竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

始まりは後の祭りー櫛形ウインドトレイル2017レポート1

新潟県胎内市で開催された櫛形ウインドトレイル2017に初出場し、第2関門でタイムオーバーとなり、DNFしました。

今回は友人Bさんと同行出場しました。
前日に新幹線と特急を乗り継いで、胎内市中条駅に降りました。
宿泊は駅から徒歩15分の中条グランドホテルでした。
このホテル、私たちのような遠方からの参加者をはじめ、ゲストランナーの渡邊千春さんや貝瀬淳さん、主催者の松永紘明さんなど、宿泊を必要とする関係者はほぼ全員泊まっていたんじゃないでしょうか。
レストランの食事は新潟県や地元胎内の食材を使ったものが多く、お世辞抜きに美味しかったです。
よいホテルだなと正直に思いました。

当日はホテルが出してくれたシャトルバスで、会場の道の駅胎内に送ってもらいました。
f:id:CHIKUSENDO:20170531125322j:plain
お出迎えはやらにゃん。
受付中から雨がぱらついていましたが、開会式の途中にシャワーのようにザーッと降った後は、出し尽くしたかのようにパタッとやみました。
f:id:CHIKUSENDO:20170531011310j:plain
開会式中のゲストランナー渡邊千春さんと、ダース・ベイダーの手下。
ダース・ベイダーの手下の登場とともに雨がやんだ印象がありましたが、逆に雨がやんだから出てきたのかもしれません。
晴れ男認定は保留です。

ホテルには海外からの参加者が多数泊まっていましたが、開会式の説明では20名以上のエントリーがあったとのことです。
ロングとショート合わせて300人強の参加者なので、比率としてはかなり高いほうでしょう。
私も韓国からの参加者の方に求められて、各関門の制限時間を説明する機会がありました。
去年どこかのレースで見かけたことのある方でしたが、このレースには初出場のようです。
思えばここで制限時間を頭に入れておけば、タイムオーバーは避けられたのかもしれません。
第2関門は13:40だよ、14:30じゃないよ!と、自分にも言い聞かせるべきでした。
典型的な後の祭りです。

開会式の後、胎内川沿いのスタート会場に移動します。
f:id:CHIKUSENDO:20170531011658j:plain
スタートもフィニッシュも兼ねているこのゲートですが、フィニッシュでくぐることはありませんでした…。
写真はないのですが、スタート前の黒川中学校の吹奏楽部の演奏は、スイングガールズを生で見ているような印象で、心が踊りました。
演奏が一段落していよいよスタートのカウントダウンが始まるという時、主催者の松永さんが、28kmっていってたけど実は31kmありまーす!という、実にトレランレースあるある的なフレーズで会場をざわつかせました。
3kmプラスって1割以上じゃん、と思いましたが、何よりその発表がスタート30秒前になされたところに新しさを感じました。
今まで経験した実は○kmでした~(てへぺろ)なネタとしては、第1回伊豆トレイルジャーニーと、高尾山天狗トレイル2013が印象に残っています。
伊豆トレイルジャーニーは前日のブリーフィングで鏑木さんがてへぺろ、高尾山天狗トレイルは競技終了後に主催の坂田さんがてへぺろしてました。
余談ですが、天狗トレイルの坂田さんは面白いしゃべりで会場を沸かせたりなごませたりしている不思議な雰囲気の方で、この人の司会ぶりも天狗トレイルの楽しみの1つです。
それにしても、松永さんのスタート直前てへぺろというのは新しいパターンです。
今このタイミングで言いやがった(もちろん良い意味で)!、と、思わず感心してしまいました。
ざわつきと感心と音楽と、あれこれな要因で心がスイングしています。
レースは8時2分40秒過ぎにスタート、定刻からは3分近くの遅れでした。
この約6時間後、ハイエースに揺られてここに戻ることになるとは、このとき知る由もありませんでした。