竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

ボラボラートレイルレース参加計画2018秋

先日の台風で若狭路トレイルラン2018、信州戸隠トレイルランレース2018が中止となりました。
私はどちらにもエントリーはしていませんが、昨年は両方とも出場したため、こういう知らせを聞くと残念でなりません。
次回は好天に恵まれることを祈っています。

ただ、台風による中止のリスクはありますが、秋のシーズンはその年のメインになるようなメジャーレースが目白押しで、どのレースに出るか検討するのは、トレイルランナーにとって春から夏にかけての楽しみであると思います。
しかし、今年の私は骨折の影響でトレイルランニング自体ができません。
正確には、今年いっぱいはトレイルランニングをしないことにしています。
レーニングや遊びはもちろん、レースにも出ません。
骨折して以来、トレイルランニングをすることへの恐怖がまだ残っている今、無理をする必要はないのだと思っています。

かといって、山から遠ざかるのも面白くありません。
骨折後も、富士山五合目に行ったり、トレランレースの応援に行ったり、なんだかんだで山やトレランの周辺でウロチョロ遊んでいました。
ただ、遊んでばかりいるのも面白くありません。
この秋は、4月に骨折してから半年が経ちます。
日常生活には問題がないくらいに回復しました。
そろそろ人様のお役に立てる頃合いなのではないかと思い、2レースにボランティアスタッフとしてエントリーしました。

そのうち参加が確定しているのが、今週末10月7日に迫った日本山岳耐久レースハセツネカップ2018です。
ハセツネには昨年スタッフとして参加したため、本来ならばレースの優先出場権が行使できたのですが、骨折のため出場を見合わせました。
はからずも2年続けてスタッフになりましたが、今年も務めを果たしたいと思います。
まあ、台風は今週も心配ではあるのですが、こればかりは天に祈るしかないのでしょうね。

FTR100/FT50のキャストにも応募しました。
こちらは10月1日現在、まだ募集中のようです。
FTR100には2015から2017まで3大会連続で出場してきました。
この先ずっと参加したいくらい好きな大会で、今年も開催できることがわかった時には、心の奥底から喜びが込み上げてきました。
昨年の大会中の事故以降、この大会には何かしら協力をしたいと思っていたこともあります。
タイミングよく?骨折してレースに出られないこともあり、今回はじめてキャストとしてエントリーしました。
やるからには役割を果たしたいと思います。

ハセツネやFTRのような夜間レースのスタッフの持つ誘導灯の明かりは、選手としては心強いものでした。
f:id:CHIKUSENDO:20181003213054j:plain
ライトセーバーみたいに、もうろうとした意識を覚醒させてくれる光のように感じていました。
でも、まさか今年もライトセーバーを持つことになるとは思っても見ませんでした。
それは私が、私の予測を越えた大怪我をした結果なのです。
でも、これを持つからには持つだけの責任があり、この役割に自発的に身をおいたものとしての責任を果たしたいのです。
選手をはじめ全ての関係者(私を含めて)が、フォースと共にあらんことを。
ジェダイの騎士でもなんでもない私ですが、ライトセーバーの誘導灯にかけて祈りたいと思います。
皆さま、ご無事で。