竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

骨折りを損とはせず

2018年4月7日の15時過ぎに、トレランで馬頭刈尾根を瀬音の湯方面に下る途中で転倒し、左の上腕骨を骨折しました。
生まれて初めて骨を折りましたが、とんでもなく痛かったです。
今すぐ人生をやり直していいと言われたら、何でもいいから骨折しない人生を送らせてほしいと思うぐらい、壮絶な痛みでした。
でも、左腕が折れただけで済んだのは幸いです。
頭を打つこともなければ、足をくじくこともありませんでした。
生きていればこそと思います。

明後日に治療の方針が決まるところですが、恐らく手術になるだろうと思われます。
入院もあるのと右手しか使えないのとで、これからしばらく記事を書くことができないと思います。
ただし、入院したら時間があるので、色々と考えることもできるでしょう。
この時間を損とせず、充実させることができればいいと思っています。
そしてこの時間も、生きていればこそなのだと思います。
「竹仙坊日月抄」を読んでくれていた皆さんや、山で出会った皆さん、そして、このブログの登場人物になってくれている友人たちに、また元気な姿でお会いできれば幸いだと思っています。
この場でも、どこかの山でも。