竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

あの鐘を鳴らすのはー遅ればせUTMF2016試走記Day1

先日UTMF2018の大会概要が発表されましたが、開催が4月末で冬が明けてまもないため、試走のタイミングが難しいのではないかと思います。 ならば、秋のうちにできることはしておきたいのが人情だと思いまして、多分UTMF2018のコースになるんじゃないかなと思…

思いと安全ーUTMF2018に向けて3

間がずいぶん、半年近く空きましたが、UTMF2018への思い入れ第3段です。 ちょうど山ネタが枯渇していることもあり、過剰なまでの思い入れに、ある程度の区切りをつけてみたいと思います。どうしても、UTMF2016の経験の総括が自分自身できていないのですが、…

過剰なものを鎮める

このお盆もカレンダー通りに職場に通っているのと、故障のために山行を控えているため、新たな山ネタを仕入れることができませんでした。 コンパス、ドライサック、テントなど、小さなものから大きなものまで買い物はしましたが、まだ思い出はもちろん、あふ…

百日紅

ひとつ前に投稿した記事が、私がこのブログを書き始めてからちょうど100本目にあたる記事となりました。 節目の数字ではあるのですが、節目とは切れ目になりやすいものでもあるような気がしていて、なるべく早くこの数字から脱したいと思っていました。 しか…

お預けー先生と山2017夏6

7月16,17日の北八ヶ岳・天狗岳山行の計画や装備などの余録です。本来ならば今回は、権現岳から赤岳を縦走するプランの山行であるはずでした。 初日に三ツ頭から入山して権現岳に登り、キレット小屋に宿泊、翌日は赤岳に登り、真教寺尾根を下山する予定でした…

花は高く低いー先生と山2017夏5

7月17日の天狗岳山行記、第5段です。中山峠からどれだけ時間をかけたか忘れましたが、シラビソの森を下り続けてついに、にゅうにたどり着きました。 9:50頃でした。 「にゅう」は山頂というかなんというか、中山峠から小海町方面に下りる稜線上にある岩峰で…

雲の下へー先生と山2017夏4

7月17日の北八ヶ岳・天狗岳山行記第4段です。 東天狗で大休止をする予定でしたが、雲がまったく晴れる気配がなく、気温も低いままでした。 同行した先生は雲が晴れるのを待ちたいようでしたが、西から雲が吹き付けてくる状況は変わりません。 本来ならば西天…

雲の頂ー先生と山2017夏3

女王陛下の庇護は思いの外手厚く、そのためか、標高のわりに暑くて寝苦しい夜が明けました。 サッシがしっかりしていて気密性が高かったようです。 夏は少し暑くても、冬は安心ですね。 7月17日朝の根石岳山荘は、相変わらず雲の中でした。 出発を6:30まで遅…

雲を行くー先生と山2017夏2

2017年夏の天狗岳周辺山行の第2段です。 夏沢峠は雲の中で、強い風が吹いていました。夏沢峠の山小屋2軒の周辺は多くの登山者が休憩していましたが、風を避けられる場所がなく、しばらく進んだ森の中の空地で休憩することにしました。 ここまでよいペースで…

雲に登るー先生と山2017夏1

7月16,17日に八ヶ岳の天狗岳に登ってきました。 入山と下山は、稲子湯から少し登ったみどり池入口登山口です。 初日はみどり池から本沢温泉、夏沢峠、箕冠山を経由して根石岳山荘に泊まりました。 2日目は根石岳から東天狗に登頂した後、中山峠からにゅうを…

懐かしい痛みよー故障の記憶

美ヶ原トレイルラン2017のレース中から痛みだした左アキレス腱ですが、3週間経過した今も回復していません。 また、菅平で転んで強打した右膝周囲の発作的痛みも、相変わらず出てきます。 その間に安静にしていなかったということが一番悪いのですが、しばら…

2017年下半期の出場予定

負傷に故障にDNF3回、2017年の上半期はネガティブな事柄だらけなのが振り返るとよくわかるのですが、希望がなくもなかったかとは思います。 今後の出場予定は以下の通りです。9/3日 千葉市海浜アクアスロン:泳600m・走5km 9/10日 信州戸隠トレイルランレー…

余韻ー美ヶ原トレイルラン2017余録3

私は美ヶ原トレイルランでは後泊するのを恒例にしていますが、落とし物を探すために今回初めてレース翌朝の会場を歩くことになりました。私はこうした祭りのあとの風景に漂う寂しさに、なぜだか心ひかれます。 ただ、終わった寂しさの向こうに、何かがまた始…

ハローグッバイー美ヶ原トレイルラン2017余録2

美ヶ原トレイルラン2017の装備雑感です。今回が初レースとなったものと、引退レースとなったもの達です。上が初使用のHALOの汗止めバンド、下は最後となったサロモンの手袋です。HALOは「ハロー」ではなく「ヘイロ」と呼ぶそうですが、汗止めバンドとしては…

やっぱボナッティ、ミュータントー美ヶ原トレイルラン2017余録1

美ヶ原トレイルラン2017の装備です。頭:HALO汗止めバンド 帽子:イノベイト 首:手拭い シャツ:カステッリサイクルジャージ半袖 アンダーシャツ:マーモットPPノースリーブ アームカバー:ファイントラックアクティブスキン 手袋:サロモン ズボン:ノース…

好きも苦手もマイナスのフィニッシュー美ヶ原トレイルラン2017レポート6

美ヶ原トレイルラン2017のレポート第6段です。 もういいかげんフィニッシュします。 16:05に大門峠のA6を出発して、フィニッシュを目指します。雨はすっかり上がって、夏空が見えていました。 もう雨具はしまいましたが、風が少し強かったのでアームカバーを…

泥々のプラス25分ー美ヶ原トレイルラン2017レポート5

美ヶ原トレイルラン2017のレポート第5段です。 長門牧場で20分ほど休んでから、霧の中へ吸い込まれるような感覚でスタートしました。 目指すは大門峠のエイドステーションです。牧場の回りは、これから進む央分水嶺トレイルの森の木々に取り巻かれていますが…

長門牧場のマイナス6℃ー美ヶ原トレイルラン2017レポート4

美ヶ原トレイルラン2017レポートの第4段です。 本来ならばA4だったはずの和田宿で脚と足のケアのため、30分の大休止を決定しました。ここまで32,3km走ってきて、足回りに痛みが出てきました。 私はやや内股でいわゆるオーバープロネーション気味の着地をする…

和田宿までのマイナス2時間ー美ヶ原トレイルラン2017レポート3

美ヶ原トレイルラン2017のレースレポート第3段です。 短縮された73kmのレースですが、何せ美ヶ原に行かないもので、いつもとは様相の違うレースとなりました。スタート直後のブランシュたかやまのゲレンデを登りきると、本来ならば右に曲がる道を、コース変…

78-5=73km…長いよ!ー美ヶ原トレイルラン2017レポート2

美ヶ原トレイルラン2017のレポート第2段です。 長いよ!というのは私の記事のことではなく、スタート前にレースに対して抱いた印象です。前日の説明会も終わり、Aさんとは別々の宿に戻って準備をしたり相部屋の人とおしゃべりしたりしながら、床につきました…

雨のち曇り時々買い物ー美ヶ原トレイルラン2017レポート1

美ヶ原トレイルラン2017のレースレポート、第一段です。 今年のレース当日の予報は雨でしたが、前日から不安定でした。 美ヶ原トレイルランは前泊が前提となっているため、休暇を取って金曜の昼前に東京を出発、去年に引き続き、友人Aさんの車に乗せてもらい…

雨+雨=73kmー美ヶ原トレイルラン2017速報

美ヶ原トレイルラン2017、無事に完走しました。 雨のため73kmに短縮されましたが、 膝に優しく走ったので膝回りのトラブルはありませんでしたが、足首回りに痛みが残っています。 ともあれ、無事に完走できただけで御の字です。 美ヶ原名物のヘッデン行列。 …

雨+高温=…ー美ヶ原トレイルラン2017予報

7月1日(土)の第7回美ヶ原トレイルランの80kmに参加します。 3年連続3回目の出場で、過去2大会は関門時間に追われはしましたがどちらも完走しました。 私がこのレースで好きなのは、スタート・フィニッシュ会場から登った先、霧ヶ峰に近い辺りの草原地帯の…

鬼が笑う話ー奥三河パワートレイル2017余録4

4月にDNFした奥三河パワートレイルの会場で注文したオリジナルTシャツが、つい先週届きました。 こちらは背中。 今年はA4四谷千枚田でリタイアしましたが、来年はできれば再挑戦したいと思っています。思い返せば私は、DNFしたレースに再挑戦したことがあり…

装備と仇討ちと審議ー菅平スカイライントレイルラン2017余録2

部屋とワイシャツと私では決してなく、菅平スカイライントレイルランレース2017の装備などの備忘録です。今回は赤備えという特殊条件があり、いつものレースとは違う衣装選びをしています。頭:菅平参加賞バフ(赤) &モントレイルサンバイザー 首:手拭い(…

フィニッシュからの35分ー菅平スカイライントレイルラン2017余録1

菅平スカイライントレイルランレース2017のフィニッシュ後の回想録です。私自身のレースは終わりましたが、今回一緒に参加した友人Bさんのレースは、まだ続いているはずです。 BさんはSTY2018のエントリー資格を得るために、先月の櫛形ウインドトレイルと今…

テントウ虫のサンバー菅平スカイライントレイル2017レポート3

菅平スカイライントレイルランレース2017のレポート第3段です。 レース後一週間が経ちましたが、傷が癒えてないので、激しく動かすトレーニングはまだできません。 その傷は小根子岳の下りの先で負いました。復路のA3を出発したのはスタート後5時間20分経過…

去年よりずっとー菅平スカイライントレイル2017レポート2

菅平スカイライントレイルランレース2017レポートの第2段です。スタートから2kmくらいロードを走るとスキー場の登りにさしかかります。 最初の大松山への登りから振り返ると、これから向かう四阿山(右)と根子岳(左)が、真正面に見えます。 まずは去年。 …

くらべてみればー菅平スカイライントレイル2017レポート1

6月11日に開催された、菅平スカイライントレイルランレース2017のスカイマラソン45kmに参加してきました。 このレースは去年に引き続き、2年連続2回目の出場となります。 前泊が必須のため、土曜には菅平入りする必要があります。 私は昔ラグビーをしていた…

はれときどきぶたー菅平スカイライントレイル2017速報

本日の菅平スカイライントレイルランレース2017のスカイマラソン45kmを完走しました。 コース上の最高点、小根子岳から北アルプスを望みます。 快晴でした。 奥三河パワートレイル、櫛形ウインドトレイルと2レース続けてDNFしていたので、3レースぶりの完走…