読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

はからずも父と池ー京都一周トレイル沢ノ池2

はからずも父と行った沢ノ池ですが、今まで見たことのない景色に、軽く心を奪われてしまいました。

f:id:CHIKUSENDO:20170525213910j:plain

f:id:CHIKUSENDO:20170525213559j:plain

f:id:CHIKUSENDO:20170525213658j:plain

新緑と晴天と透明度の高い水とで織り成す、何とも言えない色がそこかしこに見られました。
父は昔から写真が好きなのですが、絵の題材にするためにバシャバシャ撮っていました。

ここ沢ノ池はもともと嵯峨野地区の灌漑用水として利用されていたそうです。
しかし、周囲に護岸などの人工物がほとんどないことから、町中に近い秘境としても有名だそうです。
日によっては京都の東映や松竹の撮影所から、映画やドラマの撮影に来ているそうです。
しかも、秘境といえど車でもアクセスができるため、この日もキャンプやハイキング、ドライブ客など色々な人々が遊びに来ていました。
また魚影も濃く、小魚の群れがヒラヒラと泳いでる姿をたくさん見ました。
この日は見かけませんでしたが、釣り人も多いようです。
人気の行楽地です。

ただし、この沢ノ池の周辺には、トイレもなければ水場もありません。
多くの人や、長時間の滞在者を受け入れられるような場所ではないような気がします。
人気のキャンプサイトではあるようですが、キャンプは控えた方が良いと思いました。
また、そこかしこに焚き火の痕跡が残っているのが気になりました。
ブロックを使ったバーベキューのかまどの跡に、金網が置きっぱなしというのもあります。
こんな山奥で火を焚いて山火事にでもなれば、この美しい風景は大打撃を受けますし、山の所有者の財産も侵害されます。
焚き火も控えるべきかもしれません。
多くはないもののゴミの放置も気になりました。
利用と保護の兼ね合いが難しいことはわかりますし、民有地で規制や監視が行き届かないのかもしれません。
でも、人が集まるところは傷みも早く、大きくもなりやすいので、ゆるくてもいいからタガをはめるべきだと思いました。
別に高度な規範意識を求めているわけではなく、この環境を壊さないための最低限の決まりごとがあればいいのです。
そして、既に何かしらのルールがあって、私がそれを知らないだけなら、それはそれでいいのです。
お弁当を食べながら、そんな話ばかりしてました。
景色だけ楽しんでればいいのに、まったく無粋な父子なのです。

昼食後、池の水際を少し散歩してから、仏栗峠に戻りました。
f:id:CHIKUSENDO:20170525232532j:plain
ここからは京都一周トレイルを外れて写真中央右側の破線ルートをたどり、三宝寺というバス停に下山します。
下り始めたのが12時10分頃だったでしょうか。
基本的に尾根伝いの山道でやはり木々が生い茂っていましたが、さすがに南向きの斜面なので、太陽の影響をもろに受けました。
暑いな~暑いな~。
稲川淳二が出てきそうです。
このルートもよく整備されていて、そこかしこに宇多野ボーイスカウト・宇多野消防分団による看板が設置されていました。
また、基本的には眺望のきかない山道なのですが、一ヶ所、岩の崩壊した急斜面があり、ここからは京都市街が一望できます。
f:id:CHIKUSENDO:20170525234757j:plain
写真が下手くそで市街地がよく写ってません…。
ただ、この斜面からは実家が見えていました。
うちから見えるところを歩いてるんだな、と、父が息をはずませながら何度も言っていたのが印象に残っています。
このルートの斜度のきつい斜面は二段構えになっており、上の方は尾根沿い、下の方はトラバースの急斜面でした。
膝に故障を抱えている私は、痛みが出ないように探り探り下山しました。
今週末に櫛形ウインドトレイルに出ることもあり、回復具合の確認も兼ねていました。
幸い膝は痛みませんでしたが、右足のアーチに痛みが少々出ました。
でも、一応は許容範囲です。
50分弱でトレイルを抜け、灼熱のバス通りを京福北野線宇多野駅まで歩きました。
暑さに弱い私たち父子には、このロードが一番きつかったです。
宇多野駅には13時過ぎに到着、山行の終了です。
この日に歩いた距離は、恐らく全て合わせて8km弱、よいリハビリになりました。

京福電車で帰宅すると、本日の復習です。
二人で窓の外を見て、今日はあの山を下ってきたんじゃないか、もうちょっと右じゃないか、などとひとしきり討議しましたが、はっきりとした結論には至りませんでした。
父との会話には、いつもだいたい結論がありませんが、むしろ、必要がないのかもしれません。
父子山行はいつもと同じ父子関係のまま、ドラマもなにもなく、ただ終わりました。
ただ、楽しかったですけど。

その後、簡単に片付けをしてから実家を後にして、東京に戻る新幹線に乗りました。
はからずも密度の濃い出張+アルファとなりましたが、ビールを飲んでうつらうつらしていると、あの山がまた見えてきました。
f:id:CHIKUSENDO:20170526000558j:plain
そして、左にはうっすらと天子山地が。
f:id:CHIKUSENDO:20170526000657j:plain
UTMFには出場したものの、天子山地には行っていない私なので、いつかは必ず行ってみたい気持ちがあります。
まあ、いつでもいいけど。

はからずも父と山ー京都一周トレイル沢ノ池1

先日、名古屋→広島出張の帰りに、京都の両親のもとに1泊して帰ってきました。
金曜の夜に京都の家に着き、お風呂を上がったのが 23時30分過ぎて、歯でも磨いて寝るかと思っているときでした。
父から「明日京都一周トレイルに行こうと思ってるんだけれど、一緒に行かないか」と突然の山行オファーがありました。
普段の私ならばこの手の誘いに乗らないことはあり得ないのですが、この日は出張疲れと装備の不足、そして何よりも心の準備不足で、その場ではオファーを受けずに保留しました。
その光景を見ていた母が、なぜか「せっかくだから行けばいいじゃない。何で行かないのよ。」と、自分は行かないにもかかわらず外野、いや、むしろ内野から煽り立ててきました。
そうは言っても、そもそも寝耳に水もはなはだしく、判断などすぐにはできないのです。
ともかく、次の朝きちんと起きられたらということでその場から逃げて、まずは寝ることにしました。
いくら子供であるとはいえ、もう40歳近いおじさん見習いなのです。
行きたい気持ちはあっても、身体との相談なしに即答はできない年齢です。
まずは寝て、身体の返答を待つことにしました。

翌朝目が覚めると、無理しないなら行ってもいいぞという身体からの回答がありました。
起こしにきた父に行くよと告げて、パッと準備してササっと食事して出発しました。
起きてから40分くらいで出発したのですが、私の装備はファーストエイドキットと上下のウインドシェル、お弁当くらいのものだったので、時間もかかりませんでした。
今回の目的地は京都一周トレイル北山コースの80番、沢ノ池です。
実家からは電車とバスを乗り継いで1時間ほどで、登山口のある高雄に到着しました。
神護寺で有名な高雄ですが、京都一周トレイル北山西部コースの重要な拠点でもあります。
10時10分頃、山行開始です。

そもそも、私の父がなぜ沢ノ池に行きたがったかというと、秋にスケッチハイキングに行くための下見とのことでした。
定年後に父は、近くにある美大の絵画教室に通い始めました。
その教室の講師である画家さんが、山岳ガイドでもあるそうで、スケッチに出かけるとほとんどが山登りなのだそうです。
父は昔、真冬の八ヶ岳を南北通して単独縦走するようなハードな登山者だったそうで、私がまだ小児だった頃は、父の使っていた柄が木製のピッケルや竹製のストックや輪かんじきなどが部屋に転がっていたものでした。
そんな、ハードな山のキャリアを持つ父ですが、絵が描けるうえに山にも行けるその教室がとても気に入っているようです。
それにしても、秋の下見を5月にするって早すぎない?
とは思っていたものの、これも何かの機会です。
はからずもお相伴することとなりました。
父はハイキングスタイル、私はトレラン装束と、ちぐはぐなコンビですが、恐らく初めての父子二人だけの山行です。

この日は京都一周トレイル北山コースの西部を、標識番号とは逆に進むルートを選びました。
京都一周トレイルには、ポイントに標識番号が記されており、そもそも、ではなく、基本的に反時計回りに番号が振られています。
私たちは高雄のバス停から車道を歩いて、87番の登山口から入山しました。
入山とはいえ、最初の30分ほどは沢沿いの舗装林道の登りでした。
けっこう急な登りで、トレランだとほとんどのランナーは走らないくらいの斜度があるものの、足元がよいので楽に歩けます。
この日の京都は30℃くらいまで上がる暑い日でしたが、ここは沢沿いでさわやかな風が流れていたため、けっこう快適に歩くことができました。

舗装林道の途中から本格的に山道に入ります。
この85番の標識が目印となります。
f:id:CHIKUSENDO:20170524234652j:plain
山道では、シャクナゲでしょうか。
名前はよくわからないのですが、そこかしこで咲き誇っていました。
f:id:CHIKUSENDO:20170524234820j:plain
急な登りは長くはないものの、路面が崩れやすいので少し気を付けた方がよさそうでした。
f:id:CHIKUSENDO:20170524234908j:plain
斜面を登りきると、ほぼフラットなトラバースに変わります。
細い木が密生していて、太陽の暑さを遮ってくれています。
f:id:CHIKUSENDO:20170524235013j:plain
私はこういう木漏れ日が好きで、行き会うとつい足を止めて見いってしまいます。
フラットな道をどんどん進むと、仏栗と書いてホトグリ峠にたどり着きます。
f:id:CHIKUSENDO:20170525211308j:plain
仏栗峠の四叉路を左に下ると、車がすれ違えるくらいに広い未舗装林道に出ます。
高雄のバス停からここまで、4km弱の道のりに50分ほどかかりました。
緩い斜面を下りきると、沢ノ池です。
f:id:CHIKUSENDO:20170524235050j:plain
何だここ…。
見た瞬間、水の青色に引き込まれてしまいました。

川のある風景

出張で名古屋の国際会議場に行きました。
市営地下鉄西高蔵から会議場に向かう橋から撮った1枚。
f:id:CHIKUSENDO:20170519002232j:plain
新緑と太陽のまばゆさ。
空も川も明るい輝きを放っています。

名古屋に立ち寄ったその足を伸ばして訪れた、広島の国際会議場に向かう途中の1枚。
f:id:CHIKUSENDO:20170519002754j:plain
川の青と山の青と空の青と、青で織り成す景色の中に都会の営みが織り込まれています。

地元の人にとっては何てことのない風景も、旅人の目から見れば、何かしらの意味を感じる特別な景色と化します。
そして、日常を離れた景色に身を置くと、自分自身の日常もまた、誰かにとっての非日常であることを強く意識します。
私の性格であったり、もしくは個体の性質レベルですらあるのかもしれませんが、こうした非日常に定期的に触れていないと、日常自体がうまくいかなくなることがあります。
私が山に入ることで享受する非日常は、私の日常を維持する役割も担っています。

ただし、非日常がいくら必要だからといって、日常が破壊された上での非日常を求めるものではありません。
例えばこの街が過去に受けた極めて悲惨な日常の破壊は、この先世界のどこでも起こしてはならないのです。
f:id:CHIKUSENDO:20170520171027j:plain
私の求める非日常は、平和な日常に帰ることのできる平和な非日常なのだと思います。
鷺が川沿いの歩道にたたずんでいました。
f:id:CHIKUSENDO:20170520171311j:plain
進行方向をふさがれて立ち往生の武蔵坊弁慶ならぬ竹仙坊でしたが、私はこの鷺という鳥の泰然自若として傍若無人な感じが好きなのです。
f:id:CHIKUSENDO:20170520173600j:plain
片足で立って何を見ているのでしょうか。
このまま何事もなく暮れて、無事に次の朝を迎えられる世界を、おじさんとなった私は、主体的に守っていかないといけないのだと思います。
この街に来ると、いつもそういう気持ちと向き合うことになります。
また近いうちに訪れたいと思っています。
今度は自分のお金で…。

広告を非表示にする

装備ー奥三河パワートレイル2017余録3

三河パワートレイル2017の装備の記録です。
ブログを始めた頃の一番の目的が、こうした記録をつけることだったのですが、今回はうっかり忘れていました。
レースを楽しみすぎて、いまだに浮かれているのかもしれません。
ヤバイなヤバイな…。

帽子:ロウアルパイン
首:手ぬぐい
シャツ:デサント半袖ジップネック
アーム:ファイントラックアクティブスキン
手袋:サロモン
アンダー:マーモットPPノースリーブ
パンツ:ノースフェイス腹巻きパンツ
タイツ:C3fitハーフ
カーフ:CEP
靴下:サロモン
靴:テクニカインフェルノ
リュック:オスプレイデューロ6
レインジャケット:ノースフェイス
レインパンツ:ノースフェイスストライカー
必携品:アウトドアリサーチ長袖
水:ソフトフラスク;500mL×2/250mL×2

今回でロウアルパインの帽子にお別れしました。
f:id:CHIKUSENDO:20170517211241j:plain
オールスポーツの写真から類推するに、恐らく2013年のハセツネから使用していたようです。
トレイルランニング専用にしていて、とても気に入っていました。
しかし、長年のハードな使用で臭いが取れなくなってしまい、今回の奥三河パワートレイルをもって引退しました。
例えば、トレランが終わってから後泊等をした場合、ウェアを使用してから洗濯するまでに、かなり長い時間が経つことになります。
帽子は構造が複雑なため、その長い時間の間に、臭いの素がたまりやすいのだと思います。
最近はこまめに予洗いしていたのですが、とうとうレース中にすら臭うようになってしまいました。
充分に役割を果たしてくれたと思います。
長い間、お世話になりました。

水と味噌ー奥三河パワートレイル2017余録2

戦国時代の兵糧の話かと思わざるを得ないタイトルをつけましたが、平和な日本国におけるトレイルランニングのお話です。
城に井戸を掘って陣笠で味噌汁を作るみたいなお話ではございませんので、悪しからず。

今回の奥三河パワートレイル2017では、リュックを変えた以外にも新しい試みをいくつかしました。
その一つが水の携行・摂取方法です。
水分摂取が多めのトレイルランナーである私は、40kmを超えるレースでは、レギュレーションにかかわらず、予備の500mLを含めて2.5Lほどの水分を持って走るのが通常でした。
エイドで補給できるとわかってても、持っていないと不安だったのです。
ただ、当然のごとく装備が重くなってしまい、スタートから疲れているような状況でした。
昨年から、距離とエイド数に応じて減らす試みを始めましたが、それでもスタート時に2Lは装備していることの方が多いです。
しかし今回は思いきって、予備を含めて1.5Lにおさえてみました。
内訳は全て水で、フロントに500mLのソフトフラスクを2本、リュック内に250mLのソフトフラスク2本です。
250mLの2本が予備扱いです。
f:id:CHIKUSENDO:20170516221235j:plain
試みの結果としては大成功でした。
暑い日であったにもかかわらず、水不足で不安になることもなく、軽快に走れました。
あくまでエイドでの補給を怠らないことが前提なので、レースによっては無理かもしれませんが、一つの標準的指針が確立できそうです。
もう6年もトレランをしているのですが、自分がどれだけの水分を必要としているか、きちんと検証したのは初めてでした。
思いついたらやってみるものです。

もう一つは、味噌。
エナジー味噌飛脚という商品を今回試しましたが、味噌好きな私としては満足の一品でした。
f:id:CHIKUSENDO:20170428014632j:plain
はちみつと黒酢が入っていて、運動中の栄養補給にはちょうどいいです。
昨年レース中に見かけてから気にはなっていたのですが、取り扱い店が少ないため、なかなか手に入れられないでいました。
仕方がないのでスーパーで売っているおでん味噌とかゆず味噌とかを試していましたが、甘すぎて行動中そのまま食べるには不向きでした。
このエナジー味噌飛脚は、はちみつ入りとはいえ、黒酢が効いていて、さっぱり食べられます。
子供の頃から味噌をそのまま食べてしまうのが好きだった私なので、食べる味噌への評価はどうしても甘くなるのですが、それを割引いても良いものだと思います。

今回リタイアはしましたが、こういうところではいい収穫がありました。
やはり、思いついたらやってみるものですね。
たとえレースの結果がショボくても、楽しみが広がります。

摩擦考ー奥三河パワートレイル2017余録1

先だって一線を退いた旧型ルーファスの後継者に選んだのが、オスプレイのデューロ6です。
f:id:CHIKUSENDO:20170425011018j:plain
今回の奥三河パワートレイル2017でデビューしました。

さて、デューロ6はベスト型で、フロントハーネスにソフトフラスク等が入る大型ポケットと、ジェル等が入る小型ポケットがそれぞれ左右1つずつ、左にはジップの中型ポケットが1つあります。
本体は、左右の下部にメッシュポケット、ハイドレーションパック用荷室とメイン荷室、背面メッシュフラップポケットという構成です。
メイン荷室上部には小物が入るサブポケットも付いています。

購入してから一度も使わずに本番を迎えたのですが、結論から言うと快適なリュックでした。
初めは若干小さいかなと思っていましたが、背面のフラップポケットを活用すればさほど問題ありませんでした。
一番感心したのは重心の高さです。
今回はハイドレーションを使用しなかったので一概には言えませんが、肩甲骨の最下部より下に重さを感じず、まるで肩甲骨に吸い付いているような背負い心地でした。
現在、他にはマウンテンハードウェアのフリューイッドレースベストパックと、ウルトラスパイアのオメガを使用していますが、どちらもデューロに比べればどうしても重心が下がり気味になっていました。
デューロはその点、重心の高さを維持できやすく、今までに経験のない快適さを覚えました。
理由はフォルムにあると思われます。
上がデューロ、下の左がフリューイッドパック、右がオメガです。
f:id:CHIKUSENDO:20170514212015j:plain
背面から見ると、フリューイッドは縦長、オメガは下ぶくれのフォルムで、上下の重心を意識せざるを得ません。
対してデューロは、下が若干すぼまった寸胴型をしていて、重さを横方向へ分散できるような構造をしているように思います。
それが重心の高さ感覚につながっているのではないか、と推測しています。
もう一つは、身体に接する面積の大きさです。
印象ですが、デューロは体を包む部分の面積がこの中では一番大きいように見えます。
特に、ショルダーハーネスの面積の大きさが目立ちます。
身体との摩擦が大きくてリュックがずれにくいため、その一環で下がりにくいのではないかと思われます。
今度はハイドレーションを使用して検証しようと思っています。

デューロの難点を強いて挙げるなら、フロントの大きい方のメッシュポケットが硬く、同じオスプレイの500mLソフトフラスクの出し入れが多少窮屈なことです。
これはボトル使用ならば問題ないと思います。
また、ソフトフラスクではサロモンの500mLの方が、形状の違いのためか、出し入れが楽でした。
サロモンの方がメッシュと摩擦する面積が小さく、ひっかかりが少ないのが原因だと思います。f:id:CHIKUSENDO:20170514211118j:plain
右端のオスプレイ500mLとその左隣のサロモン500mLを比べると、横幅の違いが一目瞭然だと思います。
一概に摩擦が大きいといっても、良し悪しは状況次第なのが面白いところです。

次もここだの四谷千枚田ー奥三河パワートレイル2017レポート4

三河パワートレイル2017レポート、第4段です。
右脚の痛みが激しくなり、A4四谷千枚田でリタイアしました。
リタイアデスクでICタグ付ゼッケンを切り取ってもらい、エイドの猪汁とおにぎりで遅めの昼食をとります。
f:id:CHIKUSENDO:20170513104433j:plain
私はこの猪汁が気に入ってしまい、滞在中にトータルで三杯いただいてしまいました。
おにぎりも美味しかったです。

その後、出発関門時刻(15:40)まで応援してから、リタイアバスでも乗ろうかなと思っていると、エイドスタッフのアナウンスが聞こえてきました。
いわく、今から郷土料理の焼き肉を始めるのでリタイアした皆さん、ゆっくり食べていってください。
胃腸が丈夫なトレイルランナーである私は、エイドの提供食品を非常に楽しみにしています。
さっきの猪汁とおにぎりでも満足してたのですが、裏メニューまで食べられるなんて、このエイド最高じゃないか!
と、単純に喜んでしまいました。
とはいっても、バーベキューのようなスタイルで調理するため、一回に作れる量が限られます。
私が食べられたのは第2陣だったと思います。f:id:CHIKUSENDO:20170513104554j:plain
こんな感じで並びながら、猪汁をすすったり、写真を撮ったり、レースからの解放感を満喫していました。
郷土料理「焼き肉」は、甘辛なタレで味付けされた鳥モツのバーベキューのような料理でした。
f:id:CHIKUSENDO:20170513104757j:plain
黄色いのはいわゆるキンカンです。
疲れた身体には強い歯ごたえの料理ですが、猪汁と合わせて、力が戻ってくる料理でした。

料理の品数も増えて、関門閉鎖後のA4四谷千枚田は宴会のような雰囲気になっていました。
f:id:CHIKUSENDO:20170513105031j:plain
地元の人以外はリタイア者しかいないはずなのに、悲壮感がほとんど感じられない、むしろ不思議な幸福感が漂っていました。
閉鎖後の関門に到着するランナーを迎えながらモグモグ、リタイアバスまでの道のりの説明を聞きながらモグモグ、思い返せば食べてばっかりだったような気がします。
少しくらい挫折しても美味しい物さえ食べれば、私達は幸福感を取り戻すことが出きるということなのかもしれません。
また、これもボランティアスタッフの心遣いで、大変だっただろうけどとりあえず食べて元気だそうぜ、というメッセージだったのかもしれません。
そして、美しい棚田。
f:id:CHIKUSENDO:20170514121751j:plain
次にリタイアするときもここだ。
お腹いっぱいになりました。
本当にご馳走さまでした。

さて、リタイア後の幸福度ナンバーワンエイド(?)のA4四谷千枚田ですが、唯一の欠点は、リタイアバスまで徒歩20分ほどかかることです。
しかも痛めた脚に負荷のかかる下り坂です。
エイドスタッフのおじさんは、50kmくらい走ってきてるんだから20分くらい何てことないでしょ!と、軽く明るく言っていましたが、故障を抱えた脚で下る20分は軽い苦行です。
また、リタイアバスに乗ろうというランナーは、皆何かしらの問題を抱えているからレースをやめたのであって、歩きの20分ですら大変な人は多いと思います。
それでもバスまでの道中は、千枚田を構成する棚田を間近で観察したり、
f:id:CHIKUSENDO:20170513105142j:plain
リタイア仲間の皆さんとリタイアトークしたり、痛みはあるものの、なんだか楽しく過ごせてしまいました。
和気あいあいとバスに乗り込み、出発後は爆睡。
フィニッシュの「裏口」にたどり着いたのが17:20頃、スタートから10時間50分でした。
荷物を取って宿に戻るとき、フィニッシュゲートの脇を通ります。
今度出場するときは、このフィニッシュゲートを正面からくぐりたいものです。