竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

雨+高温=…ー美ヶ原トレイルラン2017予報

7月1日(土)の第7回美ヶ原トレイルランの80kmに参加します。
3年連続3回目の出場で、過去2大会は関門時間に追われはしましたがどちらも完走しました。
私がこのレースで好きなのは、スタート・フィニッシュ会場から登った先、霧ヶ峰に近い辺りの草原地帯の景色です。
朝も。
f:id:CHIKUSENDO:20170630004603j:plain
夕方も。
f:id:CHIKUSENDO:20170630004655j:plain
草原の柔らかい緑色が何とも言えないのです。

7月1日の天気予報は、7時頃から降り出した雨が正午頃に本降りとなり、15時頃に止むということになっています。
最高気温は26℃、暑いです。
暑さに弱いトレイルランナーである私にとって、非常に厳しいコンディションと言えます。
菅平で打撲した右膝回りの痛みも、癒えてはいません。
座っていると、時折発作的に激痛が走ります。
過去2回は制限時間の16時間に対して、どちらも15時間を超えるフィニッシュタイムでした。
そもそも余裕がないのです。
完走は厳しいものと覚悟して、レース展開を考えておきたいと思います。
でもとりあえず、長門牧場のソフトクリームは食べたいです。
昨年はこれを食べて元気を取り戻しました。
mont-bellの会員割引もあるそうなので、会員証を持っていきます。
エイドで提供される飲むヨーグルトにも間に合いたいです。
一昨年は売り切れていました。
そんなもので、長門牧場までの58kmは、食い意地ファーストでなんとか進みたいと思います。

美ヶ原のコースには、雨が降れば泥んこトレイルになる場所がたくさんあります。
靴はグリップ重視でミュータントにします。
5月の櫛形ウインドトレイルでタイムオーバーになったときに履いていました。
今回も完走は危ういのですが、それでも頼りにしています。
f:id:CHIKUSENDO:20170630011623j:plain
これは2足目のミュータントなのですが、昨年のこのレースでデビューしています。
原点回帰。
越後の仇も信濃で討ちたいものです。