を見て参加していました。
小川壮太さんのレッスンは、端的に言えば「楽に走る」ための方法論を教えてくれます。
「楽」というのは効率よくとか、身体に負担をかけずにといったような意味合いですが、そのためのフォームを教わったことが、今回のウルトラマラソンの完走にとてつもなく効きました。
このフォームの一番のポイントは、身体の真下に足を下ろすということだと私は思っています。
実際はもっと色々な要素があるのですが、興味のある方はぜひレッスンに出ることをおすすめします。
ともあれ、楽なフォームを身につけることの大切さを、実際にウルトラマラソンを走って実感しました。
途中失速はしているのですが、100kmもの間持ちこたえることができたのは、このレッスンのおかげだと思っています。
もちろん、小川壮太さんの方法論だけが唯一の正解ではないのだろうとは思いますが、それでも私にとっては基礎を学ぶよい機会でした。
また、この100kmを走ったことで、だいぶフォーム固めができたのではないかと思っています。
これだけ長時間練習できることはなかなかないので、練習機会としてウルトラマラソンは効果的だなと思いました。
ランニングをはじめてから今年で8年になりますが、やっと自分の土台ができたような気がしています。

手袋ありますー成木の森トレイルラン2019余録

第9回TOKYO成木の森トレイルランの装備などの余録です。

頭:パタゴニア・メッシュキャップ
首:手ぬぐい
シャツ:アシックス・半袖Tシャツ
サングラス:スワンズ・イエローレンズ
アンダーシャツ:ゼロフィット
アームカバー:スキンズ
手袋:デマルキ
ズボン:ノースフェイス・腹巻きパンツ
アンダーパンツ:ゼロフィット
靴下:C3fit・紙ソックス
靴:コロンビアモントレイル・カルドラド2
リュック:オスプレー・デューロ6
雨具ジャケット:サロモン・ボナッティ
雨具パンツ:ノースフェイス・ストライク
水分:ソフトフラスク500mL×2、250mL×1
その他:ファーストエイドキット、ライト、予備電池、携帯充電器など…

この成木の森や青梅高水などのKFC主催のレースでは、手袋の着用が必須とされます。
スタート前には「手袋ありますよ!」と、着用していない選手に対して軍手を配っていました。
手のケガのほとんどは手袋の着用で防ぐことができる、という主催者の信条がよく現れている光景でした。
特に手のひらをケガすると止血もしづらいので、防げるものなら防ぎたいものです。
私個人としても、山ではトレランに限らず、走らない登山でも必ず着用しています。
ただ手袋は、忘れやすいもの、なくしやすいものです。
以前、美ヶ原トレイルランのレース後に2回(2015,2017*)もなくしました。
2回ともサロモンの指切りタイプで、悪天時にはミトンとして使えるものです。
安いものではないのでさすがにへこみました。

http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/07/15/012715

そんな手袋ですが、今回はイタリアのサイクルウェアメーカー、デマルキの指切り手袋で出場しました。
f:id:CHIKUSENDO:20190520220705j:plain
私は全く自転車に乗らないのですが、サイクルウェアは好きで、よく売り場を眺めにいきます。
特にサイクルジャージは背中のポケットが便利なので愛用しています。
デマルキというメーカーは、2,3年前に近所の飲み屋でひょんなことから日本の代理店の方と知り合ったことで、初めて知りました。
特にサイクルジャージは肌触りがよくて着心地がよく、先日のチャレンジ富士五湖100kmの後半を、ウェアのストレスなく走ることができました。
実店舗は京都にあり、実家に帰省する際によく立ち寄っています。
自転車に乗らない私のような客であっても、親切に色々なことを教えてくれる素敵な方々です。
興味のある方は是非ご覧ください。

デマルキ京都店
https://www.demarchi.kyoto/

セルフコントロールー成木の森トレイルラン2019レポート2

第9回TOKYO成木の森トレイルランのレポート第2段です。
10:00にスタートしてから、折り返し点のある棒ノ嶺に11:51に到着しました。

ここ棒ノ嶺は私の好きな山で、レース(FTR名栗)も含めれば5回以上は訪れているでしょうか。
f:id:CHIKUSENDO:20190517092305j:plain
晴れた日の開けた眺望が気持ちのよい山です。
これまでは名栗の白谷沢コースからしか登ったことがなく、高水山からの縦走は初めてでした。
大きめのアップダウンで体力は削られそうですが、なかなか楽しい道のりでした。
トイレが常福院にしかないのが残念ですが、練習でも来たくなりました。

棒ノ嶺では補給をしながら数十秒休みました。
これから始まる下りが心配でしたが、ここまで来てしまったら進む以外の選択肢はありません。
登りのイケイケモードから、下りの慎重モードに
気持ちを切り替えて出発します。
下り始めはちょうどお昼時でもあり、多くのハイカーが歩いていました。
距離を取りつつゆっくり下ります。
名栗からの登山道と合流する権次入峠までは、そんな調子で、そこからは登りの選手とのすれ違いに気を配ります。
イカーに対してほどは気を使うことはありませんが、接触のないよう、スピードと距離感に気をつけて走ります。
黒山に戻るまでは急斜面が多いので、その分余計に注意して下りました。
黒山からは下り専用のコースに別れます。

折り返し点から先、コースはほぼ下り斜面となります。
登り返しは数箇所あったかどうか、とにかく長い下りが続きます。
昨年骨折してから山の下りが怖い私ですが、新しい下り方を試みるよい機会でもありました
新しい下り方というと大げさなのですが、重心が前にかかるのではなく、身体の真下に来るように意識を向けるようにしました。
これは小川壮太さんのランニングレッスンで教えてもらったことなのですが、ごく簡単にいうと身体の真下、鉛直方向に足を下ろす意識で走るとランニングの効率がよいとのことです。
効率のよさと下りの怖さの克服は関係のないように思えますが、私にとってのポイントは真下に着地することで、それによって転倒時のリスクを軽減することにあります。
身体の真下、鉛直方向に重心があれば、つまづいたり滑ったりしたときに、前のめりで倒れるリスクを軽減することができます。
私は山道の下りで前のめりに倒れたことによって、左腕の上腕骨を骨折しました。
前のめりの転倒は大ケガに繋がるリスクが高いのです。
鉛直を意識することはリスクマネジメントとして私には必須で、かつランニングの効率がよいのならば一石二鳥です。

ただ、身体の真下、鉛直を意識するのはよいとして、具体的には身体のどの部分をどう動かせばよいのでしょうか。
私の場合はまず、体幹を真っ直ぐに立てることを意識しました。
身体に一本真っ直ぐな棒が通ったようなイメージで、鉛直方向に真っ直ぐを意識して体幹を立てます。
その次に、足をその体幹の真下に下ろします。
もしかしたら下ろすというよりは、落とすに近いようなイメージでしょうか。
これらは壮太さんに習ったことをできるだけ忠実に再現するようにしただけなのですが、身体の運び方に心を配りました。

また、転倒時のリスクマネジメントとしては、重心とともに、スピードのコントロールも大事になります。
今年のおんじゅくオーシャントレイルのアフターレース交流会で、鏑木毅さんから、自分でコントロールできるスピードを越えてしまうと大ケガに繋がりやすいので、コントロールの意識を忘れないで、というアドバイスをもらいました。
そう、セルフコントロールが大切なのです。
この日のセルフコントロールの対象は、重心とスピードの両方です。
セルフコントロールTMネットワークのメロディに乗せて、例のごとく頭のなかで呪文のように無限ループさせました。
頭のなかはセルフコントロール一色に染まっていました。

ただ、そうやって適度なスピードで真下に着地していくと、意識し続けている分、頭は疲れますが、脚や足にはそれほど負担がかかりませんでした。
やはり効率のよいランニングフォームなのだと思います。
直近のレースであるチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンが、フォーム固めの練習として効を奏したのかもしれません。
このレースの下りはテクニカルな場所もあって、それなりに怖い箇所もあったのですが、フォームを崩すことなく、そしてこけることなく下りきれたのは本当に嬉しかったです。
フィニッシュタイムは2時間46分25秒、今の自分の実力は出せたのかなと思っています。
そんなわけで、祝杯は青梅の地ビール
f:id:CHIKUSENDO:20190517194742j:plain
カラカラの身体にしみわたりました。
美味しゅうございました。

それにしても今回のレースでは、今まで味わっていたトレイルランニングの楽しさとはまた違う楽しさを感じました。
復帰第一戦のおんじゅくオーシャンはもう無我夢中で、復帰できたことへの単純な嬉しさがありました。
今回は下りへの恐怖心との付き合い方を身につけるためのレースで、なんとか目標を達成できたのだと思います。
正直な話、骨折する前と同じようには楽しめなくなっています。
それでも、下りのスピード感を楽しむことを諦めたとしても、セルフコントロールをし続ける楽しみができました。
意識と身体が1つになったような感覚を楽しむことができた気がします。
これを身心一如の境地と言ってもいいのではないか、そう思いました。
そして、今の私の状態でも、トレイルランニングの楽しみを享受することができるんだという嬉しさ、それが何よりの収穫でした。
次も同じように楽しみたいと思います。

あの小さなじゅもんー成木の森トレイルランレポート1

第9回TOKYO成木の森トレイルラン20kmの参加レポート第1段です。
この大会には初参加でした。
会場の成木の家近辺には、青梅線河辺駅から大会専用バスに揺られて25分前後で到着しました。
私はたまたま乗車待ちがほとんどありませんでしたが、結構長い行列ができていたため、早い時間に河辺駅に到着している方が無難かもしれません。
成木の家から荷物預かりのある製材所までは歩いてすぐです。
f:id:CHIKUSENDO:20190516183459j:plain
途中の橋の欄干には横断幕がかけられていました。
少しずつ気分が盛り上がってきます。
製材所で参加賞を受け取り、朝食を済ませて荷物を預けました。
その後は成木の家に戻り、トイレを済ませてスタートラインに並びました。
この流れで準備すると合理的だったので、次回以降もスタート前の準備は同様にしようかと思います。

レースは10時にスタートしました。
始めは林道の登りを4kmほど走ります。
傾斜の急な場所もありましたが、歩くことなく走るようにしました。
昨年骨折してから山の下りが怖くなったため、後半の下りはスピードに乗れないだろうと思っていました。
それならば、怖くない登りは走っておこうという魂胆です。
晴れて気温が上がってゆくなか走り続けるのはそれなりにしんどかったのですが、今でなければいつ走るんだ、とスタート直後から自分に鞭を入れます。
そんなときに役に立つのは、頭のなかで唱え続けるお経のような呪文のような言葉たちです。
今回は「上げない下げない」と唱え続けました。
傾斜が楽になってもスピードを上げずに、急になっても下げずに、ただ淡々と前に進むことだけを意識しました。
元々私は登りを走ることもイーブンペースを維持することも得意ではないのですが、あえて登りを走り続けると決めた以上は苦手も何もありません。
ウルトラマラソンの経験からも、走り続けるためにはイーブンペースの方が楽なはず。
苦手なイーブンペースを意識し続けるために手っ取り早いのは、頭のなかで無限ループさせることです。
この日の1つ目の呪文は、林道を終えて高水山常福院のエイドに着くまで唱え続けました。
f:id:CHIKUSENDO:20190516191209j:plain
常福院にはスタートから36分で到着しました。
ほぼ想定通りのペースです。

常福院を出ると、本格的な山道に入ります。
しばらくは登り基調のため「上げない下げない」はまだ唱え続けています。
山道では登りを歩くランナーが増えるため、そこは遠慮なく追い抜かせてもらうことにしました。
急登で人がつまっていたり、ハイカーがいたりする場合には遠慮してペースを落としましたが、この日は登りに力を集中させます。
とはいえ、元々得意ではない登り、劇的にタイムを縮めるようなことはありません。
岩茸石山には10:51に到着。
f:id:CHIKUSENDO:20190516194136j:plain
眺望のよい気持ちのよい山頂でした。
暑いけどいい日です。

岩茸石山までは穏やかな登りでしたが、その先は急登と急な下りが多くなります。
また、ハイカーも増えるため、これまでよりも注意して進む必要がありました。
擦りきれるほど繰り返していた「上げない下げない」とも、しばしのお別れです。
黒山の関門を過ぎたのが何時か記憶と記録がありませんが、そこから棒ノ嶺までは折り返し区間となるため、早いランナーとすれ違うことになります。
距離にして片道1kmちょっとなのですが、これが結構な急登や木の根道のため、かなり気を使いました。
こちらにとって急登ということは、折り返したランナーにとっては急な下りということもあり、スピードの違いに最初は戸惑いました。
また、権次入峠峠を過ぎると棒ノ嶺を目指すハイカーが増えるため、気を使う局面がいよいよ増えました。
言うまでもなく、最優先すべきはハイカーです。
もう山頂までは少しなので、特に急ぐ必要もありません。
イカーと同じペースで、折り返し点のある棒ノ嶺に到着しました。
11:51、岩茸石山からちょうど1時間かかりました。
f:id:CHIKUSENDO:20190516201006j:plain
そして快晴。

本日はお日柄もよくー成木の森トレイルラン2019速報

本日開催の第9回TOKYO成木の森トレイルラン
20kmに参加して、無事に完走しました。
五月晴れのもと、楽しい時間を過ごすことができました。
f:id:CHIKUSENDO:20190512154558j:plain
昨年4月に骨折してからブランクがありましたが、今年の2月のおんじゅくオーシャントレイルでトレランに復帰しました。
今回は復帰第2戦となりましたが、おんじゅくオーシャンよりもテクニカルな下りが含まれたコースなので、その点不安がありました。
骨折してから山の下りが怖いのです。
それでも、今日はこけることもなく、それなりにしっかりと下って来ることができました。
恐怖心とうまく付き合いながら下る術を、ある程度身につけることができたような気がします。
そんなわけで、乾杯!
f:id:CHIKUSENDO:20190512154650j:plain

装備ーチャレンジ富士五湖100km2019余録1

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン100kmの部に参加した際の装備等の記録です。

【前半】56km過ぎの足和田エイドまで
帽子:マムート
首:イノベイトのバフのようなもの
シャツ:カステッリ・サイクルジャージ
アンダーシャツ:オンヨネ・ブレステックPPノースリーブ
パンツ:ノースフェイス・腹巻き風パンツ(紺)
アンダーパンツ:ゼロフィット
カーフ:CEP・レース
靴下:C3fit・紙素材
靴:アシックス・ヌーサ(黒)

【後半】足和田エイドからフィニッシュまで
帽子:ノースフェイス
首:手拭い
シャツ:デマルキ・サイクルジャージ
アンダーシャツ:ゼロフィット
パンツ:ノースフェイス・腹巻き風パンツ(青カモ)
アンダーパンツ:ゼロフィット
カーフ:CEP・レース
靴下:XSOCKS
靴:アシックス・ヌーサ(青)

【共通】
アームカバー:ファイントラック・アクティブスキン
手袋:ミズノ
ウインドシェル:モンベル・ウルトラライトベスト
エストポーチ:OXSITIS
アンダーパンツ:ゼロフィット
カーフ:CEP・レース

【テーピング】
足裏:ゴンテックス・足裏貼足
膝:ニューハレ・Vテープ

【補給食】
ジェル×10(内塩分系4本)
BCAAパウダー×8(レース中)
BCAAドリンク×1(レース前)

サイクルジャージはトレイルでも愛用していますが、特にハセツネのような、補給食を大量に持参しなくてはならないレースで着用しています。
今回は主にジェル、BCAAパウダーなどを背中のポケットに入れて走りました。
ウインドシェルや手袋などの防寒装備も、必要がなくなって脱いだ後、同じく背中のポケットに突っ込んで走っていました。
ロードでもトレイルでも変わらない便利さでした。

便利と言えばOXSITISのウエストポーチには、ベルトにゼッケンを留める強力磁石がついていて、ゼッケンベルトにもなります。
f:id:CHIKUSENDO:20190508123615j:plain
チャレンジ富士五湖は前後1枚ずつのゼッケンをつけるスタイルですが、前はその磁石で留めて、後はポーチの縁に安全ピンで留めました。
おかげで着替えの時にゼッケンの付け替えをせずに済みました。
今回ポーチにはスマホを入れて走りました。
ロードのレースではほとんどスマホを持たないのですが、さすがに100kmともなると道中なにかがあったときのためにと、用心のために持って走りました。
記事に使う写真もたくさん撮るつもりでした。
しかし、レース中は心に余裕がなく、なかなか写真を撮る気になれませんでした。
河口湖あたりでは桜と富士山がきれいに見えていたのに、結局撮らずじまいでした。
せっかくスマホを持って走ったのに、大いにもったいないなと今さらのように思います。
もしもあのときもっと心に余裕があればなあ…。
次に出る機会があれば、せめて写真を撮るだけの余裕も持ち合わせて走りたいと思います。