竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

竹仙坊骨折抄2018年4月7日事故編

2018年4月7日(土)、トレラン中に左上腕骨骨幹部骨折をしました。
現在入院中ですが、手術を終えて痛みも大分落ち着いてきました。
チタンプレートが左上腕骨に入っていて、なんだか強化人間になったような気分です。
退院も間近となってきたため、備忘録として、事故と搬送など当日の経過をまとめておきたいと思います。

事故現場はあきる野市の馬頭刈尾根です。
高明神社の跡地先の分岐から、瀬音の湯方面へ下っている途中でした。
ちなみに、神社の跡で撮った花の名前を僕はまだ知らない。
f:id:CHIKUSENDO:20180422063407j:plain
入院中どうせ暇なんだから調べればいいのですが、暇ゆえのスマホ使いすぎで通信制限がかかってしまい、簡単に調べることができなくなってしまいました。
いつ知ることになることやら。

この馬頭刈尾根から瀬音の湯に抜ける山道は今まで通ったことがないため、それなりに慎重に下っていました。
しかし、斜度がそれなりにあるのと、路面が細かく砕かれた枯れ落ち葉に覆われていて、着地の足場に不安定感がありました。
また、この日は集中力が途切れ気味だったのもよくなかったかもしれません。
事故が起きたのは、分岐から10分弱下ったあたりでした。
それなりに急斜面で段になるような下りだったと思いますが、右足が何かにつまづき、少し体重が前にかかりました。
とっさに左足を地面に下ろして両足着地になったのですが、その左足が枯れ落ち葉(乾燥していました)を踏んだためにスルッと流れてしまったのです。
その瞬間、前のめりになっていた身体が左側を下にして横倒しになりました。
運が悪かったのは、私がいた場所が一段高くなっているところだったことでした。
単純な転倒ではなく、転落に近い転倒だったため、勢いが強かったのです。
横倒しになるときに手を着こうとして伸ばされた両腕が、ちょうどバンザイしながら前のめりになっているような形だと思いますが、山道の脇にあった岩の上を通過するのが見えました。
高さがあったので、低い位置にある岩をつかめなかったのです。
その次に左側から視界に入ってきた立ち木に、左腕の二の腕を強打しました。
地面に落ちたとき、左腕が目の前にだらんと横たわっているのが見えました。
その瞬間「折れたな」と思いました。
痛みを感じるよりも折れたという認知の方が早かったと思いますが、その辺は科学的に正しいかはわかりません。
折れたと思ってから、じわじわと痛みを感じていきましたが、この痛みが人生最大に激しい痛みでした。
本当に、一生のうちに骨折の痛みを経験しないことだけでも幸せな人生なんじゃないかと思うくらい、とてつもなく痛かったです。
骨折なんてするもんじゃないです。
本当に痛いんだから。
まだ骨折したことのない人が、このまま一生骨折しないことを願っています。

さて、骨を折って痛くて仕方がないのですが、ここで転がり続けていても仕方がないのです。
一刻も早く下山してなければなりません。
足はなんともなかったので、とりあえず自力で歩いて、下山してから助けを求めることにしました。
同行していた友人Bさんがテーピングテープで二の腕をぐるぐる巻きにしてくれました。
事故発生から下山開始まで、2,3分くらいしかかからなかったと思います。
左手には握力があったため、シャツをつかんで固定しながら歩き出しましたが、一歩一歩の衝撃と揺れで、患部は絶えず痛んでいました。
途中でBさんが手拭いで固定してくれて、さらに杖をつくようにアドバイスしてくれました。
探せばあるもので、杖に適当な枯れ枝がすぐに見つかりました。
Bさんの先導で山道を20分弱下ると、軍道のバス停に繋がる車道を、山道が陸橋で越える地点にたどり着きました。
その少し前から人家と外に出ている人が見えていたのでそれを目指して歩いていたのですが、実際に車道に下りられたときには一安心しました。
Bさんは突然の事故に驚いてはいたと思いますが、下山時の行動は的確で私はただ着いていくだけでよく、頼りになりました。
一緒にいてくれて本当によかったと思います。

Bさんが助けを求めてくれたところ、そのご夫婦は大変ご親切に対応してくれました。
ご自宅に上げてくれて、通報のために電話を貸してくれたり、保温のために上着をかけてくれたり、突然現れた怪我人に対してとにかくご親切でした。
快復したらぜひ御礼に参上したいと思っています。

通報から15分ほどで、たまたま近くにいた檜原村の救急隊が駆けつけて来てくれました。
ご夫婦のお宅は山里なので、現場のあきる野市の救急隊でも、近くにいなければ30分はかかるような話を聞いていたので、到着が思いの外早く、とても嬉しかったです。
ここから八王子市の高月整形外科に搬送されますが、それはまたの機会にまとめたいと思います。

それにしても、後から考えれば不幸中の幸いというのはいくつもあるものだなとつくづく思います。
今回の場合は受傷時に頭を打たなかったこと、これが最大の幸いだったかもしれません。
恐らく、左腕が前に伸びていなかったら、頭から木にぶつかっていたのではないかと思います。
そうなっていたら、下手をすれば命の危険があったわけで、そうでなくとも今こうして徒然なるままに体験を書くことはできていなかったのだと思います。
左腕が頭を守ってくれたと考えてよいでしょう。
また、足がなんともなかったことも幸いでした。
自力で歩いて下山できたから、早く救急車に乗ることができたのだと思います。
落ち葉で足が流れて倒れたので、捻挫くらいしててもおかしくはないのですが、すねの擦り傷ですみました。
また、折った左腕も神経の損傷がなかったため、左手が骨折した当初から自由に動いていたのが幸いでした。
握力が維持できてシャツを掴むことができたので、患部の固定を下山中にし続けることができました。
そして、自力で歩いて下山できたこと、今回の不幸中の幸いとはこれに尽きるのかもしれません。
他にも下山した先のご夫婦がとても親切な方々だったこと、たまたま近くに救急車が居合わせたこと、これらも不幸中の幸いです。
私には、いわゆる「ポジティブシンキング」を称揚する傾向をよしとしない志向があり、これまで挙げてきたこともポジティブシンキングの文脈で考えて挙げたわけではありません。
無理矢理ポジティブに考えているわけではなく、骨折した後の出来事が上手く運んだことを純粋に喜んでいるのです。
一連の不幸中の幸いをたどった先に、自分自身の今があること、自分がここにこのような形で存在ができていること、それが嬉しいのです。

骨折りを損とはせず

2018年4月7日の15時過ぎに、トレランで馬頭刈尾根を瀬音の湯方面に下る途中で転倒し、左の上腕骨を骨折しました。
生まれて初めて骨を折りましたが、とんでもなく痛かったです。
今すぐ人生をやり直していいと言われたら、何でもいいから骨折しない人生を送らせてほしいと思うぐらい、壮絶な痛みでした。
でも、左腕が折れただけで済んだのは幸いです。
頭を打つこともなければ、足をくじくこともありませんでした。
生きていればこそと思います。

明後日に治療の方針が決まるところですが、恐らく手術になるだろうと思われます。
入院もあるのと右手しか使えないのとで、これからしばらく記事を書くことができないと思います。
ただし、入院したら時間があるので、色々と考えることもできるでしょう。
この時間を損とせず、充実させることができればいいと思っています。
そしてこの時間も、生きていればこそなのだと思います。
「竹仙坊日月抄」を読んでくれていた皆さんや、山で出会った皆さん、そして、このブログの登場人物になってくれている友人たちに、また元気な姿でお会いできれば幸いだと思っています。
この場でも、どこかの山でも。

取り急ぎPBー青梅高水山トレイル2018速報

本日4月1日開催の第20回青梅高水山トレイル2018の30kmに参加し、完走しました。
3時間49分台で、昨年の同大会のタイムよりも13分くらい早くフィニッシュできました。
自己ベスト(PB)ではありますが、今年は昨年までのコースと若干異なるため、一概には言えません。
コースが違った分、渋滞にはまっている時間が若干短かったような気もします。
PBはそのおかげだったかもしれません。
走力アップでPBだぜイエー!みたいなことが言えればいいのですが、そこはこの日でも正直でありたいと思います。
そうでないと、高水山でもらってきた狛犬たち(右が昨年、左が今年)に噛まれてしまうような気がします。
f:id:CHIKUSENDO:20180401184422j:plain
本当に噛まれそう。

蛸になりたいー青梅高水山トレイルラン2018予報

明日4月1日(日)の第20回青梅高水山トレイルランの30kmの部に参加します。
2年連続2回目、15kmの部を含めれば3回目の出場です。
最高気温が20℃になる予報が出ています。
この時期にしては暑い日になりそうです。
軽い熱中症になることもあるかもしれません。
コースには木の根が多い印象があるので、ふらついてつまづくことのないよう、気を張っていたいと思います。

明日の靴は、レースデビューのコロンビアモントレイルのカルドラドⅡです。
f:id:CHIKUSENDO:20180331143539j:plain
最新作はⅢですが、セールで購入した前作をデビューさせたいと思います。
先週、千葉市昭和の森で履いた感触では、ランニングシューズ寄りの走り心地でした。
走りやすいです。
レースでどれだけ走れるかはエンジンである私の脚にかかっていますが、新しいタイヤで快適に走れればよいと思います。

これで房総丘陵養老渓谷トレイルのスポルティバ・アカシャ、板橋Cityマラソンのアシックス・ヌーサFFと、3大会続いたレースデビューシリーズが終わります。
トレイルでは、前から履いているスポルティバ・ミュータントと合わせて、2018年シーズンに履く靴が出揃います。
といいながら、青梅高水山トレイルの会場で開催されているTrail Open Air Demo(TOAD)で、スポルティバの新作LYCAN(ライカン?)を履いてみたいと思っています。
足は2つしかないのに、欲望は膨らみます。
蛸になりたい気分です。

故郷の森はー千葉市昭和の森2018年3月

先日は3月24日の土曜日に、千葉市は土気(「とけ」と読みます)にある友人宅での会食というか宅飲みまでの間に時間があったので、近くにある千葉市昭和の森で軽く走ってきました。
千葉市昭和の森では数年前までTV中継のある国際クロスカントリーレースが開かれていたので、比較的有名だと思います。
今は国際レースではなくなりましたが、中学生の全国大会を兼ねたクロスカントリー大会が開催されています。
今回は園内にある色々なコースを、1時間ちょっとですが、自由に楽しくとりとめもなく走ってきました。

JR外房線土気駅の南口に下車します。
f:id:CHIKUSENDO:20180325005824j:plain
駅前はこんな感じ。
モールの左手にある大通りを、道標に導かれるように歩きます。
f:id:CHIKUSENDO:20180325005858j:plain
昭和の森園内に入ったらフォレストビレッジを目指します。
f:id:CHIKUSENDO:20180325005929j:plain
元々ユースホステルだった施設で宿泊も可能ですが、この日はランステ的にロッカーとお風呂を利用します。
ここには私が中学生だった頃に泊まったことがありますが、訪問自体がそれ以来かもしれません。
もしかしたら四半世紀ぶり…。
懐かしさとともに時の流れの無情さを感じて、何が何やらです。

走り出しで出会った花の名前を私は知りませんが、
f:id:CHIKUSENDO:20180325010102j:plain
きれいな花でした。
昭和の森はいくつかの丘と谷戸で構成されているため、園内を移動すると意外に高低差があって楽しいです。
トレイルは階段が多く、登りは特にスピードを上げて追い込むことができます。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010020j:plain
階段を下ると、湿性植物園として整備された谷戸に下りることができます。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010832j:plain
園内にはフラットなトレイルもあります。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010739j:plain
が、そう多くはなく大体が階段トレイルだと考えてよいと思います。

トレイル以外の園内はこんな感じでした。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010600j:plain
舗装路の部分はランニングコースやサイクリングコースてして整備されています。
クロスカントリーは芝生の中を走りますが、うっすら先月のレースのコース跡が残っていました。
芝生は基本的にコース跡を踏みながら、たまに気になった方に外れて走っていました。
桜は五分咲き。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010208j:plain
千葉は東京よりも少し桜が遅いです。
太平洋を見渡せる展望台。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010302j:plain
私は千葉市から太平洋が見えることをこのときまで知らなかったので、本当に目から鱗でした。

昭和の森から一度外に出て、市境を越えた大網白里市にある小中池に下りました。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010428j:plain
ここも20年以上前に訪れたことがありますが、当時の姿が思い出せないくらい、きれいに整備されていました。
小中池からの登り返しは切通の階段です。
f:id:CHIKUSENDO:20180325010645j:plain
けっこう長く、一息に登ればいいトレーニングになります。

走り出したのが16時頃だったため、園内はけっこう人気が少なくなっていました。
私も1時間と少し走って、そろそろお風呂でも入って飲み会に行くかと思っていたところです。
どうやらこのあたりから、この森の主たちが顔を出す時間帯となるようです。
f:id:CHIKUSENDO:20180325065032j:plain
この日は雉が何羽も園内を闊歩していました。
みんな単独行動の雄雉でしたが、小中池の畔にいたのも合わせれば全部で5羽ほど見かけました。
まあ私も単独行動の雄のヒトなので、彼らと大差ないのかもしれません。
千葉市に雉が生息していることも知らなかった私は、ここでも目から鱗でした。
また、間近で鳴き声を聞いたのも初めてでした。
よく桃太郎なんかでは「ケーン」と澄んだ音で鳴くように表現されていますが、私の至近距離で鳴いた雉は文字にすれば「グヴエーーッ」という感じの、濁点だらけのダミ声でした。
そりゃこの声で鳴いたら撃たれますよ。
でも、やはり野生動物は力強いです。

この日は特にコースを決めず、ただ気のおもむくままに走っていました。
ちゃんと道になっているところを走るのは、それがロードでもトレイルでも、普段からやっていることですが、道が定まっていないところを走るのは本当に久しぶりだったと思います。
道のないところを自由に走るのは、はじめは難しいのですが、慣れると楽しいものでした。
次第に、目の前の地面が全て自分のための道として開かれているような感覚になりました。
解放感と開放感。
爽快でした。

走り終えてフォレストビレッジに戻り、一風呂浴びて宅飲みに向かいます。
f:id:CHIKUSENDO:20180325011022j:plain
子供の頃ここの食堂でなにか食べたんだよなよくおぼえてないけど、なんて思いながら昭和の森を後にしました。
四半世紀ぶりの故郷の森は爽快で、自由に走ることの楽しさを思い出すことができました。
片道2時間半かかるのが玉に瑕。
でもたまにはいいか。

この日はラブリーでー房総丘陵・養老渓谷トレイル2018余録

2018年3月11日の房総丘陵養老渓谷トレイル2018の装備などの余録です。

頭:ノルディスク・チューブマフラー
フィールズ景品サンバイザー
首:フィールズ景品バフ
シャツ:ノースフェイス・ジップアップ半袖
アンダーシャツ:オンヨネ・ブレステックPP長袖
ズボン:ノースフェイス腹巻き風
タイツ:ゴアランニングロング
下着:オンヨネ・ブレステックPPパンツ
靴下:ドライマックス
靴:スポルティバ・アカシャ
アームスリーブ:ファイントラック・アクティブスキン
手袋:サロモン

大会当日はよく晴れていて太陽もラブリーでしたが、参加賞Tシャツもラブリーでした。
f:id:CHIKUSENDO:20180327000102j:plain
パステルカラーの地にハート形、よく見ればアニマル柄です。
ラブリー要素が満載なのです。
この大会が開催された日は、3月11日でした。
言うまでもなく、東日本大震災が起きた日です。
私自身が東日本大震災で受けた被害は自宅のマグカップが一つ割れただけでしたが、見聞きした被害は私の中に、他人事でなく、重く強く印象づけられています。
私だけではないと思いますが、関東地方の人間は、幼い頃から東北産の食べ物をたくさん食べて育っています。
それなので被災地の名前を見聞きするたびに、○○の産地だ、などとすぐに思い浮かんでいました。
馴染み深い土地が深刻な被害にあっている状況を映像で見て、本当に辛かったです。
でも、何よりも辛かったのは、津波の被災地出身の同僚があの日、会社のTVを食い入るように見ている姿でした。
心臓を素手で掴まれるような悲痛な思いを感じました。
見ているだけで、私も痛いのです。
後にご家族の無事を知って、自分のことのように嬉しかったのを覚えています。
でも、あの時に感じた悲痛な思いは一生忘れられないでしょう。
でも、いつか悲しみで胸がいっぱいでも、この日くらいはラブリーな思いを忘れないでいたいと思います。
このシャツのラブリーなハートには、そんな思いが乗せられてるんじゃないかなと妄想します。
そして、オーベイビーラブリーな日々を送れたら、それは幸せなのだと思います。

楽ー板橋Cityマラソン2018余録

板橋Cityマラソン2018の装備などの記録です。

帽子:ノースフェイス・スワローテイル
シャツ:ノースフェイスクルーネック半袖
アンダーシャツ:ゼロフィットノースリーブ
ズボン:ノースフェイス腹巻き風
タイツ:C3fit
カーフ:CEPレース
靴下:インジンジ
靴:アシックス・ヌーサFF

アシックスのヌーサFFは「トライアスロン用」とされるのランニングシューズです。
このヌーサですが、私の好きなブログ作者やお店の方からマラソンに向いていると評価されており※※、以前から気になっていました。
※※興味のある方は「しゅーろぐ ヌーサFF」「ルナークス ヌーサFF」で検索してみてください。
f:id:CHIKUSENDO:20180326235826j:plain
端的には、疲れた脚でも楽に動かせるように設計されているとのことで、実際に練習ランで履いた印象もよいものがありました。
厚めのクッションですが反発も適度にあり、脚がよく前に出る靴でした。
本番では大失速してお世辞にも楽に走れたとは言えませんが、それはおそらく本体の私の練習不足が問題で、靴のそれではなさそうです。
エンジンが錆び付いてたら、タイヤが新しくてもよい走りはできません。
ペーパードライバーなのに自動車に例えて偉そうにしていますが、今回は結局そういうことなのだと思います。
逆にいえば、前半のオーバーペース状態には楽に対応ができていました。
ペースアップしてしまった時にスピードに乗るのが早く、脚が楽に動く感覚は確かにあります。
今回は練習不足で上手く運びませんでしたが、今度はエンジンの鍛え上がったレースで試してみたいです。
でも、脚ができていたらターサージールを履くんだろうなとも思います。
検討します。

あと、レース後の足のアーチ上部の痛みも今回は軽く済みました。
トレイルランニング後の痛みに比べれば、5分の1くらいの痛みでしょうか。
ヌーサのクッション性能もよかったのだと思いますし、また、トレランよりもロードのマラソンの方が足にとっては楽なのだと思います。
激沈してなおフルマラソンの方が楽だとうそぶくのは自分でもどうかと思いますが、身体のダメージが軽いなと思います。
トレランの身体への負荷はやはり高いものがあるなと再認識しました。
あと、ロードの方が圧倒的に楽なのは洗濯です。
装備も少ないし、服は汚れないし、なんて楽なんでしょう。
もっと積極的にロードの大会に出てもよいのかもしれないなと思いました。