竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感が主でしたが、2018年4月以降、骨折治療のためトレランは控えています。藤沢周平が好きです。

金比羅尾根は下り坂ーFTR100K2017レポート3

FTR100K2017のレポート第3段です。
私の記事上の所在地としては、武甲山から名栗方面へと南下する尾根道を経て、突き当たりの有馬峠を右折してしばらく進み、有馬山のピークを過ぎてすぐの林道にある、A2有馬山に滞在しております。
記事上の時系列で言えば、10:40前後のことです。
スタートから5時間40分が過ぎています。

A1橋立堂とA2有馬山の間は、このレースで一番山深い区域で、しかもエイドの間隔が16kmを超えるレース最長区間でもあります。
私はこの間、胸のボトルに入れていた500mLのOS1を飲み干していました。
背中のハイドレーションに1,200mL積んでいるので、水分が不足することはありませんが、進んできた距離の長さを感じます。
A2では軽く食べてから水を補充し、小指に靴が当たって痛みが出ている箇所のケアをしてから出発しました。
10:45を少し過ぎたところでした。

A2を出発すると、結構長い距離のロードの林道を下ります。
A3名栗・さわらびの湯までは11kmくらい、そのほとんどが下りです。
ここまであまり疲れてはいないので、快調に行けるかと思いましたが、そうは問屋が卸しませんでした。
やはり右足の小指の付け根に、靴の何かが当たっているのです。
すぐに立ち止まって靴下をずらしたり、靴紐の締め加減を調整したり、色々やってみましたがさほど効果はありませんでした。
結局、A3に着くまでずっと痛いまま進むことになります。

ロードの林道は逆川乗越で山道に入るまで続きます。
この合流部はスタッフが足りなかったのか、合流に気づかずにロードを進んでしまう人が何名かいたようです。
この付近は、毎年コース設定が変わっている区間です。
一昨年は有馬峠で左折して、山道をA2だった逆川乗越まで進む設定でした。
去年は、元々は今年の設定と同じでしたが、崩落か工事か何かで林道が使えず、当日はA2有馬山と有馬峠間がピストン区間となりました。
その後はずっと山道を名栗まで進んだのです。
なので、ロードから逆川乗越に入るのは今大会が初めてでした。
私は有馬峠から名栗に向かう山道が好きなので、このロード区間では、主に左側に見えている稜線を見上げながら、早く山に入れないかなぁと思い続けていました。
金比羅尾根という名がこの山道には付けられています。
日の出山の金比羅尾根はハセツネでラストの下り坂となりますが、それと同じで、里の近くにある金比羅神社に由来する名です。

逆川乗越から入った山道では、足の痛みが気になっていたのと、思いの外、ロードで走ってしまって少し脚が重くなっていました。
少し注意力が落ちて、一度落ち葉に覆われた山道を踏み抜いてコケました。
右側がツツジか何かの灌木の生えた斜面になっているところです。
思えば一昨年も、ほぼ同じ場所で蹴つまづいてコケた記憶があります。
後の選手が「ゆっくり行きましょう」と声をかけてくれました。
「コケちゃいました」と谷口裕美へのオマージュを含めてお返しします。

その後は足の痛みに悩みながら、急ぎすぎないように、されど止まらないように淡々と進んでいきます。
2016年のレース中の話ですが、このあたりで10人前後の集団で走っていたところ、コース左側の崖を慌てて駆け上がる猪を見ました。
距離にして5mなかったと思います。
体長は1.5mほどでしょうか。
背中の筋肉が立派に盛り上がっていました。
たぶん大人の雄だと思います。
出会ったときは、やはり大いにたまげました。
前後のランナーの足がパタッと止まり、その場の皆で走り去る猪の背中を呆然と見送っていたのが、今でもありありと思い出されます。
見送っていた気持ちは人それぞれだと思いますが、私は一瞬の驚きと恐れの後に、美味しそう、と思っていました。
この猪は体つきがたくましくて美しく見えたのと同時に、非常に美味しそうに見えました。
私はあまり食にこだわりがありませんが、生き物が即食べ物に見えてしまうほどには業が深いようです。
あの猪には、無事に生き延びてほしくもあり、誰かの食卓に乗ることになったとしても、それはそれでいいような気がします。
だって美味しそうなんだもん。
でも今年は猪にも出会うことなく、淡々と金比羅尾根を下ります
昨年猪に会った場所も特定することができませんでした。
逆川乗越より前の山中だったのかもしれません。
今年は、とにかく淡々と痛みをこらえながら進みました。
下りなのにスピードが出せないので、A3への到着予定時刻がどんどん後倒しになります。
足の痛みに対しては、A6飯能のドロップバッグにある替え靴にたどり着くまでの辛抱、という覚悟が出来てきました。
痛いけど履き替えられるから大丈夫。
ドロップバッグは偉大です。

そのうち名栗の里が近づいてくると、ランナーの集団が出来てくるようになりました。
このとき私は、集団のペースに合わせて走るのが辛くて少し嫌だったので、なるべく最後尾をキープし、隙あらばペースを緩めて離脱することを繰り返していました。
痛みに付き合うのが精一杯で、他人のペースなどの余計なことを考えたくなかったのです。
鶏口となるも牛後となるなかれ、とは言いますが、私はむしろ牛後となることを選び、頭のなかでは「ぎゅうご、ぎゅうご」とループしています。
そして、折を見て一人旅に持ち込んでばかりいました。
小さいけれど切れ目のない痛みに悩んで、気持ちの余裕が全くなくなっていました。
A2からA3の間は好きな山域なのに、楽しめなくてもったいなかったなと、今では思います。
道は下り基調、というよりもほぼ下りなのに、足の痛みで快調には程遠いスピードしか出すことができません。
道は下り坂で、私の気分もまた下り基調です。
痛みはやはり、小さなものでも確実に気分を損ないます。
それ以外の身体は元気なのに、心がどんどん曇っていきます。
それでも、先は長いんだから今は頑張らなくていい、と自分に言い聞かせながらなんとか走りました。

A3名栗には結局、12:35ごろに到着しました。
A2を10:45頃に出発するときには、12:10くらいのA3到着を目論んでいました。
20分ほど遅れましたがまだ序盤の3分の1が終わったばかり、少し休んで計画を立て直せばいいかなと思っていました。
A3の入り口では十月桜が出迎えてくれました。
f:id:CHIKUSENDO:20171127125558j:plain
雨はまだ降っていません。
私の気分とは違って、お天気は下り坂ではなく、平行線のままでした。
静かな曇天。
A3の大テントのなかで、食事と休息に入ります。