竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主です。藤沢周平が好きです。

腹に一物ーハイテクハーフマラソン2019余録

1月13日に開催された第20回ハイテクハーフマラソンの装備等の記録です。

帽子:アディダスワークキャップ
シャツ:アシックスジップネック長袖
インナーシャツ:オンヨネブレステックPP長袖
腹巻き:モンベルジオライン薄手
ズボン:ノースフェイス腹巻き風パンツ
タイツ:ゼビオオリジナル防風
インナーパンツ:ファイントラックスキンメッシュ
靴下:Xソックス
靴:アシックスヌーサFF
エストポーチ:OXITIS
防寒具(ポーチ内・未使用):モンベルウインドジャケット&レイドライトのバフ

この日のアメダスによると、私が出場したハーフマラソンのレースの時間帯は大体、6℃から9℃くらいの気温だったようです。
上記の装備だと少し暑く感じるくらいでした。
上半身は半袖にアームカバーでもよかったかもしれません。
ただ、腹巻きは快適でした。
私だけかもしれませんが、走っているときにお腹周りが温かいと少し幸せな気分になります。
冬のランニングにはできるだけ欠かさないようにしています。
腹に一物抱えるとは言いますが、腹に一枚巻くのもいかがでしょうか。
f:id:CHIKUSENDO:20190117225502j:plain
一物を抱える方で言えば、左のノースフェイスの腹巻き風のランニングパンツは発売以来気に入っていて、これまでに4枚着用しています。
お腹回り・腰回りをポケットが取り囲んでいて、その収納力の高さが魅力のランパンです。
私は特にレースの際は、お腹のポケットに必ずなにか入れて走っています。
今回はジェルでしたが、サプリ類などの食品系をはじめ、ソフトフラスク、バフ、ウインドジャケット、スマホ、携帯カップやコースマップを入れて走ることもありました。
腹に一物抱えて、まるでドラえもん気分。