竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

南風に吹かれないー板橋Cityマラソン2018レポート2

板橋Cityマラソン2018のレースレポート第2段です。
20kmまでペースを上手くつかめずに、少し早すぎるペースで前半戦を終えました。
ハーフの通過はネットで1時間51分台で、目標よりも5分弱早い計算になります。
折り返し後は向かい風となりました。
私は向かい風とか登り坂とか、進行を妨げる要素に出会うと逆に燃えてしまう性質のあるランナーで、今回もスピードを維持しようとして頑張ってしまいました。
20‐25kmも26分ジャストと、目標よりも1分半早いペースでした。
そのスピード、維持する必要はないのです。

折り返し後の向かい風は板橋Cityマラソンの名物で、過去のレースでも影響を受けて失速したことがあります。
ただ、この日はさほど強くはなかったように思います。
この向かい風は基本的に北風なのですが、天気予報では当日、南風が吹くことになっていました。
それなので向かい風の時間帯は長くないだろうと、走りながら考えていたのですが、そう上手くはいきませんでした。
向かい風は途中から弱くなりましたが、その後、すぐに南風に変わることはありませんでした。
南風が吹くまでは我慢だと思って走っていましたが、一向にその気配がありません。
25‐30kmは28分11秒かかり、目標よりも40秒以上遅れました。
ただ、落ちたとしてもこのレベルであれば、3時間58分の自己ワースト(PW)更新阻止はまだ可能です。
南風に吹かれながらペースを維持して走りたい、けれども、南風はまだ吹いてきません。

その30kmの手前辺りから、脚に疲れが溜まって上がりにくくなってきました。
ド定番の「30kmの壁」です。
ぺーサーとして追っていたランナーから、どんどん遅れていきます。
本格的にだめだと思ったのは32km過ぎでした。
走りにスピード感が全くなくなって、なんだか笑えてきてしまいました。
それでも35kmまでは、PWの更新は仕方なくとも、ギリギリサブフォーは狙えないか、望みを捨てきってはいませんでした。
30‐35kmは35分27秒、この後の復活があれば、そして、南風が吹けば何とかなるかもしれない。
そんな望みは捨てきれずにいました。

そんな微かな希望でしたが、35km過ぎてから発生したお尻の筋肉の鈍痛と強ばりによって、あっさりと崩れ去りました。
この痛みのお陰で、今までよりもさらに脚が上がりにくくなりました。
30kmの壁に苦しんでいたら、35kmで壁がさらに高くなってしまいました。
これが何かの研究発表だったら、こんな台詞で発表されるような典型例です。
「自験例ではありますが、フルマラソンにおける失速の典型例を経験しましたので供覧いたします。」
ということで、ランナーズアップデートのスクリーンショットをご覧にいれます。
f:id:CHIKUSENDO:20180322161228j:plain
35‐40kmは42分ちょうど。
歩きも少々混ざってのタイムですが、お尻が痛くて脚が上がらないので歩幅も小さく、歩きでも距離が稼げない状態でした。
てかもうダメ!
と諦めながら進んでいたので、特に好物のレーズンをモグモグタイムしながら歩いていました。
緊張の糸が切れただけでなく、燃え尽きてしまっていました。
そんな状態で40kmのエイドでやはりレーズンをモグモグタイムしていたところ、応援に来てくれた会社の同僚に見つかってしまいました。
どうやら応援naviで見ていたらペースがガタ落ちになったので、心配して自転車で見に来てくれたようです。
ありがたいのと申し訳ないのとでなんだかなあです。
同僚からこの先にさらに二人応援が来ていることを知らされた私は、思わず「走った方がいいですか?」と聞いてしまうくらい、もうレースが終わった感覚でいたのです。
しかも、走ったところでスピードが出せません。
同僚も困ったような感じでしたが、私はとりあえず走れるだけ走ることにしました。
あと2km走るくらいならなんとかなるだろう、あまり待たせても悪いし、走ります。
そんな心持ちだったと思います。
土手の上を自転車で会場に戻る同僚はまるでコーチのように見えましたが、その姿を横目にその時の全力で走りました。
ゴール手前1kmと200m手前に待ち構えてくれていた応援隊に元気付けられ、なんとか走ってフィニッシュすることができました。
ネットタイムでは速報値4時間12分1秒でした。

3年ぶり3回目の完走を果たした板橋Cityマラソンですが、PWを14分弱更新するふがいない結果でした。
ちなみに前のPWも板橋Cityマラソンです。
ただ、PWの理由がはっきりしている分、さっぱりした気分でいます。
そして、PWの更新がわかりながらも、完走して記録を残すことを選んだことを、私自身評価してよいのかなと思いました。
これまでのPWが3時間58分ということは、これまでの私はサブフォーランナーでしかなかったのです。
それが今回の結果でサブフォーに届かないこともあるランナーに変わりました。
衰えなのかもしれませんが、現実を受け入れる勇気があっただけましなのかもしれません。
それは3年ぶりに完走したフルマラソンの収穫だと思うことにします。
また、フルマラソンに取り組むならばもう一度初心に帰らないといけないのだと、私は私自身に対して強く感じます。
どうしたら初心に帰れるんだろうかというと、恐らくは走る楽しみを積み重ねることから始まるのだと思います。
とりあえず走りたいな。