竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

2019年前半の予定と願望

例年よりも長かった正月休みも終盤となり、先ほど帰京しました。
f:id:CHIKUSENDO:20190105173207j:plain
ところで東京に戻ることを帰京と言うのなら、京都に戻ることはなんと言えばいいのでしょう。
やはり帰京なのか。
それとも帰都?
京都に帰省するようになって20年余り、ずっと気になり続けています。

それはさておき、1月4日に初走りに行き、京都の桂川沿いを9kmほど、56分くらいで走りました。
晦日にジョグでふくらはぎを痛めたため、正月三が日は休足に充てましたが、その甲斐がありすっかり回復していました。
年始早々ほっとしています。
というのも、この1月にはハーフマラソンを2本走る予定なので、怪我が長引いて出場が危ぶまれると困るのです。

1月13日にハイテクハーフマラソン、その1週間後の20日に東京・赤羽ハーフマラソンに出場の予定です。
どちらもベストタイムを目指すわけではなく、ペース走の代わりにしようかと考えています。
昨年4月に左腕を骨折してから10km超のランニングをしていないため、まずは距離に馴れることから始めたいと考えています。
また、腕振りに治療の影響が少々出ているので、この距離でどれだけのパフォーマンスができるのか、確かめてみたいと思います。

3月17日には板橋Cityマラソンにエントリーしています。
しばらく遠ざかっているサブフォーを狙いに行きたいと考えていますが、同時にこちらもペース走のような位置付けで走れればいいなと思っています。
というのは、その翌月、チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの100kmのカテゴリーに出場を予定しているからです。

そのチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンは4月21日に開催されます。
ロードのウルトラディスタンスはこれが初めてで、これまでの最長距離はトレイルでFTR100の105kmですが、ロードは練習でもフルマラソンを超える距離を走ったことがありません。
大会名通りのチャレンジです。
単純に頑張りたいと思います。

また、願望としては、トレイルランニングに復帰したいと思います。
骨折してからは恐さもあり、なかなか山を走る気持ちになりませんでしたが、その一方で、山を走る楽しさの記憶は色褪せることなく持ち続けています。
大会の応援やボランティアスタッフなど、トレランの周辺をウロチョロしてもいました。
なんだかんだで、完全に離れることはできないのですが、周辺をウロチョロしていることにも飽きてきました。
できれば、またトレイルランナーとして山で遊び回りたいのです。
復帰に向けてはとりあえずのロードマップを思い描いてはいます。
まあ、ゆっくり進んで行けばよいかなと思います。
私はこの三が日で40歳になりました。
年齢を意識すると焦ることもありますが、できることを少しずつ積み重ねたいと思います。
そんなこと言いながら、100kmウルトラマラソンはチャレンジを通り越して冒険に近いのかもしれませんが…。
でも、チャレンジしたい気持ちには正直になりたいと思います。
単純に頑張るぞ。
それにしても、新幹線で記事を書くとてきめんに乗り物酔いしてしまいます。
まだ気持ち悪い…。