読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

約束の橋ー板橋Cityマラソン2017DNF記2

膝の痛みのためにDNFを宣言して臨んだ板橋Cityマラソン2017でしたが、DNFとはいえ自分の足で帰って来ようと思っていました。
そこで想定が必要になるのは、ドロップアウトのタイミングです。
事前の候補は2ヵ所、4.2kmの第1エイドか、6.6kmの第2エイドを想定していました。
地図で言えば、前者は岩淵水門の手前、後者は鹿浜橋の先です。
自力で折り返すとしたら10km前後のこの辺りが適当だと思いました。
会社の同僚も出走しているため、フィニッシュ地点で応援できるように、時間に余裕をもって帰りたかったのです。
同僚はサブフォーランナーで、サブフォーギリギリのペースで走るということでした。
こちらは、着替えて一息ついてご飯食べるまではやっておきたかったので、2時間くらいで帰れれば余裕でしょう。
そうすると、第1エイド4.4kmでは近すぎて時間をもて余します。
往復距離も8.8kmと短いので、いくら負傷している身とはいえもの足りません。
そこで、第2エイド6.6kmをドロップアウト地点とすることにしました。
そこまで進めばランナーもバラけ始めていて、リタイアのための走路横断にも危険は少ないはず。
第2エイドの目印は鹿浜橋、そこで必ずDNFします。
約束の橋は鹿浜橋、♪君は行くひび割れた河川敷の道につまづきながら…。

というわけでスタートから周りの流れに乗って、邪魔にならないペースで走ります。
最後尾はOゼッケンの方中心に構成されていて、M/Nもそれなりにいて、まれにLの方がいる感じでした。
f:id:CHIKUSENDO:20170325100429j:plain
私のGゼッケンは異質だったかもしれません。
ペースはキロ7分半前後で走っていたようです。
途中の沿道では、毎年女装でZARDの負けないでを流してくれている「埼玉のはるな愛」さんが応援してくれていました。
まだ女装されてなかったので、普段はこういう感じの方なのかと、ちょっといいもの見たなという得した気分になりました。
過去の経験では、この方の応援は復路の最終盤、41km前後に当たると思いますが、けっこう力になるものがあります。
機会があれば注目してみてください。

レースは第1エイドにさしかかります。
板橋Cityマラソンではエイドの手前に案内表示が出されます。
f:id:CHIKUSENDO:20170325101117j:plain
これがサプリやジェルを取り出す合図になるので、ちゃんと走った回では助かりました。
ただ、今回はDNFなのでそういった準備はしてません。
第1エイド手前には新荒川大橋があり、その手前にはその案内板がありました。
f:id:CHIKUSENDO:20170325101958j:plain
距離表示を兼ねているので、キロごとの表示と合わせて目印が多くなり、私のようにGPSを持たないランナーには嬉しいです。
既に1万5,000人が通過したであろう4.4kmの第1エイドは、このような状況でした。
f:id:CHIKUSENDO:20170325103449j:plain
テーブル数が減らされて、
f:id:CHIKUSENDO:20170325104000j:plain
少なくなったテーブルに人手も人出も集中します。
さて、私の大好物のレーズンは、
f:id:CHIKUSENDO:20170325104558j:plain
ヘリから撮った象の群れみたいになってました。
少ないなあ…。
二粒だけいただいて第1エイドを後にします。
もっと食べたかったな…。

第1エイドを過ぎると堤防に登り、岩淵水門を越えます。
f:id:CHIKUSENDO:20170325105134j:plain
水門にはランナー以外の通路がしっかり確保されていました。
復路の心配は無用のようです。
水門の端に5kmの計測ポイントがあり、私の公式記録はそこで終わりました。
f:id:CHIKUSENDO:20170325110231j:plain
後は堤防を下り返し、鹿浜橋を目指すだけです。
この辺りは練習ランでもよく走るエリアで、特に目新しいものもないのですが、足立区そして埼玉県川口市を走るエリアです。
板橋Cityマラソンは、板橋と冠するものの板橋区内は往復で2km前後しか走らないことは、その筋では有名なことだと思います。
約40km分は埼玉県戸田市・北区・埼玉県川口市・足立区・墨田区江戸川区を走ります。
戸田と川口は、河川工事の影響だと思いますが、市域のごく一部が荒川を越えていて、走路もその地域に含まれていました。
今しがた地図で調べてわかったことでしたが、岩淵水門から鹿浜橋の間に川口市を走ります。
戸田市に至っては、板橋区を出るとそこは戸田市なのです。
約束の橋までの間に、都県界を都合4回またいでいたことに今軽く驚いています。
板橋Cityマラソン、意外と恐るべしなのです。
まあでも、ここまで書いてなんですが、前身の荒川市民マラソンの方が名が体を表していたと思います。
私自身は板橋区民なのですが、メイン会場が板橋なだけで板橋を冠するのはおこがましいかなと思っています。
ネタには事欠かないですけど、ランナーは荒川流域を都県界を越えて走っているのです。
板橋だけが名乗っていいのかな、2kmしか走らないのに、区民としてもそう思います。

そうこうしているうちに、第2エイドの案内標識が現れて、
f:id:CHIKUSENDO:20170325115204j:plain
鹿浜橋にたどり着きました。
f:id:CHIKUSENDO:20170325115337j:plain
♪今までの君はまちがいじゃない…
約束の橋、DNFのときがやって来ました。

6.6km第2エイドに入り、スポーツドリンクと水を一杯ずつ飲んで、一息つきました。
ここにはレーズンがまだあったので、欲張らない程度に頬張りました。
これが楽しみの大部分だったので満足でした。
心置きなくDNFできます。
振り向くと自分の仕事を全うしたゴミ箱が。
f:id:CHIKUSENDO:20170325120729j:plain
相手は段ボールですが、キャパを越えてなお役割を果たした姿には敬意を覚えます。
片付けてくれるスタッフにも頭が下がります。

走路脇の役員にリタイアを申告して、前のゼッケンを外しました。
チップはここでの回収ではないようです。
不来方ではなく、来し方を見ると約束の橋が目の前にあります。
来た道をたどってフィニッシュ会場に帰ります。
♪これからの君はまちがいじゃない…
といいのですが。