竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

ふと富士不登山ー避暑2018夏

一月ほど前の話になりますが、8月1日から2泊3日で富士山に行ってきました。
とは言っても、まだ骨折が完治していないため、富士登山をしたわけではありません。
8月の最後の終末も猛暑日が続きましたが、8月1日からの3日間も、東京地方に猛暑日の予報が出ていました。
こりゃたまらんと、前日申請で衝動的に夏休みを取ってしまいました。
とにかく涼しい所に避難したい、ということで、目をつけたのは富士山五合目でした。

標高2300mの富士スバルライン五合目には、新宿から高速バス一本で行くことができ、宿泊施設もあります。
天気予報では最高気温25℃、最低気温17℃、同じ時期の東京より10℃も低いのです。
めちゃくちゃ快適ではないですか!
猛暑日続きの今ここに行かない選択肢はない!
そうと来れば、なるべくリゾート気分で行って参りたいと思い、富士急雲上閣のカプセルを2泊分確保しました。
この時期の富士山は登山者ばかりのはずですが、私は骨折の影響で登山を控えているため、山頂を目指すようなことはできません。
それでも涼みに行くだけというのもなかなか乙なものではないかと思うことにしました。
この日程は、富士登山競争と富士登山駅伝というトレイルランナーにとってのビッグイベントのちょうど間の時期でした。
そんなハードなレースに挟まれながらも、同じ富士山でただごろごろと涼むだけ。
名付けて富士不登山納涼。
なんてぜいたくに怠惰なんでしょう。

8月1日、15時頃に富士スバルライン五合目に到着しました。
もくろみ通りの涼しさで、最高気温でも25℃前後、太陽が陰るとうっすら肌寒いくらいでした。
東京は35℃を超えていたので、避難して大正解でした。
下界の熱で凝り固まった体が、富士山の冷気で緩んでゆきます。
五合目にはあらゆる国からの観光客が一杯。
f:id:CHIKUSENDO:20180827214031j:plain
みんな楽しそうです。
自転車ライダーにはおなじみだそうですが、チャリたぬのお出迎えを受けます。
f:id:CHIKUSENDO:20180827220644j:plain
スバルラインを山麓からヒルクライムしているロードバイカーをバスの中から何人も見かけました。
なんでタヌキなのかはわからないのですが、かわいいのでよしとします。
五合目からの富士山鑑賞は、ビジターセンターの屋上からが遮るものが少なくて見やすいです。
f:id:CHIKUSENDO:20180827214355j:plain
夕飯も富士山。
f:id:CHIKUSENDO:20180828123105j:plain
みはらしの赤富士ハヤシ。
ここの食堂は富士山を真正面に見ることができます。
初日はこうして終わりました。

明けて二日目は少し散歩に出掛けることにしました。
遠出ができないので、六合目辺りまで歩いたら引き返してくる計画です。
六合目に向かう道。
f:id:CHIKUSENDO:20180827214148j:plain
まるで高速道路のように整備されています。
せっかくなのでメインのルートを外れて、富士登山競走五合目コースのゴールでもある佐藤小屋によってみることにしました。
f:id:CHIKUSENDO:20180827214610j:plain
ここはテント場もあるそうなので、機会があればテント泊もしてみたいと思います。
佐藤小屋から六合目に向かう山道は樹林帯です。
f:id:CHIKUSENDO:20180827214742j:plain
森林限界に向かって歩きます。
この道で外国人登山者二組に声をかけられました。
メインルートから外れて何がしたいのかと思って聞いてみると、どちらも道中の星観荘や佐藤小屋で、金剛杖に焼き印をもらいたいとのことでした。
確かによい記念になりますね。
やがて森林限界を越えるとかつての五合五勺、現在の六合目に到着です。
f:id:CHIKUSENDO:20180827215015j:plain
礫だらけの場所でガスに包まれると、塞の河原感がいや増します。
六合目は行き帰りの登山者で賑わっていました。
シーズンの吉田口登山道の混雑は想像していた通りのものでした。
外国人登山者は3~4割といったところだと思います。
せっかくの富士登山、彼らには存分に楽しんでもらいたいと思いました。
こちらは散歩とは言うものの、「登山」と言ってもおかしくはないくらいに装備は整えていました。
六合目までしか行ってませんが、富士不登山とは言い切れないような気もしています。
ただ、富士登山競走や富士登山駅伝はもちろん、山頂を目指す登山者達のことを思うと、私はやはり富士登山をしたとは言えないのです。
いつかは本当の富士登山をしてみたいと思います。
そんな気持ちの帰り道、山頂を仰ぐと、
f:id:CHIKUSENDO:20180827215256j:plain
目に青空、草は緑。
不登山ではありますが、気持ちのよい散歩でした。

五合目に戻ってからは昼食をとったり昼寝をしたり、ひとしきりのんびりしてからみはらしで唐揚げと富士山をつまみに一杯。
f:id:CHIKUSENDO:20180829124241j:plain
ボッチ不登山の打ち上げを楽しみました。
飲み終わってからはビジターセンターの屋上へ。
f:id:CHIKUSENDO:20180827215539j:plain
どーんと御大がそびえ立ちます。
二日目が暮れてゆきます。

そして最終日、チェックアウトしたらすぐにビジターセンターの屋上へと向かいます。
f:id:CHIKUSENDO:20180827215910j:plain
青空にそびえ立つ富士山。
3日間で一番の富士山でした。
また、この富士スバルライン五合目は小御岳火山という側火山に作られています。
ここには小御嶽神社という神社があります。
そこからは神々しく雲がかかる御大。
f:id:CHIKUSENDO:20180827220407j:plain
これもまた美しく感じました。
こうして少しふらついた後、チャリたぬに見送られて帰路に着きます。
f:id:CHIKUSENDO:20180827220457j:plain
帰りついた東京は35℃を超える猛暑日でした。
その前日は37℃を超えたとのこと。
本当によいタイミングで体を休めることができました。
富士山の冷気をチャージしてきた効果は一週間くらい続きました。
猛暑に疲れたら富士不登山納涼、おすすめです。