竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

2017年下半期の出場予定

負傷に故障にDNF3回、2017年の上半期はネガティブな事柄だらけなのが振り返るとよくわかるのですが、希望がなくもなかったかとは思います。
今後の出場予定は以下の通りです。

9/3日 千葉市海浜アクアスロン:泳600m・走5km
9/10日 信州戸隠トレイルランレース:50km
9/24日 若狭路トレイルラン:15km
10/14土 東京湾アクアスロン:泳500m・走5km
11/18土 FTR100K:105km

菅平と美ヶ原の2レースに完走できたため、次の戸隠のレースに完走できれば、フィールズが長野で開催する3レース完走者に贈られるビューティフル・トレイルin信州トリプルマスターズの特典が受けられます。
今年の唯一現実的な目標なので、ここまでに足と脚の状態を戻して完走できればと思います。
戸隠のレースは、前に参加した2015年のレースから距離が長くなっているため、その分の覚悟をもって臨みたいです。
若狭路トレイルランには、友人BさんのITRAポイント獲得シリーズに乗っかった形ですが、私の出場する距離は対象外です。
FTRは第1回大会から3年連続3回目の出場です。
今年は足と脚の状態次第で色々考えなければならなそうです。
DNFしかり、DNSとかボランティアにまわるとか、その辺も検討対象に入ってきそうです。
まずは戸隠で、自分がどれだけやれそうか、状態を見極めたいと思います。

アクアスロンは水泳とランニングのデュアスロンですが、昨年初めて参加した東京湾アクアスロンで、その面白さを知りました。
小学生の頃にずっと水泳を習っていた私は、一応の甲斐があって、一通りは泳げるようになりました。
とはいえ中学と高校でバドミントン、大学ではラグビー、社会人になってからはフットサルとランニングに登山というように、水泳で他人と競うことがない人生を歩んできました。
よくよく思い出せば、水泳を習っている頃ですら、大会はおろか記録会にすら参加したことがありませんでした。
小学生の私は既に一人前のめんどくさがりで、レッスンの日以外にプールに行くのが面倒だったのです。
そんなものなので、昨年の東京湾アクアスロンが私にとって初の水泳の競技経験となりましたが、会場の稲毛の浜は私の故郷ということもあり、かなりお気楽に出場しました。
最初に海を500mを泳ぎますが、水泳は男子の出場44選手中36位でした。
ラン5kmでは順位を上げて男子全体の15位でフィニッシュしたものの、途中でコースミスしてしまったため、本当は失格です。
故郷の海でしょっぱいデビューとなりましたが、楽しかったことは楽しかったので、今年は出場数を増やしました。

今年初出場の千葉市海浜アクアスロンは、稲毛の浜に隣接する稲毛海浜公園にある市民プールが会場になります。
水泳はオープンウォーターではなく「流れるプール」を2周するコースですが、このプールも昔よく遊んでいた場所です。
稲毛の浜や稲毛海浜公園に付く「稲毛」というのは埋め立て前の歴史的な地名で、現在は浜もプールも「高浜」という町にあり、この高浜で私は生まれ育ちました。
なので、今年出場するアクアスロンの2戦を、勝手に高浜アクアスロンシリーズと命名して、故郷を堪能したいと思います。

f:id:CHIKUSENDO:20170722112536j:plain

新装備のトライスーツ。
高浜アクアスロンシリーズでデビューです。
私の両親は現在住んでいないため、私が故郷を訪れる機会は、この高浜アクアスロンシリーズ以外にはほとんどありません。
ノスタルジーは最強の感情だと常々私は思っていますが、この機会に満たしておきたいと思います。