竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

梅雨寒に徒然

スカイライントレイル菅平2019以来、レースもなければ山にも入らない日々が続いています。
次は野沢トレイルフェスに出場予定なのですが、少し先の話のため、記事として書くネタがありません。
菅平が終わってからはあまり走っておらず、というのもこの雨続きの天候のせい、と言いたいのですが、それは誰にとっても同じ条件であるため、言い出したところでどうしようもないことはなんとなくわかっていますが、さてどうしたものでしょうか。
上の一文のうっとうしさと梅雨のうっとうしさと、どちらもうっとうしいことはなはだしいのですが、うっとうしさを受け止めながら生活しなくてはならないのがこの季節なのだと、なかば諦めています。

特に今年の梅雨に感じているのは梅雨寒です。
ここ数年に比べて気温が低いように感じます。
7月で最高気温が20℃前後というのを、しばらく体験していなかったように思います。
とはいえ私が小学生のころ、30年くらい前にはこのくらいの寒さは当たり前で、梅雨時に始まるプールの授業では寒さに震える日の方が多かったような記憶があります。
私はスイミングスクールに通っていたのでひととおりは泳げたのですが、寒がりなので学校のプールは嫌いでした。
スイミングスクールは習い事自体が面倒くさくてそんなに好きではなかったものの、プールは屋内の温水プールなので快適な環境で泳ぐことができました。
学校のプールは野ざらしなので、寒いうえにゴミも浮いていて、環境は段違いに悪かったと言えます。
あんなプールで唇を真っ青にしながらよく泳いでいたもんだと、我がことながら感心します。

話がそれましたが、この梅雨寒にはどこか身体を休ませてもらっているような感覚があります。
寒いとはいえ、20℃前後の気温というのは快適な温度帯でもあります。
ここ数年の夏が暑すぎるせいか、7月に入ると暑さに身構えるような感覚があり、若干の緊張を強いられていましたが、今年はまだ本格的な暑さを経験せずに済んでいます。
暑熱順化という点からはよくないことなのかもしれませんが、緊張が解けている身体というものはなかなかに心地のよいものです。
うっとうしいことにはうっとうしいのですが、梅雨寒のおかげでリラックスした季節を送ることができているのだと思うと、悪くもない気がします。
かといって、梅雨が明けないのも困り者で、あの夏の太陽もそろそろ恋しくなってきます。
そして、夏と言えばやはり百日紅サルスベリ)。
f:id:CHIKUSENDO:20190717203917j:plain
私はこの花に特別な思い入れを持っています*。
すでに咲き始めてはいますが、夏空の下の百日紅に今年も早く出会いたいと思います。

百日紅
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/08/08/125132

あのときめきよりもースカイライントレイル菅平2019余録

スカイライントレイル菅平2019のスカイハーフ22kmの装備等の記録です。

頭:バフ・ビーニーキャップ(赤)、モントレイル・サンバイザー
首:手ぬぐい(赤)
シャツ:バイロ・半袖Tシャツ(赤)
アンダーシャツ:マーモット・ノースリーブ
手袋:サロモン
ズボン:アシックス・アートスポーツオリジナル
アンダーパンツ:ゼロフィット
靴下:オンヨネ(ハイソックス)
靴:スポルティバ・アカシャ
テーピング:ニューハレ・Vテープ(赤)、Xテープ(一重)
リュック:オスプレー・デューロ6
雨具:ノースフェイス(上下)
水分:500mLソフトフラスク×2、予備200mL
補給食:ジェル×6(2本だけ食べました)

スカイライントレイル菅平では、戦国時代真田家の武装にちなんだ「赤備えコンテスト」が特色のひとつとなっています。
https://sugadaira-trail.jp/akazonae/
私もこの企画に乗っかって、菅平では毎回赤いシャツを着ています。
着るのは毎回このバイロ(BAILO)のTシャツで、2016,2017のスカイマラソンに続いて、今年で3回目になります。
f:id:CHIKUSENDO:20190617222556j:plain
背中と体側に大きめのメッシュパネルがあり、通気性がよいのが一番の特徴です。
しかし、このバイロというメーカー自体がなくなってしまったため、同じものや後継モデルを手に入れることはもうできません。
このシャツ自体、輸入代理店の在庫一掃セールで購入したものです。
入手経緯には寂しいものがありますが、フルマラソンのベストタイムを出したときに着ていたこともあり、私にとっては思い入れの深いシャツです。
もう5年くらいは着ていることもあり、そろそろお役御免の時期がきてもおかしくはないのですが、踏み切ることがなかなかできません。
断捨離やらこんまりやらのブームもあり、物を捨てることへのハードルが低くなった世の中ではありますが、長い間一緒に戦ってきた仲間を処分することは大変な困難です。
ときめかなければ捨てればいい、確かにそうなのかもしれません。
それでも、「ときめかないから捨ててしまうなんて意味わからない。そもそもときめいたから買ったんだ」と、私の知り合いが先日酒の勢いで声高に主張していましたが、私もほとんど同意します。
買ったときのときめき、頻用していたときのときめき、そうしたものを全て否定することはできないはずです。
私の赤いバイロに対するときめきは、時間を越えてあせることがないのです。
でも、こんなことしていつまでも物を捨てないと、生涯荷物の多い人生を送ることにはなるのですが。
それでも、仕方ないかな。

落とすースカイライントレイル菅平2019レポート3

スカイライントレイル菅平2019のスカイハーフの部のレースレポートの第3段です。
現在地は小根子岳の山頂、スタートから1時間55分ほどでしたでしょうか。
f:id:CHIKUSENDO:20190614181305j:plain
晴れていなくても、開放感のある風景に心が洗われます。
山頂からジェルを1本補給しながら下り始めると、松本大さんが応援に来ているのを発見しました。
声をかけて手を振って再度下り始めます。

根子岳山頂からの下りは、まずは小根子岳北肩へ向けて笹原を走ります。
この笹原のトレイルでこの日唯一の転倒を決めました。
太陽が出てきたので走りながらサングラスをかけたとたん、笹に足をとられました。
下りを走りながら何か別のことをしてはいけない、とはわかっていながらの凡ミスです。
幸い笹原なので大事には至りませんでした。
それでも、また骨折してしまうようなことは絶対に避けなければなりません。
以後、フィニッシュまでは集中力を切らさないための努力を続けました。
集中力を切らさないためには、私の場合、自分の身体を意識し続けることが手っ取り早いのですが、この日の下りでは、足を「落とす」ことを意識してみました。
チャレンジ富士五湖や成木の森トレイルから、身体の真下に着地するというテーマを持って走っています。
その「下ろす」動作を、力を抜いた「落とす」ような感覚で走りたいというのが、この日の下りのテーマでした。
根子岳からの下りは約6km続くとのこと。
傾斜もそれなりに急なので、筋力を使ってしまうエリアとなっています。
その筋力をなるべく使わずに下りたかったのです。
温存した筋力は、レース最終盤のスキー場の登り下りに取っておこうと思いました。
適宜脱力しながらゆっくり目に走りました。
ゆっくり目に走っているので、山頂から避難小屋の合流点までの間に5人くらいに抜かれました。
以前は下りで抜かれることは少なかったのですが、これもトレランのスタイルが変わったことの影響で、仕方のないことだと割りきることにしました。
足を落とせばスピードも落として、順位も落とします。
登りの選手と合流して対面通行になってからは特に、マイペースで下ります。

そのうちに、スカイライントレイル菅平の最大の難所に到着しました。
牧場脇のガレ場です。
f:id:CHIKUSENDO:20190614184702j:plain
このガレ場、ガレ場祭と言っても過言ではないくらいガレています。
しかもしつこく長く続きます。
適度な緩斜面で、走りやすい傾斜であるのがよけいたちが悪く、なまじスピードに乗ってしまうから危険なのです。
2017年のスカイマラソンではここで転倒し、膝の長引いた故障に繋がるケガを負いました。
過去のトラウマを引き合いに出して自分を律するしかない私ですが、このガレ場祭を全て歩きで通過しました。
また5人くらいに抜かれてさらに順位を落としましたが、こけるよりは全然ましです。
ここでこけるわけにはいかないのです。

どれくらいの時間をかけてガレ場祭を通過したかは記録も記憶もないのですが、ようやく足場の良い道にたどり着きました。
グラウンド脇の林道とゲレンデの下りでは、ガレ場祭のストレスを発散させるべく飛ばして走りました。
こけるわけにはいかないのはこれまでと同じですが、こけても大事にはならない場所ならスピードに乗りたいものです。
セルフコントロールを効かせられる範囲ではありますが、久しぶりに疾走感を味わうことができました。
特に最後のA2手前のゲレンデの下りは、目の前が開けていて開放感と解放感がたまらなく、本当に気持ちがよかったです。
骨折してから色々と諦めることもありましたが、この疾走感をまた感じることができたことは、素直に嬉しいです。

最後のA2からフィニッシュまでは3km弱、太郎山のスキー場の登り下りを残すばかりです。
正確な記録がないのですが、記憶ではスタートから2時間50分くらいでこのA2に到着しました。
根子岳からは1時間ほどです。
もうフィニッシュは目の前なのですが、レースも終わりだと思うと少し寂しくなってきました。
ここではみすゞ飴、ミニトマト、ブドウをモグモグ、ごちそうさまでした。
名残惜しいので、少しゆっくり過ごしました。
A2リスタート直後、レース最後の登りは全部走ってやるという意気込みだったのですが、さすがに残り300mほどで力が尽きました。
足を落とす感覚で筋力を温存する試みでしたが、すぐには結果に繋がりませんでした。
次回以降も引き続き試行錯誤したいと思います。
ラストの下りは、若草のカーペットを走るような爽快感です。
ここも気持ちいいですよ。
足を落とす感覚がはまって来た感じもします。
本当に気持ちよかったなと思います。

この後、道路を渡ってからリゾートセンターのフィニッシュまでの間に若干もたつきました。
最後のパフォーマンスの仕込みがうまくいかなかったのですが、それでも無事に3時間14分28秒でスカイハーフを完走しました。
終わっちゃったんだなという寂しさと同時に、充実感も込み上げてきます。
でも、フィニッシュゲートはスタートゲート。
f:id:CHIKUSENDO:20190614193815j:plain
次はどこの山に行こう。

プッシュースカイライントレイル菅平2019レポート2

スカイライントレイル菅平2019のスカイハーフの部レースレポート第2段です。
8km地点にあるA3菅平牧場を出発して、小根子岳への登りに向かいます。
A3で折り返してしばらくは、後続のランナーとの対面通行となります。
こういうところで選手同士声を掛け合う習慣というか文化というか、とても良いものだと私はいつも思っています。
一緒に出場した友人Bさんともすれ違いざまにハイタッチ、こういうのは本当に楽しいです。

根子岳の山頂へは、A3からだと4km強はあるでしょうか。
牧場から登山道の分岐に戻ると、そこからは私のレベルではほぼ走れないような傾斜の登りになります。
私の今回のテーマは登りを走ることでしたが、さすがにそろそろ無理です。
避難小屋を過ぎるまではなんとか走る努力をしましたが、熊鈴の音で自分を鼓舞するのにも限界が来てしまいました。
とりあえずパワーウォークに切り替えますが、すぐにパワーダウンしてただのウォークになる始末。
どうにかしないといけません。
骨折のトラウマが多少残っている私にとっては、この先に待ち受ける下りでスピードを出すことができません。
代わりに山頂までの登りでスピードアップをしなくてはならず、そのためにはただ歩いているわけにはいかないのです。
どうしたもんだろ。
そこでまた小川壮太さんのランニングメソッドの登場です。
シンプルに、重心の真下に足を下ろすことを意識して、なるべく前のめりにならないように身体をコントロールしました。
お尻周りとハムストリングといった、身体の後ろ側についている筋肉を意識して動かすようにしました。
身体の後から押し上げるイメージと言えばいいでしょうか。
脚を大きく前に下ろせば、大腿四頭筋のような身体の前側の筋肉で、身体を前から引き上げるようなイメージになります。
これまでの私は大腿四頭筋をガンガン使って引っ張り上げることが大の得意でしたが、この日は真下から押される身体というものを意識しました。
唱える呪文は「プッシュ、プッシュ」。
ここで小錦を想像した方は、往年の相撲好きなのでしょう。
そういう私の保育園時代のアイドルは小錦でした。
本気でお相撲さんになりたかったな。
それはおいといて、押し上げる方が楽に身体を運べる感覚があったのですが、スピードがついているかどうかはわかりませんでした。
それでも小根子岳への登りで5,6人パスしたような記憶がありますので、ある程度はスピードに乗れていたのかもしれません。
今後の検証が必要だと思われます。
次回以降も、走れないような登りはこの押し上げる感覚で登りたいと思いますが、引き上げる感覚との比較もいつかしてみたいなと思います。

それにしてもこの小根子岳への登りというのは、何度登っても辛いものです。
今回は2016と2017のスカイマラソンを含めて3回目でしたが、まあ、飽きること飽きること。
基本直登なので、つづら折りのように進む角度が変わることがないので、それにつれて見えるものが変わるということがありません。
また、草原を進む道のりのため、森の中のように色とりどりの木々を眺めて楽しむこともできません。
また、今年はぱらついた程度でしたが、ひとたび雨が降れば雨ざらしになることは必定です。
雷も怖いはずです。
また、過去2回は晴れのレースで!太陽に背中をこんがり焼かれて、暑い熱い思いをさせられました。
菅平のこのレースは総じて好きというか、大好きなのですが、この登りではいつも辛い思いをしています。
修行の趣をここには感じます。

そんな感じで、身体を押し上げることを意識しながら、単調な登りに飽きながら、それでも止まらずには進みながら、やっとのことで小根子岳の山頂に到着しました。
f:id:CHIKUSENDO:20190613200845j:plain
10時55分、スタートからは2時間弱、A3からも1時間を切っての到着でした。
出来は上々です。
怖いくらいに。
そして、ごほうびの絶景が目の前に。
f:id:CHIKUSENDO:20190613201414j:plain

鈴の音がすぐそこにースカイライントレイル菅平2019レポート1

スカイライントレイル菅平2019のスカイハーフの参加レポート第1段です。
スカイマラソンでは過去2回完走経験がありますが、スカイハーフには初出場です。

スタートは9時ちょうど、この日はたまに太陽が顔を覗かせたり、小雨がぱらついたりしたものの、基本的には曇りでした。
コースプロファイルは、登ったら登りっぱなし、下ったら下りっぱなし、といった感じで、細かいアップダウンが非常に少ない、シンプルな印象を持つコースでした。
最初のスキー場の大きな登り下りを終えて、A2に到着したのが9時20分頃。
スカイハーフのエイドステーションは、A2とA3のみを使用します。
A2はスタート直後とフィニッシュ直前の3km弱の地点にあります。
最初のA2はまだまだ序盤も序盤なので、特に立ち止まることもなく通過しました。
周りの選手も同様でした。
エイドのスタッフはひたすらハイタッチ、ハイタッチステーションと化していました。
元気をもらってダボスの塔に向かいます。

ダボスの塔には緩やかに登ってゆきます。
f:id:CHIKUSENDO:20190612124659j:plain
途中、コース最高点の小根子岳を望みます。
画面中央の山は根子岳ですが、中腹の出っぱりが小根子岳です(だと思っています)。
このように行く先が見えるのは良いことなのか悪いことなのか、その好みは分かれると思いますが、この日の私は少しやる気が出てきました。
ダボスの塔をぐるっと回ってからは、菅平牧場にあるA3を目指してゲレンデを緩やかに登ります。
この日のテーマはとにかく登りを走り続けることに設定していましたが、オーバーウェイトな身体がどうにも重荷でなりません。
少しでも集中力が切れると歩きたくなってしまうので、色々な呪文を唱えながら走り続ける努力をしました。
ペースを「下げない下げない」と繰り返したり、「いつ走るの?今でしょ」などと古いネタを引っ張り出したり、頭のなかを自分を鼓舞する言葉で満たそうとして精一杯でした。

ゲレンデを登りきると、距離は短いのですが樹林帯のトレイルに入ります。
f:id:CHIKUSENDO:20190612181225j:plain
たまに走れないくらいの傾斜が出てきますが、それでもなるべくなら走りたいものです。
ただ、頭のなかで呪文を唱えているのも飽きてきました。
さてどうしたものかというときに、必携品の熊鈴に思い至りました。
鈴は正直なもので、走ればちゃんとリンリン音が鳴り、走らなければカラカラとくすぶった感じの音を出します。
鈴の音に背中を押してもらえばいい、正確に言えば、鈴の音がきれいに鳴るように走ればいい。
そう意識しながら走るようにすると、鈴の音のせいかテンションが上がってきました。
この日は菅平名物の赤備えコンテストのために、赤いウェアで出走していました。
赤い衣装のおじさんが鈴の音とともにやって来るという絵柄には、季節外れのサンタクロース感をそこはかとなく覚えます。
サンタクロースイズカミントゥマウンテン♪
気分は上々です。

樹林帯を登りきると、A3のある牧場への道と小根子岳登山道の分岐にさしかかります。
ここからA3までは緩やかな下りで、スピードに乗ることはできますが、ところどころ牛の糞が落ちているので注意が必要です。
約8km地点となるA3には、10時1分頃に到着しました。
スタートから1時間強、まあ上々でしょうか。
トイレを済ませてコーラとブドウをごちそうになった他、自前のジェルを補給して出発しました。
滞在時間は3分ほどでしたでしょうか。
私にとっては非常に短い滞在ですが、この日は走るモードになっていたので、エイドを楽しむ余裕が少し足りなかったかなとも思います。
せっかくなのにもったいないですよね。
とはいえ、走り出してしまったものは仕方ありません。
f:id:CHIKUSENDO:20190612183541j:plain
牛たちにもお別れ。
このレースの核心部、小根子岳へと向かいます。

上々ースカイライントレイル菅平2019速報

本日6月9日開催のスカイライントレイル菅平2019のスカイハーフの部に参加し、無事に完走できました。
f:id:CHIKUSENDO:20190609173843j:plain
スタートとありますがフィニッシュゲートです。
22km(沿面距離は23km)を3時間14分28秒で走りました。
出来は上々だったかなと思います。
予報は晴れでしたが、ふたを開けてみればちょうどいい曇天で快適な気温で走ることができました。
暑さに弱いトレイルランナーである私は、この菅平のレースではいつも晴天の太陽に苦しめられてきましたが、今回は今までで最高のコンディションだったと思います。
また、懸案の体重は、前日計量で74.8kgあったのが、レース後には70.8kgに減っていました。
この乱高下は気にはなりますが、総じていい一日になりました。
まあ、1度転倒してしまったのは大きな反省点ですが。
それでも、居酒屋北陸新幹線では祝杯の日本酒をあけて、気分は上々です。
f:id:CHIKUSENDO:20190609174947j:plain
こういうことしてると、なかなか減量できなさそうですけど、やめられませんね。

重いースカイライントレイル菅平2019予報

6月9日開催の第12回スカイライントレイル菅平のスカイハーフの部22kmに参加の予定です。
2016,2017とスカイマラソンの部に参加してきました*が、今回は初めてスカイハーフを走ります。

http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/06/01/184759
骨折からのトレラン復帰も3レース目となりましたが、まだまだショートレンジで様子を見ていたい気持ちがあります。
スカイハーフのコースは、ほとんどがスカイマラソンで走るコースとかぶるので、勝手は何となくわかっているつもりです。
f:id:CHIKUSENDO:20190605173411j:plain
コース最高点の小根子岳から。
晴れていれば最高の眺めなのです。

スカイハーフのコースは、大雑把に言えば、スカイマラソンから樹林帯をごっそりカットしたような感じでしょう。
恐らくは全く遮るもののないエリアを走ることになると思います。
晴れれば太陽の、雨ならば雨の影響を直接受けることになります。
今のところ天気予報は晴れですが、準備は万全にしたいと思います。
また、小根子岳から続く長い下りではこけて負傷した経験があります**。
**
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/06/19/235029
左腕にチタンプレートが入っている私は、2度と骨折したくありません。
転倒だけはしないよう、ゆっくり通過したいと思います。

私自身の懸念材料は、体重です。
今週の健康診断時の体重が74kg、身長177cmの標準体重からは5kgほどオーバーしています。
毎年順調に育ってますね、とは医師の言葉。
脊髄反射では大きなお世話だと思いましたが、これも仕事とはいえ私の健康への配慮なのでしょう。
まあ、16歳で既に70kgあった私なので、40歳の今でも4kgしか増えてないので問題ないはずです。
24年間で4kgのアップなら上々だとは思いますが、まあ負け惜しみですね。
中年にさしかかりつつある私本人に、問題意識が生まれてきています。
ここは減量を始める時期かなと思います。
でももちろん、今週のレースには間に合いません。
この重い身体を小根子岳まで運び上げないと。