竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

竹仙坊骨折抄2018年4月10~23日入院治療編

あきる野市の馬頭刈尾根で転落して左上腕骨を骨折した話の続編です。
4月7日の事故から6週間近く経ちましたが、折ったあたりは時折疼く程度です。
今回は入院から手術を経て退院するまでを振り返ってみることにします。
前回までは事故編*と搬送編**にまとめてあります。
*事故編
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/04/22/063505
**搬送編
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/05/05/091433

4月7日に骨折して搬送され、応急措置の後に再搬送された帝京大学病院で、左上腕骨骨幹部骨折の診断を受けました。
上腕骨骨幹部とは二の腕の骨の真ん中あたりのことで、そこが螺旋状に折れているとのことでした。
4月10日(火)の再診にて、入院しての手術がお奨めであるとの説明を改めて受けました。
折れた骨同士の間隔が大きめに離れていて、固定のみでは修復するのが難しいとのことでした。
また、手術の方が復帰までの期間が短く済むとのこともあり、二つ返事でOK。
準備は整えてきていたので、その場で即入院しました。

入院後に手術日が4月12日(木)と決まり、当日は母に来てもらいました。
私にとっては人生2度目の手術でしたが、前回の2001年に左肩を手術した時も力を借りています。
有り難いものです。
f:id:CHIKUSENDO:20180520144600j:plain
母が撮影した術衣の私。
息子の術衣姿を見慣れてしまうというのはどんな気持ちなのか、機会があれば聞いてみたいと思います。
ちなみに、私の両親は入院を要する大病や大ケガに今のところ縁がなく、息子の私の方が手間をかけてばかりです。
今のところ、私は不孝息子以外の何者でもないのです。

手術は救急外来で診察してくれた若い医師が執刀してくれたようです。
骨折部位は元通りに修復された後、ボルト1本、プレート1枚とそれを固定するネジ6本が埋め込まれました。
手術自体は1時間半くらいで終わったそうです。
また、今回の手術は全身麻酔でした。
全身麻酔も人生2度目でしたが、前回は覚めるときに口の中に強烈な苦味を感じて非常に不快だった記憶があります。
今回も麻酔から覚めるときは苦味を覚悟していたのですが、予想に反して全く苦味を感じず、嬉しくも拍子抜けしました。
f:id:CHIKUSENDO:20180520153845j:plain
お見舞いに来てくれた友人Bさん撮影の術後の1枚です。
このときはギプスはしていないものの、包帯でグルグル巻きになった上に、ドレーンチューブが左腕に入りっぱなしになっています。
術後の2,3日は痛みに苦しみましたが、4日目になって急に痛みが引いていきました。
ドレーンチューブも4日目の夜に抜いてもらえました。
その後は、入院生活もだんだんと楽になっていきました。

手術の翌日4月13日(金)から左腕のリハビリテーションが始まりました。
帝京病院では、腕の障害は作業療法士が担当するようです。
私の場合、骨折と、手術でチタンプレートを埋め込むために上腕の筋肉を割いたことによる人工的な肉離れの影響で、左腕の曲げ伸ばしができなくなっていました。
入院中は日曜を除いて毎日リハビリの時間がありました。
私は経過がよかったようで、毎回療法士さんにほめられたのはとてもいい気分でした。
私は39歳ですが、この年齢になると普段は滅多にほめられることがありません。
入院してよかったなと思えることの一つでした。
「ほめて伸ばす」は最近は定番の指導法だと思いますが、このことについては経験的に正しいと思います。
全てにおいて誰もがそうなるとは限りませんが、私の左腕に関しては、ほめられて伸びるようになりました。
伸びるの意味、若干ずれてますけど。

痛みが引いて来ると出歩くのも苦にならなくなるもので、4月19日には外出することができ、帰宅して荷物整理をした後、会社に寄ってから病院に戻りました。
久しぶりの外の世界は少し疲れました。
患者は病院の中では守られている存在なのだなと、認識を新たにしました。
この頃になると腕の曲げ伸ばしも大分できるようになり、ほめられて伸びるを日々体感することができました。
元々私の腕は平均よりもよく伸びる腕だったようで、そこまでは伸びていないものの、平均的なレベルに近いところまでは回復してきました。
早くからリハビリを始めることは、本当に大事だと思います。

退院は4月23日(月)、14泊15日の入院でした。
治療は上手くいったようで、純粋によかったと思います。
退院後の外来で術後のレントゲン写真を見ましたが、骨の継ぎ目がパッと見だとわからないくらい、きれいな修復がされていました。
後は、この骨が完全につながるまで養生するだけです。
新たなケガに気を付けながら、日々を無事に過ごして行きたいと考えています。

なお、私自身17年ぶりの入院生活は、なかなか面白いものでした。
それはまた別の機会にまとめたいと思います。

竹仙坊骨折抄2018年4月7日搬送編

2018年4月7日にあきる野市の馬頭刈尾根を瀬音の湯方面に下っている最中に転落し、左上腕骨骨幹部骨折をしました。
事故から下山までの経過は以下にまとめてあります。
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2018/04/22/063505
ここでは、下山後に救急車で搬送された病院で応急処置を受けてから、自宅近所の大学病院に「再搬送」された経緯をまとめたいと思います。

下山したのは地名で言えばあきる野市養沢で、乙津浄水場の至近にあるお宅に助けてもらいました。
同行していた友人Bさんが電話を貸してもらい救急に通報、たまたま近くにいた檜原村の救急隊が10分ほどで駆けつけて来てくれました。
この辺りは時間がかかるときには通報から30~40分かかることがあると聞いていたので、これは運が良かったとしか言いようがありません。
救急車に乗り込んでから搬送先を決める際、ケガの状況を色々と聞かれました。
救急隊にとっては、頭を打ってるか打ってないかが最も重要な情報のようで、2,3回確認された記憶があります。
幸い頭は打っておらず、大きな出血もなかったので、1秒を争うような状況ではありませんでした。
救急隊が選んでくれた搬送先は、八王子市の高月整形外科病院でした。
この病院はその名の通り整形外科の専門病院で、救急診療も積極的に行っているところでした。
また、東京手の外科・ スポーツ医学研究所という施設も併設して力を入れていて、腕を折った私が搬送されるにはうってつけの病院でした。
私の状況から、救命センター的な所に行く必要がないと判断されたのでしょう。
そこから、一番ふさわしい病院に搬送しようということだったのだと思います。
私は大人になってから救急搬送されたのは初めてでしたが、救急隊の仕事を目の当たりにできてよかったと思います。
私の搬送にあたってくれた檜原村の救急隊の方々は、親切な上にテキパキしていてかつ丁寧な仕事ぶりで、とても好感の持てる方々でした。
ありがとうございました。

搬送された先の高月整形外科病院でも頭を打ってないか確認されました。
確認が終わると、救急スペースのような所でしばらく待機することになりました。
ここまでは、左上腕骨を折った「みたい」という仮定のもとに行動してきましたが、病院では診断を確定し処置を受けなくてはなりません。
診断のためにはレントゲンを撮らなくてはならないのですが、これが一番の苦痛でした。
効果的に撮影するためには左腕を動かさなくてはならないのですが、動かすとひどい痛みが体を走ります。
けっこう大事なことなので二度言いますが、一連の診療の流れのなかでレントゲン撮影が一番の苦痛だと思います。
思わず涙が流れてしまっていたのですが、放射線技師の方が「痛いですよね。ごめんなさい」といたわりの言葉をかけてくれたことが心に沁みました。
まあ、いたわってくれても痛みは和らがないのがどうしようもない現実なのですが…。
また、この病院では看護師さんの仕事ぶりに感心してしまいました。
処置の間に担当してくれた方は、テキパキの3乗くらいのスピード感のある仕事ぶりでした。
患者対応も付き添いのBさんへの助言も、非常に的確なものでした。
ストレッチャーに寝転がりながら、プロフェッショナルってこういう人のことを言うんだろうな、なんてぼんやり考えていました。
高月整形外科病院では、救急対応、診断、その後のギプスシーネによる固定と、総勢3人の医師による診療を受けました。
患者も多く忙しい時間帯だったと思いますが、丁寧に診てもらえたのではないかと思います。
15時過ぎにケガをしてからギプスで固定するまでで2時間くらいだったでしょうか。
鎮痛薬とギプス固定のおかげで大分落ち着いてきました。

高月整形外科病院では、応急処置の後に、恐らく入院と手術が必要になるのではないかという予想を医師から告げられました。
そのまま入院という選択肢もあったのかもしれませんが、何分自宅から遠いこともあり、自宅近くでの再診をすすめられました。
紹介状をもらって帰宅ということになるのですが、先の看護師さんから誰でもいいから車で迎えに来てもらった方がよいと強く勧められました。
こういうことを頼める友人は、私にはAさんしかいません。
私は痛みでぐったりしてて動けないので、BさんにAさんに連絡してもらいました。
Aさんは快く引き受けてくれて、車を飛ばして奥さんと一緒に駆けつけて来てくれました。
本当にありがたかったです。
また、遠慮していた私たちを半ば強引に説得してくれた看護師さんにも頭が下がります。
Aさんの車で、高月整形外科病院を19時ごろに出発しました。

当初は自宅に帰るつもりでした。
高月整形外科病院でも、応急処置はしてあるので週明けに近所の病院に行けばよいとのことだったので、とりあえず帰宅しようと思っていたのです。
ところが、Aさんと奥さんに、まだ何があるかわからないからこのまま近所の病院にいった方がよいとのアドバイスをもらって、方針を変更しました。
このアドバイスが、後の治療の進展に良い影響を与えました。
Bさんが私の近所の病院を調べてくれたところ、大学病院に自宅からバスで10分ほどで行けることがわかりました。
そのアクセスのよさが決め手で、帝京大学医学部附属病院に送ってもらうことにしました。
こうして再搬送された帝京大学病院で再度診察を受けました。
レントゲン撮影の苦痛も再度味わいました。
それはもう仕方がないのはわかっていますが、骨折に関する診療行為で一番痛いのはレントゲン撮影である、これは声を大にして言いたいと思います。
帝京大学病院の医師からも、恐らく手術が必要になると再度言い渡されました。
次の火曜日に方針を確定させるので、入院の準備をして来院してほしいとのことでした。
全てが終わって帰宅したのは23時を過ぎていましたが、治療の予定が決まったことには安心感がありました。

私の入院した帝京大学病院には外傷センターという外傷専門のユニットがあり、特に救急的な外傷による骨折の手術経験が豊富です。
ただ、再搬送されたときはこのことを全然知りませんでした。
後で詳しく調べ直した際、図らずも適切な病院を導かれるように選択していたことに、何とも言えない運のよさを感じました。
Aさんと奥さんのアドバイスがなければ、そのまま帰宅していて治療の開始が遅れるところでした。
Bさんが調べてくれなければ、結果的にとはいえ適切な病院に行くことができませんでした。
この3人には感謝しています。
そして、不幸中の幸いというのは至るところにあるのだなと改めて思います。
私の経験が普遍的に正しいものであるとは思いませんが、一つの不幸中の幸いの事例として記録しておきたいと思います。

以上のような経緯で、帝京大学病院に入院して骨折の手術をすることとなりました。
f:id:CHIKUSENDO:20180505090112j:plain
帝京大学病院はラベンダーが花盛りで、富良野の風景を思い出させられました。
f:id:CHIKUSENDO:20180505090526j:plain
まあ、富良野には行ったことがないので、絵葉書的なあの風景ですが…。
帝京大学病院はきれいな病院で、その点、入院生活は快適でした。
手術と入院生活については、また別の機会にまとめたいと思います。

ここに帰りたいーUTMF/STY2018応援感想記

STY2018に参加した友人Bさんの応援で、ULTRA-TRAIL Mt.FUJIのフィニッシュ会場、河口湖の大池公園に行ってきました。
本来ならばサポーターとして各エイドを回る予定でしたが、3週間前に左上腕骨を骨折してしまったため、サポートができなくなってしまいました。
それなので、フィニッシュの応援のみしてきました。

この4月28日、大池公園はよく晴れていました。
ラストストレートから見える富士山。
f:id:CHIKUSENDO:20180430061321j:plain
選手は富士山に迎えられた後に、右折してフィニッシュゲートへのビクトリーロードに入ります。
f:id:CHIKUSENDO:20180430061512j:plain
このフィニッシュゲートを見ると、UTMF2016で雨の朝霧高原にフィニッシュしたときのことを思い出します。
感慨深いものがありました。
Bさんは8:00のSTY制限時刻ギリギリフィニッシュというレースプランを組んでいました。
しかし、この日は順調に関門を突破しながら記録を伸ばし、大池公園には40分ほどの余裕を持って到着しました。
Bさんはロングディスタンスのトレイルレースには初挑戦でしたが、地道に練習を積んだ成果で、見事に完走しました。
その過程も含めて、純粋に素晴らしいと思います。
そして、羨ましいなと思いました。

私がUTMF2016でフィニッシュした朝霧高原道の駅は、荒天短縮の結果、急きょ設けられたフィニッシュでした。
急きょにしてはフィニッシュ後の飲食ブースが充実していて、とても快適なフィニッシュ地点となっていました。
そのことには感心しています。
UTMF2016が短縮になったこと自体にも、不満があるわけではありません。
ただ、荒天でスタートした判断については疑問を持っています。
http://chikusendobo.hatenadiary.jp/entry/2017/08/18/203242
それでも、荒天短縮UTMFという特殊状況を乗り切ることができたという、サバイバーとしての満足感を覚えていました。
そして、無事にレースを終えるために全力を尽くした実行委員会には感謝しています。

ただこの日、この大池公園で繰り広げられていたフィニッシュの光景を目にしたことで、自分の中で押さえこんでいた感情が甦りました。
それは、本当はここに帰ってくるはずだったのに、という悲しみに似た思いです。
翌日にUTMFのフィニッシュの応援もしたことで、より強いものになりました。
色々なレースで出会った方々のフィニッシュを迎えて、自分のことのように嬉しくて喜ばしい気持ちと抱き合わせに、ちょっと悲しかったのです。
やはり私は、私のUTMFをこの大池公園でフィニッシュしたかったのです。
願わくば、この日のようによく晴れて、富士山のきれいな大池公園に帰ってきたかったのです。
次があるじゃないかとは思うのですが、骨折してしまったため、次があるかがわかりません。
いつ心身ともに快復して、トレイルランニングに復帰できるかが全くわかりません。
でもやはりいつかは、UTMFのフィニッシュをこの大池公園で迎えないことには、一生の心残りになるのでしょう。
そんな気持ちに気がついてしまいました。
まだ終わらないのだなとか、まだ終われないのだなとか。
悲しくもあり楽しくもあります。

Dylan Bowman選手の、連覇へのビクトリーラン。
f:id:CHIKUSENDO:20180501170444j:plain
祝福する富士山。
今年は28日のSTYのテールエンダーやUTMFトップのフィニッシュの時も、翌29日のUTMFのテールエンダーのフィニッシュの時も快晴で、富士山は誰をも等しく祝福していました。
いつか私も、よく晴れた大池公園で富士山に祝福されたいなと思います。
やっぱり、ここに帰りたいんだな。

竹仙坊骨折抄2018年4月7日事故編

2018年4月7日(土)、トレラン中に左上腕骨骨幹部骨折をしました。
現在入院中ですが、手術を終えて痛みも大分落ち着いてきました。
チタンプレートが左上腕骨に入っていて、なんだか強化人間になったような気分です。
退院も間近となってきたため、備忘録として、事故と搬送など当日の経過をまとめておきたいと思います。

事故現場はあきる野市の馬頭刈尾根です。
高明神社の跡地先の分岐から、瀬音の湯方面へ下っている途中でした。
ちなみに、神社の跡で撮った花の名前を僕はまだ知らない。
f:id:CHIKUSENDO:20180422063407j:plain
入院中どうせ暇なんだから調べればいいのですが、暇ゆえのスマホ使いすぎで通信制限がかかってしまい、簡単に調べることができなくなってしまいました。
いつ知ることになることやら。

この馬頭刈尾根から瀬音の湯に抜ける山道は今まで通ったことがないため、それなりに慎重に下っていました。
しかし、斜度がそれなりにあるのと、路面が細かく砕かれた枯れ落ち葉に覆われていて、着地の足場に不安定感がありました。
また、この日は集中力が途切れ気味だったのもよくなかったかもしれません。
事故が起きたのは、分岐から10分弱下ったあたりでした。
それなりに急斜面で段になるような下りだったと思いますが、右足が何かにつまづき、少し体重が前にかかりました。
とっさに左足を地面に下ろして両足着地になったのですが、その左足が枯れ落ち葉(乾燥していました)を踏んだためにスルッと流れてしまったのです。
その瞬間、前のめりになっていた身体が左側を下にして横倒しになりました。
運が悪かったのは、私がいた場所が一段高くなっているところだったことでした。
単純な転倒ではなく、転落に近い転倒だったため、勢いが強かったのです。
横倒しになるときに手を着こうとして伸ばされた両腕が、ちょうどバンザイしながら前のめりになっているような形だと思いますが、山道の脇にあった岩の上を通過するのが見えました。
高さがあったので、低い位置にある岩をつかめなかったのです。
その次に左側から視界に入ってきた立ち木に、左腕の二の腕を強打しました。
地面に落ちたとき、左腕が目の前にだらんと横たわっているのが見えました。
その瞬間「折れたな」と思いました。
痛みを感じるよりも折れたという認知の方が早かったと思いますが、その辺は科学的に正しいかはわかりません。
折れたと思ってから、じわじわと痛みを感じていきましたが、この痛みが人生最大に激しい痛みでした。
本当に、一生のうちに骨折の痛みを経験しないことだけでも幸せな人生なんじゃないかと思うくらい、とてつもなく痛かったです。
骨折なんてするもんじゃないです。
本当に痛いんだから。
まだ骨折したことのない人が、このまま一生骨折しないことを願っています。

さて、骨を折って痛くて仕方がないのですが、ここで転がり続けていても仕方がないのです。
一刻も早く下山してなければなりません。
足はなんともなかったので、とりあえず自力で歩いて、下山してから助けを求めることにしました。
同行していた友人Bさんがテーピングテープで二の腕をぐるぐる巻きにしてくれました。
事故発生から下山開始まで、2,3分くらいしかかからなかったと思います。
左手には握力があったため、シャツをつかんで固定しながら歩き出しましたが、一歩一歩の衝撃と揺れで、患部は絶えず痛んでいました。
途中でBさんが手拭いで固定してくれて、さらに杖をつくようにアドバイスしてくれました。
探せばあるもので、杖に適当な枯れ枝がすぐに見つかりました。
Bさんの先導で山道を20分弱下ると、軍道のバス停に繋がる車道を、山道が陸橋で越える地点にたどり着きました。
その少し前から人家と外に出ている人が見えていたのでそれを目指して歩いていたのですが、実際に車道に下りられたときには一安心しました。
Bさんは突然の事故に驚いてはいたと思いますが、下山時の行動は的確で私はただ着いていくだけでよく、頼りになりました。
一緒にいてくれて本当によかったと思います。

Bさんが助けを求めてくれたところ、そのご夫婦は大変ご親切に対応してくれました。
ご自宅に上げてくれて、通報のために電話を貸してくれたり、保温のために上着をかけてくれたり、突然現れた怪我人に対してとにかくご親切でした。
快復したらぜひ御礼に参上したいと思っています。

通報から15分ほどで、たまたま近くにいた檜原村の救急隊が駆けつけて来てくれました。
ご夫婦のお宅は山里なので、現場のあきる野市の救急隊でも、近くにいなければ30分はかかるような話を聞いていたので、到着が思いの外早く、とても嬉しかったです。
ここから八王子市の高月整形外科に搬送されますが、それはまたの機会にまとめたいと思います。

それにしても、後から考えれば不幸中の幸いというのはいくつもあるものだなとつくづく思います。
今回の場合は受傷時に頭を打たなかったこと、これが最大の幸いだったかもしれません。
恐らく、左腕が前に伸びていなかったら、頭から木にぶつかっていたのではないかと思います。
そうなっていたら、下手をすれば命の危険があったわけで、そうでなくとも今こうして徒然なるままに体験を書くことはできていなかったのだと思います。
左腕が頭を守ってくれたと考えてよいでしょう。
また、足がなんともなかったことも幸いでした。
自力で歩いて下山できたから、早く救急車に乗ることができたのだと思います。
落ち葉で足が流れて倒れたので、捻挫くらいしててもおかしくはないのですが、すねの擦り傷ですみました。
また、折った左腕も神経の損傷がなかったため、左手が骨折した当初から自由に動いていたのが幸いでした。
握力が維持できてシャツを掴むことができたので、患部の固定を下山中にし続けることができました。
そして、自力で歩いて下山できたこと、今回の不幸中の幸いとはこれに尽きるのかもしれません。
他にも下山した先のご夫婦がとても親切な方々だったこと、たまたま近くに救急車が居合わせたこと、これらも不幸中の幸いです。
私には、いわゆる「ポジティブシンキング」を称揚する傾向をよしとしない志向があり、これまで挙げてきたこともポジティブシンキングの文脈で考えて挙げたわけではありません。
無理矢理ポジティブに考えているわけではなく、骨折した後の出来事が上手く運んだことを純粋に喜んでいるのです。
一連の不幸中の幸いをたどった先に、自分自身の今があること、自分がここにこのような形で存在ができていること、それが嬉しいのです。

骨折りを損とはせず

2018年4月7日の15時過ぎに、トレランで馬頭刈尾根を瀬音の湯方面に下る途中で転倒し、左の上腕骨を骨折しました。
生まれて初めて骨を折りましたが、とんでもなく痛かったです。
今すぐ人生をやり直していいと言われたら、何でもいいから骨折しない人生を送らせてほしいと思うぐらい、壮絶な痛みでした。
でも、左腕が折れただけで済んだのは幸いです。
頭を打つこともなければ、足をくじくこともありませんでした。
生きていればこそと思います。

明後日に治療の方針が決まるところですが、恐らく手術になるだろうと思われます。
入院もあるのと右手しか使えないのとで、これからしばらく記事を書くことができないと思います。
ただし、入院したら時間があるので、色々と考えることもできるでしょう。
この時間を損とせず、充実させることができればいいと思っています。
そしてこの時間も、生きていればこそなのだと思います。
「竹仙坊日月抄」を読んでくれていた皆さんや、山で出会った皆さん、そして、このブログの登場人物になってくれている友人たちに、また元気な姿でお会いできれば幸いだと思っています。
この場でも、どこかの山でも。

取り急ぎPBー青梅高水山トレイル2018速報

本日4月1日開催の第20回青梅高水山トレイル2018の30kmに参加し、完走しました。
3時間49分台で、昨年の同大会のタイムよりも13分くらい早くフィニッシュできました。
自己ベスト(PB)ではありますが、今年は昨年までのコースと若干異なるため、一概には言えません。
コースが違った分、渋滞にはまっている時間が若干短かったような気もします。
PBはそのおかげだったかもしれません。
走力アップでPBだぜイエー!みたいなことが言えればいいのですが、そこはこの日でも正直でありたいと思います。
そうでないと、高水山でもらってきた狛犬たち(右が昨年、左が今年)に噛まれてしまうような気がします。
f:id:CHIKUSENDO:20180401184422j:plain
本当に噛まれそう。

蛸になりたいー青梅高水山トレイルラン2018予報

明日4月1日(日)の第20回青梅高水山トレイルランの30kmの部に参加します。
2年連続2回目、15kmの部を含めれば3回目の出場です。
最高気温が20℃になる予報が出ています。
この時期にしては暑い日になりそうです。
軽い熱中症になることもあるかもしれません。
コースには木の根が多い印象があるので、ふらついてつまづくことのないよう、気を張っていたいと思います。

明日の靴は、レースデビューのコロンビアモントレイルのカルドラドⅡです。
f:id:CHIKUSENDO:20180331143539j:plain
最新作はⅢですが、セールで購入した前作をデビューさせたいと思います。
先週、千葉市昭和の森で履いた感触では、ランニングシューズ寄りの走り心地でした。
走りやすいです。
レースでどれだけ走れるかはエンジンである私の脚にかかっていますが、新しいタイヤで快適に走れればよいと思います。

これで房総丘陵養老渓谷トレイルのスポルティバ・アカシャ、板橋Cityマラソンのアシックス・ヌーサFFと、3大会続いたレースデビューシリーズが終わります。
トレイルでは、前から履いているスポルティバ・ミュータントと合わせて、2018年シーズンに履く靴が出揃います。
といいながら、青梅高水山トレイルの会場で開催されているTrail Open Air Demo(TOAD)で、スポルティバの新作LYCAN(ライカン?)を履いてみたいと思っています。
足は2つしかないのに、欲望は膨らみます。
蛸になりたい気分です。