竹仙坊日月抄

トレイルランニング中心の山行記やレース記、その他雑感です。藤沢周平が好きです。

鬼が笑う話ー奥三河パワートレイル2017余録4

4月にDNFした奥三河パワートレイルの会場で注文したオリジナルTシャツが、つい先週届きました。 こちらは背中。 今年はA4四谷千枚田でリタイアしましたが、来年はできれば再挑戦したいと思っています。思い返せば私は、DNFしたレースに再挑戦したことがあり…

装備と仇討ちと審議ー菅平スカイライントレイルラン2017余録2

部屋とワイシャツと私では決してなく、菅平スカイライントレイルランレース2017の装備などの備忘録です。今回は赤備えという特殊条件があり、いつものレースとは違う衣装選びをしています。頭:菅平参加賞バフ(赤) &モントレイルサンバイザー 首:手拭い(…

フィニッシュからの35分ー菅平スカイライントレイルラン2017余録1

菅平スカイライントレイルランレース2017のフィニッシュ後の回想録です。私自身のレースは終わりましたが、今回一緒に参加した友人Bさんのレースは、まだ続いているはずです。 BさんはSTY2018のエントリー資格を得るために、先月の櫛形ウインドトレイルと今…

テントウ虫のサンバー菅平スカイライントレイル2017レポート3

菅平スカイライントレイルランレース2017のレポート第3段です。 レース後一週間が経ちましたが、傷が癒えてないので、激しく動かすトレーニングはまだできません。 その傷は小根子岳の下りの先で負いました。復路のA3を出発したのはスタート後5時間20分経過…

去年よりずっとー菅平スカイライントレイル2017レポート2

菅平スカイライントレイルランレース2017レポートの第2段です。スタートから2kmくらいロードを走るとスキー場の登りにさしかかります。 最初の大松山への登りから振り返ると、これから向かう四阿山(右)と根子岳(左)が、真正面に見えます。 まずは去年。 …

くらべてみればー菅平スカイライントレイル2017レポート1

6月11日に開催された、菅平スカイライントレイルランレース2017のスカイマラソン45kmに参加してきました。 このレースは去年に引き続き、2年連続2回目の出場となります。 前泊が必須のため、土曜には菅平入りする必要があります。 私は昔ラグビーをしていた…

はれときどきぶたー菅平スカイライントレイル2017速報

本日の菅平スカイライントレイルランレース2017のスカイマラソン45kmを完走しました。 コース上の最高点、小根子岳から北アルプスを望みます。 快晴でした。 奥三河パワートレイル、櫛形ウインドトレイルと2レース続けてDNFしていたので、3レースぶりの完走…

チラモのおきてー菅平スカイライントレイル2017予報

6月11日、昨年に引き続き菅平スカイライントレイルレースのスカイマラソン45kmに参加します。 前回は肉離れ明けのレースで、8時間15分でフィニッシュしました。今回は、チラモとしての役割を果たさなければなりません。 私がチラモであることを知ったのは、…

審議も後の祭りー櫛形ウインドトレイル2017余録2

今回の装備では特に新しいことを試してはいませんが、審議案件が2つ出てきてしまいました。ひとつは、奥三河パワートレイルでもらった弘樹の御守です。 正確には石川弘樹さんのTシャツの切れ端を御守として加工したものですが、残念なことに、オスプレイデュ…

とはいえ山は最高ー櫛形ウインドトレイル2017余録1

今回初参加した櫛形ウインドトレイルですが、良くも悪くもあり、評価が難しいです。 普段、大会の批判は書かないことにしていますが、どうしても改善してほしいことだけ記録しておきたいと思います。本当に困ったのは荷物預かりがないこと、正確には、受付で…

後の祭りは風味爽快ニシテー櫛形ウインドトレイル2017レポート3

8櫛形ウインドトレイル2017のレポート第3段です。 今週末は菅平スカイライントレイル2017が控えているため、櫛形の記事を早く書いてしまわないと、ネタの渋滞が始まってしまいます。 急がねば。 苦手だけど。さて、第2関門でタイムオーバーした後は、羽黒エ…

風が強く吹いているー櫛形ウインドトレイル2017レポート2

先週はハセツネのゼロ関門や色々な同級生との飲み会が重なり、なかなか記事が書けないでいました。 行ったことのない店に出入り禁止になった話などのネタを豊富に仕入れてきましたが、それはまた別の機会にということで、おくればせながらの櫛形ウインドトレ…

ゼロ関門でリタイアーハセツネ日本山岳耐久レース2017

先ほどハセツネのエントリー合戦に参加しましたが、数分の待ち時間の後、エントリー画面に入れたときにはふるさと納税枠しか残っていませんでした。 ふるさと納税もありかなとは思いましたが、心の準備ができていなかったので、やはり断念しました。 初めて…

始まりは後の祭りー櫛形ウインドトレイル2017レポート1

新潟県胎内市で開催された櫛形ウインドトレイル2017に初出場し、第2関門でタイムオーバーとなり、DNFしました。今回は友人Bさんと同行出場しました。 前日に新幹線と特急を乗り継いで、胎内市の中条駅に降りました。 宿泊は駅から徒歩15分の中条グランドホテ…

ちょっとだけ間に合わないー櫛形ウインドトレイル2017速報

本日開催の櫛形ウインドトレイル2017に出走してきました。 日本一小さな山脈、櫛形山脈。 この左半分を往復するコース設定です。結果は、復路の羽黒エイドの第2関門にひっかかり、タイムオーバーによるDNFとなりました。 先日の奥三河パワートレイル2017から…

サインはVー櫛形ウインドトレイル2017予報

2017年5月28日に開催される櫛形ウインドトレイル2017に参加します。 櫛形ウインドトレイルは「日本一小さな山脈」を自称する新潟県の櫛形山脈で開催されるトレランレースで、プロトレイルランナーの松永紘明さんが主催しています。 私は今回が初参加で、28km…

はからずも父と池ー京都一周トレイル沢ノ池2

はからずも父と行った沢ノ池ですが、今まで見たことのない景色に、軽く心を奪われてしまいました。新緑と晴天と透明度の高い水とで織り成す、何とも言えない色がそこかしこに見られました。 父は昔から写真が好きなのですが、絵の題材にするためにバシャバシ…

はからずも父と山ー京都一周トレイル沢ノ池1

先日、名古屋→広島出張の帰りに、京都の両親のもとに1泊して帰ってきました。 金曜の夜に京都の家に着き、お風呂を上がったのが 23時30分過ぎて、歯でも磨いて寝るかと思っているときでした。 父から「明日京都一周トレイルに行こうと思ってるんだけれど、一…

川のある風景

出張で名古屋の国際会議場に行きました。 市営地下鉄西高蔵から会議場に向かう橋から撮った1枚。 新緑と太陽のまばゆさ。 空も川も明るい輝きを放っています。名古屋に立ち寄ったその足を伸ばして訪れた、広島の国際会議場に向かう途中の1枚。 川の青と山の…

装備ー奥三河パワートレイル2017余録3

奥三河パワートレイル2017の装備の記録です。 ブログを始めた頃の一番の目的が、こうした記録をつけることだったのですが、今回はうっかり忘れていました。 レースを楽しみすぎて、いまだに浮かれているのかもしれません。 ヤバイなヤバイな…。帽子:ロウア…

水と味噌ー奥三河パワートレイル2017余録2

戦国時代の兵糧の話かと思わざるを得ないタイトルをつけましたが、平和な日本国におけるトレイルランニングのお話です。 城に井戸を掘って陣笠で味噌汁を作るみたいなお話ではございませんので、悪しからず。今回の奥三河パワートレイル2017では、リュックを…

摩擦考ー奥三河パワートレイル2017余録1

先だって一線を退いた旧型ルーファスの後継者に選んだのが、オスプレイのデューロ6です。 今回の奥三河パワートレイル2017でデビューしました。さて、デューロ6はベスト型で、フロントハーネスにソフトフラスク等が入る大型ポケットと、ジェル等が入る小型ポ…

次もここだの四谷千枚田ー奥三河パワートレイル2017レポート4

奥三河パワートレイル2017レポート、第4段です。 右脚の痛みが激しくなり、A4四谷千枚田でリタイアしました。 リタイアデスクでICタグ付ゼッケンを切り取ってもらい、エイドの猪汁とおにぎりで遅めの昼食をとります。 私はこの猪汁が気に入ってしまい、滞在…

残り9km通りゃんせー奥三河パワートレイル2017レポート3

奥三河パワートレイル2017のレポート第3段です。 A3小松を出てから右脚に痛みが出てしまい、なんとか39km付近の公認私設エイドにたどり着きました。 ここでリタイアするかどうか、エイドの陰で一人悩みます。 正確にはおぼえてませんが、時間にはまだ余裕が…

山はジェットコースターな2kmー奥三河パワートレイルレポート2

奥三河パワートレイル2017のレポート第2段です。 A3小松でトイレと水の補給を済ませて、五平餅と甘酒に舌鼓を打ちました。 蓬莱泉の甘酒はさっぱりしていて飲みやすく美味しかったです。 豊橋でも売ってたので、買って帰ればよかったなと軽く後悔してます。 …

おしゃべりな37kmー奥三河パワートレイル2017レポート1

4月30日に開催された奥三河パワートレイル2017に出走し、48km過ぎのA4四谷千枚田でリタイアしました。 右ふくらはぎの上側に刺すような痛みが出て、下りはおろか平坦地でも走れなくなったため、大事を取りました。 元々左膝に故障を抱えていたのですが、恐ら…

取り急ぎ四谷千枚田ー奥三河パワートレイル2017速報

脚の痛みが原因で、47km過ぎのA4四谷千枚田でリタイアしました。 風景が美しかったです。 詳細はまた書きたいと思いますが、リタイアするなら四谷千枚田だと思いました。 オススメします。

ちょっとだけー奥三河パワートレイル2017

ただいま東海道新幹線で豊橋に向かっています。 準備の記事でふざけすぎましたが、明日のレースに臨むからには、しっかりと目標を立てたいと思います。 奥三河パワートレイル2017は距離70kmで獲得標高3,700m、制限時間が13時間(時刻では19:30)です。 この…

準備は播但線ー奥三河パワートレイル2017

明後日に迫った奥三河パワートレイル2017の準備中ですが、最大の懸案だったアプローチの飯田線土砂崩れ問題の解消が早まりました。 おかげで無事に、湯谷温泉までのワイドビュー伊那路の指定席を購入できました。 アプローチの準備は播但線です。 他の装備も…

そんなの飯田線ー奥三河パワートレイル2017

4月30日開催の奥三河パワートレイル2017の会場である湯谷温泉には、その前日、4月29日に入る予定です。 いつもは指定席を取ることなどほとんどないのですが、今回は友人と二人旅なので、一昨日の4月24日に乗車券と指定席特急券を買いに行きました。 8:33東京…

春の嵐ーヘッドライト考

先日、新しいヘッドライトを誕生日プレゼントとして買ってもらいました。 ブラックダイヤモンドの新型ストームです。 手前が新型で奥が旧型、ストームの新旧リレーになりました。 このモデルはその名の通り、嵐のような悪天候への耐性が強いのが最大の特徴で…

ソールラブー青梅高水山トレイルラン2017余録

青梅高水山トレイルラン2017の装備備忘録です。靴:ゲルフジアタック4 靴下:ドライマックス 足首:ニューハレ・Xテープ1重 膝:ニューハレ・Vテープ 脚:スキンズ・ロングタイツ ズボン:ノースフェイス・腹巻きパンツ アンダー:ファイントラック・スキン…

比べてみると弁証法ー青梅高水山トレイルラン2017レポート2

今年はハセツネ30Kのエントリーを忘れてしまったため、シーズンインのレースに青梅高水山トレイルランの30kmを選びました。 この大会への参加は5年ぶりでしたが、去年まで4年間出続けていたハセツネ30Kとの違いが興味深く感じられました。会場の雰囲気につい…

はじまりのseasonのはじまりー青梅高水山トレイルラン2017レポート1

青梅高水山トレイルラン2017のレポートです。 この大会には2012年に15kmの部に出て以来、5年ぶりの2回目の出場で、30kmは初めてです。 5年前の大会は、私にとってトレランレースの2戦目で、まだほとんど何もかもが楽しく感じられる頃でした。 ちなみにトレイ…

取り急ぎネガティブー青梅高水山トレイルラン2017速報

本日開催の青梅高水トレイルラン30kmの部に出走し、とりあえず完走できました。 心配していた雪や泥などのグチャグャトレイルはほとんどなく、快適な山道でした。 フィニッシュタイムは、4時間3分くらいだったと思います。 制限時間が4時間50分なので、余裕…

はからずも雪山前夜ー青梅高水山トレイルラン2017

明日4/2は青梅高水トレイルランです。選手兼運営委員の宮地藤雄さんのブログによると、コース折り返し点の高水山常福院の境内に積雪があるということです。足周りの装備に悩みましたが、靴はアシックスゲルフジアタック、靴下はドライマックスにすることにし…

Wintermission3

Intermissionとなってしまった板橋Cityマラソンをはさんで春分の日を過ぎてしまいましたが、今年のwintermissionの報告がまだ終わってませんでした。2月12日に北八ヶ岳の縞枯山、茶臼山に雪山ハイキングに行って来ました。 前日飯盛山ハイキングをした後に、…

そういえばintermissionー板橋Cityマラソン2017DNF記4

なにか大切なことを忘れていると思ったら、シャーベット問題の検証結果の報告を忘れてました。 故障のためintermissionとなってしまった板橋Cityマラソン2017ですが、ひとつだけmissionと言えるものがありました。 それは、DNFランナーもシャーベットをもら…

歩い…走って帰ろうー板橋Cityマラソン2017DNF記3

左膝の故障を悪化させないために、6.6kmの第2エイドで板橋Cityマラソン2017をDNFしました。 手元の時計でスタートから1時間7分台だったと思います。 競技役員のおじさんに申告し、前のゼッケンだけ外してフィニッシュ会場方向にきびすを返しました。 そうす…

約束の橋ー板橋Cityマラソン2017DNF記2

膝の痛みのためにDNFを宣言して臨んだ板橋Cityマラソン2017でしたが、DNFとはいえ自分の足で帰って来ようと思っていました。 そこで想定が必要になるのは、ドロップアウトのタイミングです。 事前の候補は2ヵ所、4.2kmの第1エイドか、6.6kmの第2エイドを想…

空と君との間にはー板橋Cityマラソン2017DNF記1

板橋Cityマラソン2017は9時ちょうどに号砲がなりましたが、その頃私はまだスタート地点に到達していませんでした。 号砲と同じタイミングで撮った写真。 奥の左に向かう列がスタートエリア、手前の右に向かう列がそれぞれのスタートブロックに並びに行く人の…

Wintermission2

2月11日に長野県の飯盛山で、雪山ハイキングしてきました。 よく山行に連れていってくれる先生からのお誘いがあり、先生の職場の方を含め3人の山行でした。 10時30分ごろ、小海線の清里駅にて合流し、先生の車で平沢峠の登山口に向かいました。 ちなみに新宿…

Intermissionを終えてー板橋Cityマラソン2017

板橋Cityマラソン2017をサブツーで終えました! 1時間53分55秒、人類の夢サブツー! なんて言うだけ虚しいのですが、6.6kmの第2エイドでリタイアを申告してゼッケンをはずし、きちんと走れば38.6km地点の関門の係員にチップを託し、フィニッシュ地点に帰り…

前夜ー板橋Cityマラソン2017

板橋Cityマラソン2017は3月19日に開催されます。 明日の板橋区は、tenki.jpの予報では晴れで最高気温は18℃。 スタート時間の9時にはすでに13℃まで上がっているようです。 コースはひたすら河川敷を走ります。 陽射しを遮るものは全くありません。 終始、暑…

Wintermission1

ずいぶん前のことですがいつかは書きたいと思っていたことを、intermissionのついでに書いてしまおうと思います。 まだ春分前の冬の間に。ケガや首の痛みと体調不良が重なったこの冬、山に行けたのは2月11日に長野県・飯盛山、翌12日に北八ヶ岳の縞枯山・茶…

Intermissionー板橋Cityマラソン2017

まだ開催も決定していないUTMF2018のことで熱くなり過ぎている私ですが、間近に迫った出場予定の板橋Cityマラソンで、どうにも厳しい状況になっています。 参加賞の1つであるネックストラップは、何に使えばいいかすぐには思い付きませんが、山道具に応用で…

ポイントはいくつもーUTMF2018に向けて2

やっぱり第2段が始まってしまいました。 饒舌というか、なんなんでしょう。 思いは言葉に、し過ぎです。 でも、言葉にしたいものはしたいのです。 UTMFがないことで、2017年は例年と少し異なる年になるのかもしれませんが、トレイルランニングのレースはいっ…

私にまつわるエトセトラーUTMF2018に向けて1

人は誰も、という書き出しで他の人を巻き込むことの是非はこの際おいといて、人は誰も、思い入れの強いことにはつい饒舌になってしまうものです。 饒舌にとは言っても、ただおしゃべりになるということではなく、しゃべるしゃべらないにかかわらず、言葉があ…

つらつらとSTYーUTMF2016余録4

UTMF余録も第4段です。 思い起こせば起こすほど書きたいことが出てきて、私自身の自己顕示欲と相まって筆が止まりません。 でもさすがにもう終わらせます。 STYには結局出場しなかったものの、当日富士山周辺にいたので動向は気にしていました。 そんな私に…

装備雑感ーUTMF2016余録3

UTMF2016余録第3段です。 まだ書き足りないんかい、という突っ込みもあるかもしれませんが、やはり書き足りないのです。 印象に残ったものだけでも書きたいと思います。 装備面では、まずはおなじみのスポルティバミュータント。 悪路の走破性はもう最高だと…