竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

そんなの飯田線ー奥三河パワートレイル2017

4月30日開催の奥三河パワートレイル2017の会場である湯谷温泉には、その前日、4月29日に入る予定です。
いつもは指定席を取ることなどほとんどないのですが、今回は友人と二人旅なので、一昨日の4月24日に乗車券と指定席特急券を買いに行きました。
8:33東京発のひかりの指定席は、離れた席しかなかったとはいえ、なんとか押さえました。
今日4月26日の時点ではわかりませんが、指定席の一昨日の状況はそんなところでした。
ただし、豊橋駅から乗車予定だった10:08発のワイドビュー伊那路特急券が買えませんでした。
理由は、ワイドビュー伊那路が走る飯田線が土砂崩れで部分的に繋がっていないことにありました。
その日の特急自体、運行が未定なのです。
ただし、豊橋湯谷温泉間は、各停ならば電車が通っているようです。
詳細はJR東海のページで確認ができます。
http://sp.traininfo.jr-central.co.jp/iida/index.html

完全復旧は29日の予定だそうで、ちょうどいいといえばちょうどいいのですが、ワイドビュー伊那路が走るどうかは未確定です。
伊那路に乗れば、湯谷温泉には10:53分に着くため、かなりの余裕をもって過ごすことができます。
指定でなくてもかまわないので、是非乗りたいものです。
と思ったら、数日前の報道で、飯田線の月内復旧を断念した旨の記事がありました。
JR東海の公式発表は29日復旧予定とのことで、日付的にもこちらの情報が新しいのですが、微妙な違いが逆に気になります。
ゴールデンウィークに復旧できないなんて、そんなの言い出せん(飯田線いいだせん)、みたいな鉄道ギャグ的忖度が働いてるのかと思いましたが、どうなることでしょう。
今後の動向を注視したいと思います。

そういえば、準備万端(播但ばんたん)線、という鉄道ギャグの存在を聞いたことがありますが、それもトレイルレースに絡んだ旅でのことでした。
播但線に乗るという話をしたら、鉄道好きな同僚が教えてくれました。
2013年に兵庫県北部の神鍋高原で開催された山陰海岸ジオパークトレイルランニングレースの出場後に、改修工事中だった姫路城を見に行くため、ゴトゴト揺られた電車が、兵庫県の南北を繋ぐ播但線だったのです。
当時は天守閣の改修作業が間近で見られる「天空の白鷺」があった頃で、これを見られたことはこの先の人生を考えても得難い貴重な体験だったと思っています。
レースに絡んだ旅では、せっかくの遠出だからと思いきって周辺に足をのばすことができるので、一石二鳥なお得感があります。
昨年は上田バーティカルのレース終了後、上田を観光してから、篠ノ井線に乗り継いで松本まで行きました。
今回もレース後に一泊するので、豊橋など観光できればよいなと思っています。
そんな旅を楽しむためにも、準備は播但線、忘れ物なんて、そんなの飯田線
おあとがよろしいようで。
というか、ちゃんと復旧するかな。