竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

なんとか完走ーチャレンジ富士五湖100km2019速報

本日開催の第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの100kmの部を完走しました。
ロードのウルトラマラソンは初めてでしたが、なんとかフィニッシュにたどり着くことができました。
f:id:CHIKUSENDO:20190421230011j:plain
多色使いの豪華な完走メダルで、ちょっとビックリしています。
今日は暑さに苦しみ、ちょっとした足の痛みにも悩まされましたが、とりあえず最後まで我慢ができたことはよかったなと思います。
また、55kmくらいの地点でこのブログの読者の方に声をかけていただき、応援もしていただきました。
暑さでもうろうとしていたため、通りいっぺんのご挨拶しかできずに申し訳ありませんでした。
応援いただいて非常に力になりました。
この場を借りて感謝申し上げます!

違えども違えどもーチャレンジ富士五湖100km2019予報

先月の2019板橋Cityマラソン以降、体調不良などで練習ができなかったのですが*、ここに来てようやく少し走ることができました。

http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2019/04/08/205725
日曜日と火曜日にそれぞれ10km強走り込み、走る感覚を取り戻してきたところでした。
しかし、特に火曜日の練習で向かい風に乗りながら快調に走ってしまったのが災いし、逆に体に妙な感覚が残ってしまいました。
次の日は職場で足が非常に重たく感じられ、帰宅ランを予定していたものの、取り止めました。
ランはせずに軽いウォーキングに切り替えたところで、チャレンジ富士五湖に向けた練習は終了することにしました。
足の重さは疲れなのだと思います。
大して走っていない私がなぜ疲れているのか、と自問しても満足のいく解答ができないのですが、これを機会に、疲れを解消することに力を入れたいと思います。

ということで、完全な練習不足で挑むチャレンジ富士五湖ですが、装備の準備だけはある程度進めています。
私にとっては初のロードのウルトラディスタンスのレースですが、トレイルではある程度ウルトラの経験があります。
ウェアに関してはその経験を流用しようかと思っています。
私はウルトラのトレイルでは、上半身サイクルジャージで臨みます。
背中のポケットに物を入れて走りたいからなのですが、エイドの充実しているウルトラマラソンでも、それなりに補給食を持って走りたいと思っています。
また、約56km地点にドロップバッグがあるので、着替えも用意しました。
f:id:CHIKUSENDO:20190419191408j:plain
右の緑のジャージを前半、左のジャージを後半に着用する予定です。
ドロップバッグのあるレースでは必ず着替えることにしています。
前半と後半は2つの違うレースという感覚で走りたいからです。
これは集中力の問題なのですが、100kmを通じて集中力を保つのは私にとっては至難の業です。
ある程度の距離でレースを気持ちの上で「終わらせ」て、新たなレースのスタートを切ることで、残りの距離の集中力を持続させようという作戦です。
FTR100ではこの作戦で毎回臨んでいましたが、ロードのウルトラでは初めてです。
違うレースとはいえ、1つのレースであることには変わりないのですが、首尾やいかに。

ところで、緑のジャージはウルトラトレイルではよく着用しているのですが、この富士山のエリアには縁がありませんでした。
UTMF2016に出場した際、ドロップバッグに着替えとして入れていたのがこの緑のジャージでした。
しかし、ご存知のようにUTMF2016は44kmの短縮レースとなり**、ドロップバッグを使うことがなくなったため、これを着て走ることはありませんでした。
**
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/01/25/003931
あれから3年近く経って、初めてこのジャージに富士山を見せることができます。
大会も競技も違いますが、富士山であることには違いがありません。
帰って来たとか、忘れものを取りに来たとか、そうしたものを感じながら臨むレースになりそうです。
練習を積めていないので自信はありません。
でも、せっかくなので、やれるだけのことをやって、走れるだけ走ってこようかと思います。
少なくともドロップバッグまではたどり着かなくてはならないでしょうね。
そこから違うレースを始めて、最後には1つのレースを完走している、そんな結果で終われるように精進したいと思っています。
果たせるかな。

計画通りにいかないことがたくさんある

4月21日開催のチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの100kmの部にエントリーしていますが、3月17日の2019板橋Cityマラソンを完走してから、ろくに走れない日々が続いております。
本当は板橋Cityの翌週に60km走をしなければならなかったのですが、会社を早退するほどの大風邪を引いて寝込んでしまい、走ることができませんでした。
その後も体調不良や行事(大体お花見)などが続き、練習時間を確保できませんでした。
f:id:CHIKUSENDO:20190408195147j:plain
こうして夜桜にうつつを抜かしていたら、板橋City以降の走行距離はトータル20km、体重も増えていて、こんな状態で100kmなんて走れるのか、非常に不安です。

とはいえ、開き直ってしまえば、そもそも私は計画通りに物事を進めるのが苦手な人間です。
そもそものそもそも、計画を立てること自体が大の苦手なのです。
そういう意味でいえば、計画通りにいかないことは、むしろ通常運行
日常的に慣れたものです。
不安な気持ちになる必要など、本来はどこにもありません。
なぜ今回不安になるのかというと、100kmのロードランニングをしたことがないからです。
経験のない長距離には不安を覚えて当然です。
それでも、私はこれまでの人生で、それまで経験したことのないものをどれくらい経験してきているのか。
そう考えたら、特に不安を覚えることもないような気がしてきました。
たぶん人生は、大体において、経験のないものを経験あるものに変える過程であるのだと思います。

昨年4月7日に私は、人生で初めての骨折をしました。
ちょうど1年が経ちましたが、これもまた、経験のないものを経験のあるものに変えた事例です。
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/04/08/175630
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/04/22/063505
まあ骨折なんて通常は意図してやるものではないので、意図せずに経験のあるものに「変わってしまった」のですが。
でも、この「変わってしまった」こともまた人生では大切であると思います。
恐らく人生とは、意図して変えるものと意図せずに変わってしまうことをごちゃ混ぜにしながら進んでいく過程であると言えます。
端的には、未経験を経験するのが人生であると、言えなくもないのです。
意図した経験も意図しなかった経験も、それが人生の構成要素であることには変わりません。
もちろん経験には、耐え難い苦しみや捨て去りたい痛みを伴うものがあることは重々承知しています。
それに苦悩する時間の長さもまた、重々実感してきました。
それでも、それら全ては人生において必要なものであると、肯定的に受容したいと私は思うのです。

ウルトラマラソンの練習が計画通りにいかないことの言い訳をくどくど述べるために人生を安易に語ってしまいましたが、まあ、これはこれで計画通りなのかもしれません。
こんなたわごとを書くのが計画通りでもウルトラマラソンの役には立ちませんが、私の精神衛生を保つためには充分に役立つと思います。
そんな言い訳ではございましたが、さすがにそろそろ走ろうかな。
さすがに…。

愛用品は廃盤品2ー板橋Cityマラソン2019余録

2019板橋Cityマラソンの装備等の記録です。

帽子:ノースフェイス・スワローテイル
サングラス:スワンズ富士山マラソン参加賞
シャツ:ノースフェイス・クルーネック半袖
アンダーシャツ:オンヨネ・ブレステックPPノースリーブ
アームスリーブ:スキンズ
ズボン:ノースフェイス・腹巻き風パンツ
腹巻き:モンベル・ジオライン薄手
タイツ:ゼロフィット
カーフスリーブ:CEP・レース
靴下:インジンジ
靴:アシックス・ヌーサFF

今回履いたヌーサFFは2シーズン前のモデルで、最新盤はFF2となっていますが、どうやらこのヌーサというシリーズが廃盤になってしまったようです。
私はこのヌーサが好きで、フルマラソンや長距離のランニングの際は、第一選択というか、唯一の選択肢です※。

http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/03/27/000007
板橋City2019では二足目(写真下)を履きましたが、2018で履いた一足目(写真上)もまだ現役です。
f:id:CHIKUSENDO:20190326121336j:plain
一足目は来月のチャレンジ富士五湖でお役ごめんとなるかもしれませんが、まだしばらくは付き合ってもらいたいと思っています。
クッションと反発性のバランスが私好みで、フルでもウルトラでも、高速レースでなければ常にこの一択でいきたいと思っていました。

ところが、このヌーサFFは既に現行盤ではないので、ダメになったときには最新盤を買えばよいと思っていたところ、アシックスのラインアップからヌーサというシリーズがなくなってしまったのです。
最新のFF2ですら、公式オンラインショップからも消えています。
私は自分の愛用品が廃盤になる経験が多く、その原因が自分にあることもよくわかっているのですが※※、これにはやはり参りました。
※※
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/12/04/224553
現行の体制であと1年は持つとは思いますが、そのあと後継者を探す作業に入るのが、楽しみではありますが、ずいぶん億劫でもあります。
ヌーサの復活を祈ります。
祈りがどこかに通じて、廃盤品の神様が降臨してくれればよいのですが。
捨てる神あればなんとやらとはなりませんかね…。

南風に吹かれながらー板橋Cityマラソン2019レポート3

2019板橋Cityマラソンのレポート第3段です。
人ごみに流されながら25kmを過ぎたところで、例年にはない味方に気がつきました。
板橋Cityの名物は後半の向かい風で、それは関東の冬に吹く北寄りの風でした。
ところがこの日のレース中は、終始南寄りの風が吹いていました。
f:id:CHIKUSENDO:20190324141516j:plain
東京地方のアメダスでも、スタートの9時から私がフィニッシュした13時までずっと南風が吹いていることがわかります。
今回はこの風に助けられました。

人ごみに苦しんでいた私ですが、25km過ぎからだいぶ走りやすくなってきました。
まだ人は多いのですが、ペースが似たようなランナーが増えてきて、スピードの維持が楽になってきました。
それから南風です。
この南風、前半は向かい風として吹いていたのですが、折り返したあとも風向きが変わらず、内心しめたと思っていました。
このまま風向きが変わらずにいてくれれば、向かい風と闘わなくてよいわけで、後半がかなり楽になります。
何が一番楽かといえば精神的になのですが、私にとっては苦しいレースになりがちな板橋Cityマラソンにおいて、大きな味方に思えました。
この一年前、2018板橋Cityマラソンでは天気予報では吹くはずだった南風が吹かず※、失速と撃沈に繋がりました。
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/03/23/122531
今年、南風に吹かれながら走れたのは大きな幸運でした。
シュールな夢のひとつもみたくなりますが、とりあえずはゴールまで走り続けるだけです。

追い風に乗れた25kmから35kmまでの10kmは、30kmの壁も来ずに走ることができました。
この区間は10kmごとの休憩に加えて、エイドステーションごとに10秒程度のストップを入れることことにしました。
調子はいいものの集中力が途切れがちになってきたため、気分転換の目的がありました。
一本調子が苦手な私は、本来フルフラットな板橋Cityマラソンが得意ではありません。
それでも、一本調子にならない工夫ができればなんとかなるのではないかと思い、積極的に止まることにしました。
こうしたストップで精神的に刺激が入り、また新たな気持ちで走り出すことができるような気がします。
今回の試みは結果としては上手く行ったと言えると思います。

35kmからのラップは若干落ちてしまいましたが、これはやはり壁があったとしか言えないような気がします。
この辺りになると、自分のペースよりも目の前のランナーを全員抜いていこう、という気持ちで走りましたが、まあ無理ですね。
調子がよかっただけに調子に乗ってしまったというか、未熟なものです。
私がいつまでも抱える課題なのだと思います。

グロスでのサブフォーを本格的に意識し始めたのは残り2kmほどからでしょうか。
もうこの先失速したとしても、ネットでのサブフォーは確実でした。
まあ、グロスサブフォーはどちらでもいいかなと思いながらも、今走らなきゃいつ走るんだという思いにも駆られ、疾走を続けるしかありませんでした。
つくづく、フルマラソンは気持ちのスポーツだなと思います。
それとも、そもそもスポーツは気持ちなのか。
その答えはわからないものの、会社の同僚が応援してくれているのを見たら、もう走るしかありません。
残り200mでも気を抜けませんでした。
フィニッシュラインを通りすぎたときに見えた時計がまだ3時間台だったところで、ようやく報われた気持ちになりました。
グロスで3時間59分57秒、ネットで3時間50分27秒。
南風に吹かれながら、シュールな夢は見ることができませんでしたが、ゴールを迎えることができたのがこの日一番の幸いでした。
走ってゆけどこまでも、と言われても、さすがにそれもできませんから。

人ごみに流されてー板橋Cityマラソン2019レポート2

2019板橋Cityマラソンのレポート第2段です。
今回Gブロックからのスタートだった私は、スタートラインを越えるまでに9分30秒かかりました。
スタートラインまでの間は、板橋吹奏楽団の演奏を聴きながらほぼ徒歩で進みました。
彼らの演奏には、いつも心を奮い立たせてもらっています。
ありがたいことです。

9分30秒後にたどり着いたスタートライン上でストップウォッチを起動し、ネットタイムでの管理を始めました。
今回の目標は4年ぶりのサブフォーです。
ペースは1キロ5分30秒の計画、その他に作戦として、10kmごとに休憩をとることにしました。
私は元々、フルマラソンのエイドでは立ち止まることなく給水を済ませるタイプのランナーです。
そうしなければならない、という思い込みもあったのですが、今回はあえて数十秒立ち止まることにしました。
そうすると、フルマラソンを10km×4+2195mに細分化して走ることになります。
おおざっぱに言えば、10kmを4回走ればいいのです。
こう考えると、フルマラソンの距離に対する心理的なプレッシャーが緩和されます。
これは私のオリジナルではなく、何かの本かどなたかのブログで紹介されていた方法です。
昨年骨折して以来、距離の長いレースに出ていない私には、距離への不安がありました。
それを軽くすることができるならば、いままでとは違う方法を採用してもいいのではないか、そう思っての今回の作戦です。

スタートしてからしばらくは、ラッシュアワーのような状態でした。
とにかく人が多くて、必要なスピードまで上げられませんでした。
最初の5kmは28分30秒、キロ5分42秒は少々時間をかけすぎですが、人ごみの影響を考えれば致し方ないかなと思います。
ここまではウォーミングアップ、残りの区間でカバーすればよいでしょう、と走りながら考えていました。
それ以降、ペースは上向きとなります。
ランナーズアップデートのラップタイムを見てみると、
f:id:CHIKUSENDO:20190323111634j:plain
数字の上では良好な展開ですが、15~20km、20~25kmでペースが乱高下しているのがわかると思います。
原因は人ごみです。
参加者が1万5000人前後と巨大な大会である板橋Cityマラソンですが、コース幅はさほど広くないため、ある程度の距離を走っても人ごみが切れることがありません。
また、15~20km、20~25kmという区間は折り返しの影響で対面通行となるため、走路が大きく制限されます。
特に私が走っていたサブフォーペースはボリュームゾーンでもあるため、まあ、人の多いこと多いこと。
人ごみが苦手な私にとっては大きなストレスでした。
特に15kmからペースが上がってしまっているのは、人ごみを嫌って、なるべく人のいないスペースに出ようとして、前のランナーを抜きながら走っているからです。
これでは足を使ってしまうので、レース終盤に響きます。
昨年の板橋Cityマラソンで私は大失速しましたが、原因はほとんど同じです※。

http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/03/21/193140

こうしたレースにおける対人ストレス耐性のようなもの、鍛え方はあるものなのでしょうか。
私は毎日ラッシュ時に通勤していますが、鍛えられているような感覚はなく、ただ毎日が苦痛なだけです。
それと同じで、レースの人ごみにも、何回出場しても慣れることがありません。
人ごみに流されて走っていく私を、誰かが時々遠くで叱っているのかどうかは知りませんが、本当にどうしたものかなと思います。

ただ、ひとつ今回は効を奏していたのが10kmごとに立ち止まっていることでした。
そこで頭と気持ちの切り替えができるため、次の10kmに対してどのように臨むかを考え直すことができました。
20kmからの5kmはボリュームゾーンが折り返すので、人ごみが半端ないことになります。
そこでまた足を使ってしまわないように自重することにしました。
結局、変えられるのは自分の行動だけなのかもしれません。
そんなこんなで、ようやっと人ごみが緩和されてきたのは、25kmを過ぎてからでした。

9分30秒ー板橋Cityマラソン2019レポート1

3月17日開催の2019板橋Cityマラソンに出場しました。
浮間舟渡駅から会場に向かう導線上にある浮間公園の一コマ。
f:id:CHIKUSENDO:20190318192333j:plain
なんだかのどかでいい公園なんです。
意外とフォトジェニックでもあります。
いつも公園の北区側でトイレを済ませてから会場に向かいますが、トイレだけではもったいないくらい、いい雰囲気の公園です。
桜の季節には花見も楽しめます。

と、浮間公園の宣伝はここまでにして、「板橋区内は2kmほどしか走らない」でおなじみの板橋Cityマラソンのレポートです。
私は地元の大会ということもあり、都合がつけば出走することにしています。
今回で3年連続5回目となります。
この大会のコースは河川敷の往復で、どフラット、季節的に往路が追い風、復路が向かい風となることが多いのが特徴です。

私の今年の目標は4年ぶりのサブフォーでした。
2015年の館山若潮ラソンで3時間25分の自己ベストを出して以来、フルマラソンに縁が薄くなっていました。
DNSやDNF※を繰り返していたのですが、トレイルランニングにかまけていたこともあり、きちんとマラソンに向き合ってきませんでした。
そうこうするうちに、昨年、3年ぶりに本気で走った板橋Cityマラソンで、初めてサブフォーを逃しました※※。
コンディションが悪くてどうしようもない面もあったのですが、いままでできていたことができなくなったことに、恐怖に似た感情を覚えました。
もっと走ろう。
なんて思っていたところ、直後に山で骨折してしまい出鼻をくじかれたのですが、それでも前の年に比べて走行距離は増えていきました。
山に行かなくなって時間と体力に余裕があったというのもありますが、ただ走ることの楽しさというものに、改めて気づいたのかもしれません。
もう一回、初マラソンの時のように練習を積み重ねる気持ちになれたのはよかったと思います。

また、今回の板橋Cityマラソンには、4月のチャレンジ富士五湖の100kmに出場するためのトレーニングの一環としての側面もありました。
ウルトラトレイルの経験はありますが、ロードのウルトラマラソンは初めてです。
不安が大きいのですが、不安を和らげるには練習を積み重ねるしかありません。
この日のフルマラソンも、有効なトレーニングとすることができれば、また不安も和らぐのだと思います。

そんなあれこれを、号砲がなってからスタートラインにたどり着くまでの9分30秒の間につらつら考えていました。
今回はGブロックからのスタートで、しかもそのブロックの後方にいたため、それだけの時間がかかりました。
他にはしょうもないことばかり、頭に浮かんでは消え浮かんでは消えしていましたが、大切なのは今回の板橋Cityマラソンが自分にとってどんな意味を持つのか、ということを把握しておくこと。
9分30秒あれば、飽きるほどの再確認ができます。そして自分自身、半ば飽きてしまったところで現れるスタートラインです。
ピーっと鳴り続ける計測器の音に送られて走り出します。
ここまで長くかかりましたが、この先も長いかな。


http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/03/15/193344
※※
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/03/18/153044